話したことないのに目が合うのは勘違い? あなたを見つめる男性心理とは?

話したことない男性から飛んでくる視線。パっと目が合うと逸らされる。職場や学校でそんな経験をしたことはありませんか?

今日は「話したことがないのに目が合う男性の心理」についてのお話。その男性は何を思って視線を向けているのか気になりませんか?

目が合うとドキッとするもの

話したことないのに目が合うのは勘違い? あなたを見つめる男性心理とは?

恋愛感情抜きにして、異性から視線を向けられるとドキッとするもの。歳が離れすぎてたり、容姿が生理的に受け付けないという理由を覗けばドキッとしてしまうのは当たり前です。

「もしかして私のこと好きなのかも」なんて勘違いをしてしまい、なんだかその瞬間から気になってしまうというのはよくある話かもしれません。

話したことないのに目が合うけど……

とは言いつつ、見つめてくるだけで話しかけてきたりはしない。そんなことがずっと続けばさすがに不気味さを感じてしまうのも確か。

ちょっと考えれば分かりそうなのに、あなたのことをずっと視線を送ってくる男性は何を考えているのかと頭を悩ませてしまうことでしょう。

あなたを見つめる男性の心理

話したことないのに目が合うのは勘違い? あなたを見つめる男性心理とは?

それでは、話したことないのにあなたに視線を向けてくる男性の心の内をご紹介。大抵、こんなことを考えているものなのです。

①よく目が合うのは好意サイン? もしくは……
場所、時問わず目が合う場合。そこには興味があるのは当然のこと。興味がなければ目の端にあなたが映ったとしても、そのままスルーが当たり前です。好意とまでは言い切れませんが、確実に興味があることは確か。
でも1つ気を付けたいのは、ずっと見続けてくる男性は少しストーカー気質があるかもしれないということ。見続けたら不快だろうな。変に思われるだろうなという一般的な考えを押しのけて尚、見続けてくるのですから、それはもはや執着と言えるかもしれません。

②遠くで見つめてくるのは興味を持って欲しいサイン
別パターン。遠くでこちら窺ってくる男性。シャイな男性が割とやりがちな視線の送り方です。「遠くならバレないだろう」てな感じで見ているわけですが、見られている本人からしてみればバレバレですよね。
ここでの男性心理としては「こっちに気が付いて欲しい」とか「こっちに興味を持って欲しい」なんてことを思っていたりします。その男性が「いいな」と思えるのであれば、あなたから近づいて行ってあげるがベスト。

③サッと目を逸らされるのは「関心」と「無関心」の2パターンのみ
サッと目を逸らされる場合、そこには2つの感情しかありません。1つは上記したようにあなたに関心を思っているということ。そしてもう1つは完全に無関心だということ。男性にありがちな行動ですが、ボーっとどこか遠くを見つめる習慣があります。別段何か考えているわけではありません。
ただその視線の先に人がいて、こちらを見れば流石に恥ずかしい気持ちになります。なのでサッと目を逸らします。つまりただの無関心。男性が目を逸らすのにはそんなパターンもあるので注意が必要なのです。

④あなたが話をしている時に目が合うのは、ほぼ好き
あなたが話をしている時。その男性が目を見て話しを聞いてくれるのは、好意がある証拠。男性からしてみれば、そうやって「本気で話しを聞いてますよ」アピールをしているわけです。
男性が気になる女性と話をする時は、ほとんどの男性がやりがちな行動です。因みにその逆、その男性が話しをしている時、あなたの目を見て話すとしたら、それは自分の意見を通したいと思っています。

その男性が好きなら見つめ返してあげよう

話したことないのに目が合うのは勘違い? あなたを見つめる男性心理とは?

もし、話したことがない男性と眼があった時。その男性が気になっているのであれば微笑み返してあげるのがオススメ。

普通の男性であればドキッとして悪い気はしませんし、もしその男性が奥手であれば効果は抜群です。

あなたの笑顔を見た男性は「話し掛けてみても大丈夫かもしれない」と思い、次の一歩へと進みやすくなるのです。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

2うーん…