彼氏に依存しすぎてない? あなたは恋愛依存症かも

彼氏のことが好きすぎて一緒にいないときは彼氏が何をしているのか、誰といるのかということばかり考えてしまう人はいませんか?

それはもしかしたら依存症かも。恋愛依存症とはいったいどんな状態のことをさすのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

実は怖い恋愛依存症

彼氏に依存しすぎてない? あなたは恋愛依存症かも

恋愛依存症とは「相手のことが大好きでいつも彼氏のことを考えてしまう」というのとは少し違います。

いつも彼氏のことを考えてしまうのは恋愛初期にはよくあること。好きになると彼氏のことで頭がいっぱいという状態も不思議ではありません。

ただ、依存症癖がある人は「恋愛に夢中」という状態とはちょっと違うところがあるのです。もしかして私は恋愛依存症かもと思ったら次の項目をチェックしてみてください。

 

・自分の予定を変更しても彼の予定に合わせる
・洋服の趣味やメイクの趣味を彼の好みに合わせる
・連絡が途切れると不安になる
・彼氏を喜ばせるためには何でもする
・彼氏以外の予定が全くない
・もし振られたらどうしようと不安になる
・彼さえいれば他のことはどうでもいいと感じる

 

いかがですか?  恋愛にのめりこんでいる時は1つ2つくらいは当てはまることがるでしょう。

でも、3つ4つと当てはまる人は要注意。恋愛依存症の可能性があります。恋愛がどんなに楽しい時期でも他の予定や友達との付き合いを彼氏と出会う前のように続けることも必要です。

そうでないと彼氏を失ったときに友達も趣味も、仕事もすべてを失うことになりかねません。恋愛と一緒にすべてを失うのはリスクが大きすぎやしませんか?

依存症になる可能性が高い女性

彼氏に依存しすぎてない? あなたは恋愛依存症かも

普通の人が恋愛にどっぷりとハマっても恋愛依存症にまでなることはそうそうありません。それでは恋愛依存症になりやすい女性というのはどういう女性なのでしょうか。

 

・人の意見に流されやすい人
自分の意見をあまり言えず、人の意見に賛同してばかりいるような人は注意が必要です。

Aさんがこうといえばそれに従い、Bさんがそれといえばそうする。自分はどうしたいのかはっきりと言えない優柔不断な人は彼氏ができた時に彼氏の言いなりになってしまい依存度が高くなってしまうことがあるようです。

 

・みんなにいい人と思われたい人
人当たりが良く、いつもにこにこして感じが良いと思われたいがために八方美人になってしまう人も注意が必要です。

色々な人に良い顔をするとどこかで不具合が生じて信用できない人というレッテルを貼られてしまうかもしれません。彼氏が嫌なことを言っても怒れずに我慢する癖のある人は恋愛依存症に陥りやすいようです。

 

・感情の起伏が激しい人
嬉しいとあからさまにテンションが高くなり、悲しいとこの世の終わりのように落ち込む。人に心配してほしいというのが手に取るようにわかる人も要注意です。

感情の起伏が激しい人は思い込みが激しいことが多いものです。上手くいっている時はいいのですが、「彼氏に嫌われたかもしれない」「彼氏が浮気をしているかもしれない」と思い込むともう生きていられないというくらい落ち込む人は恋愛依存症に陥る可能性が高いようです。

 

・人に尽くすのが好きな人
ボランティア精神が強い人、人の面倒を見るのが好きな人、世話好きな人というのは心が優しいともいえますが、悪い相手に利用されてしまったり、制服欲の強い男性を彼氏に持ってしまうと裏目に出てしまうことも。

彼氏に尽くしすぎて別れたくても別れられなくて心身ともにボロボロになってしまうこともあるのです。

おわりに

彼氏に依存しすぎてない? あなたは恋愛依存症かも

いかがでしたでしょうか。恋愛というのは上手くいっている時はとても楽しくて嬉しくて、フワフワして夢の中にいるような感覚になることもあるでしょう。

夢中になりすぎて依存症にならないようにもう一人の自分がいるような感覚で客観的に現実を見つめることができたらいいですね。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…