目が合うのにそらさない男性の本当の気持ちとは?

目が合うのに、その後じっと見てそらさない男性は、一体あなたのことをどう思っているのでしょうか?

男性と目が合うとドキッとするという人も多いのでは? それなのにずっとそらさないなんて心臓爆発ですよね。

一体男性はどう思っているのでしょうか? 男性の本音に迫ってみました。

目が合うのにそらさなかったら脈あり?

目が合うのにそらさない男性の本当の気持ちとは?

男性とふとした時に目が合って、そのままじっと見つめてくる人っていますよね。

どうしたらいいのか分からなくなって照れ笑いしてみたり、一度そらして様子を見たり、駆け引きするわけじゃないけどドキドキしてしまう人も多いのではないでしょうか。

目をそらさない男性は次のように思っているようです。

「二人っきりで話してみたい」
じっと見つめるのはあなたに興味があるサイン。二人でじっくりと話してみたいと思っているようです。
話しかけるチャンスを窺っていたり、食事に誘うきっかけを狙っていたりするようです。もしあなたにその気があるなら、次に目があった時はそっと微笑んでみてください。

「あなたのことが好き」
目があったのにそらさない時は、あなたをじっと見ていたいという気持ちの表れということもあります。二人の視線が絡んだ後に照れくさそうにしたら、あなたのことが好きな可能性が高いです。
一日のうちに何度も目が合うようなら彼は頻繁にあなたのことを意識しているといってもいいでしょう。

「どうも気になる」
まだ好きという感情が自分でも分かっていない時、どうしても目で追ってしまうという症状にあることがあります。見ていて楽しいもの、可愛いいものはずっと見ていたいですよね。
それは男性も同じこと。つい気になる女性を目で追ってしまうのです。好意的に捉えていいでしょう。

脈なしなパターンも潜んでいる

目が合うのにそらさない男性の本当の気持ちとは?

目が合って、見つめ合っても実は脈なしだったというケースも少ないですがあることはあります。目が合う以外にも雰囲気や、目があった後の対応や態度で見分けることができます。

男性は分かりやすい生き物ですので、女性が判断を誤ることはほとんどないでしょう。

つまり、脈なしなのに脈ありだと勘違いすることは非常に稀だと言えます。女性は空気を読むのが非常に得意です。

単純な男性の視線なんて明快なのです。脈なしのパターンの目が合うケースをご紹介します。

「失敗しないか心配している」
上司やお父さん的な存在の男性が、あなたをそっと見守ってくれているパターンです。「見守っているから大丈夫だよ」「ハラハラするけど頑張れ」といった暖かい目線です。
同僚であっても、年下であってもあなたのことを心配してくれることはあるでしょう。あなたを心配してくれているのでドキドキして見つめるというよりも、力強い目で勇気づけてくれるイメージです。

「敵意がある」
いつか蹴落としてやろうと考えていたり、恨みがあったりするケースです。ちょっと怖い視線なので、鋭い目をしているのが特徴です。
視線を感じて目が合うと、じっと睨むように見つめてきたりします。一方的にライバル視していることもありますし、フラれたことを逆恨みしていることもあるかもしれません。
仲の良い友達や上司に相談することをオススメします。

終わりに

目が合うのにそらさない男性の本当の気持ちとは?

いかがでしたでしょうか。もし男性の視線を感じてふとそちらを見た時に、じっと目があって相手がそらさなかったら、まずはどのような種類の視線かということを判断してください。

多くは好意を持って見つめている男性だと思いますが、なかには危険なケースもありますので注意が必要です。

あなたも相手に好意がある場合は、上手に相手が誘えるような雰囲気を出してあげるとスムーズに関係が進展するかもしれません。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…