「恋愛感情」と「友情」の違いは? どこで見分けたらいいの?

今この記事を読んで下さっているあなたには、きっと親しくしている男性がいるはずです。

しかし相手の男性に対して「この人のこと好きだな~」という気持ちはあっても、それが果たして恋愛感情なのか、はたまた単なる友情なのかが自分自身でもわからないという人も多いようです。

恋愛感情と男女間の友情とは似ている部分もありますが、やはりまったく別の感情です。あなたが親しい男性に抱いている好印象が恋愛感情からくるものなのか、そうではないのかを解説していきます。

ヤキモチを焼くか?

「恋愛感情」と「友情」の違いは? どこで見分けたらいいの?

もしも親しい男性から「最近、気になる子ができて……」なんて、いきなり恋愛相談をされたらどうでしょうか? 相手に対する気持ちがまったくの友情ならば、誠心誠意うんうんと話を聞いて、告白する方法などのアドバイスもしてあげられるはずです。

反対に、相手に恋愛感情を持っていたとしたならば、とてもそんなアドバイスなどすることはできませんよね。彼の好きな人とはどんな女性なのかも気になってたまらないでしょうし、ヤキモチも焼いてしまうに決まっています。

「もしかしたら、気になる子って私のことなのかも?」なんて妄想をしたり、それを自分で打ち消したりと一喜一憂してしまうようならば、相手に対する気持ちは恋愛感情で間違いありません。

親しい男性の恋愛話を聞かされても平常心でいられるようならば、彼に対して持っている好きという気持ちは、まぎれもなく友情だということです。

ふたりきりで会いたいと思えるか?

「恋愛感情」と「友情」の違いは? どこで見分けたらいいの?

恋愛感情を持っている男性とは、ふたりきりでゆっくりとした時間を過ごしたいと思ってしまうものです。逆に、親しい友人を交えたグループなど大人数で集まってワイワイガヤガヤ騒いでいるほうがより楽しいと感じるならば、相手に対する気持ちは単なる友情にすぎません。

これは裏を返すと、彼とはふたりきりでいても苦にならないということでもあります。

あなたがいくら好きという気持ちを持っている男性でも、夜ふたりきりで飲みにでも出かけて、相手から誘われたり間違いが起こってしまったら困る……という心配が残るようならば、友情だけを感じている相手です。

もしも恋愛感情を持っている相手とふたりきりになり、口説かれたり誘われたりしたら、たとえお酒の勢いだとしても嬉しいですものね。嫌いな女性ならばお酒が入っていようが誘われるはずがありませんから。

そして、友情しかない男性と夜にふたりきりで飲みに行くことは、あまりおすすめできません。あなたのほうは友情だと思っていても、相手の気持ちはわからないからです。女性として見られているかもしれません。

恋愛感情を持ってもいない相手とおかしなことになって、気まずくなりたくはないですよね?

毎日でも会いたいと思えるか?

「恋愛感情」と「友情」の違いは? どこで見分けたらいいの?

恋愛感情を持ってしまうと「彼と今日会いたいけど、明日も会いたい。もう毎日でも会いたい!」という気持ちが爆発しそうになってしまいます。

もしもお互いの仕事の都合などで会うことができない日があれば、せめてLINE(ライン)のやり取りくらいはしたいと思うはずです。それが恋愛感情というものです。

相手に対して友情の気持ちしか持っていないならば「彼のことは好きだけど、毎日会うのはちょっと面倒くさいし困る……」としり込みをしてしまいます。

ひとりの男性と毎日のように会うというのならば、洋服は毎回異なったものを選ばないといけませんし、メイクやヘアもかわいくしたいと考えます。

そのことを「楽しみだな♪」と思えるようならば恋愛感情です。「ちょっと面倒なときも多いかも……」と考えてしまうようならば、友情でしょうね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…