付き合ってないのに嫉妬する男性の心理・対処法15選|男性の特徴5つ

本記事では、付き合ってないのに嫉妬する男性の心理・対処法15選、男性の特徴5つについて紹介していきます。

付き合ってないのに嫉妬され、悪態をつかれるのは、女性側として嫌な気分になるでしょう。

男性心理に着目して、上手く対処していきましょう。

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理とは

「職場のしたたか男子」診断。いい人のふりして実は……?

付き合ってないのに嫉妬して事細かにSNSチェックや、束縛的な行動、過去の恋愛などのことを根掘り葉掘り聞いてくるなど、このような行動をとる男性は、一体どういった心理なのかが気になるところです。

付き合ってないのに嫉妬してくる男性は、好意を抱いている、独占したい、単純にかまってほしいなどその理由は様々です。本記事では、付き合ってないのに嫉妬する男性の心理や対処法、男性の特徴について紹介していきます。

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理8つ

彼氏でもないのに、なぜ嫉妬されるか疑問に思う場合、なぜそうなるのか男性の心理から探っていくと相手の気持ちを理解しやすいでしょう。

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理には、相手に魅力を感じている・好かれていると勘違い・独占したい・嫌われているとネガティブに捉えている・シンプルにかまってほしい・素直になれない・誰にも奪われたくない・相手が幸せそうにしているとイラ立つ、などがあります。

1:相手に魅力を感じている

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として1つ目は、相手に魅力を感じている可能性があります。自分で気持ちを押さえられないため、嫉妬という態度をとってしまったのでしょう。

それまでは、はっきり好意だと気付けていない段階だったとしても、嫉妬したことで自分の気持ちに気づくこともあります。

2:好かれていると勘違いしている

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として2つ目は、好かれていると勘違いしていることです。ちょっと女性に優しくされると、「自分のことを好いてくれているのでは」と思いそうな男性は要注意です。

仕事上の付き合いで、親切にしたことを好意と受けとられてしまうと女性側も困ってしまうでしょう。思い込みが激しいタイプだと、好意に関して否定した態度をとっても、なかなか伝わらないこともあります。

3:相手を独占したいと思っている

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として3つ目は、相手を独占したいと思っていることです。

「自分だけに優しくしてほしい」という気持ちが強くなり、他の男性にちょっと笑顔を見せているだけで嫉妬してくることもあるでしょう。

独占欲だけではなく支配欲も強いと、自分の言いなりにさせないと気が済まないところまで発展してしまいます。付き合ってもいないのに過度な独占欲を見せる男性は要注意です。

4:嫌われているとネガティブに捉えている

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として4つ目は、嫌われているとネガティブに捉えていることです。

自分以外の男性と仲良くするシーンを見て、「他の人と仲良くしたかったんだ」「自分とは義理的な部分で仲良くしてくれたのかも」「本当は自分のことは嫌いなのかもしれない」など、ネガティブに捉えてしまう場合、嫉妬するような態度に出てしまうことがあります。

5:シンプルにかまってほしい

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理・対処法15選|男性の特徴5つ

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として5つ目は、シンプルにかまってほしいことです。女性でもチヤホヤされる願望が強い方はいますが、男性でもそのような考えを持っている人はいます。

かまってほしい願望が強いところに、他の男性と親しくしてる様子を見て不機嫌になってしまう流れです。現状特別な恋愛感情がないにしろ、自分を「一番にしてほしい」と思ってしまうため、面倒な男性に違いないでしょう。

6:素直になれない

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として6つ目は、素直になれないことです。男性は「プライドが高い生き物」と言われることがありますが、まさにプライドのために素直になれず、嫉妬の態度に出てしまいます。

また、素直な気持ちを出しても相手にその気がなければ振られてしまうため、「自分が傷つくのは嫌だ」という不安もあるでしょう。

7:誰にも奪われたくないと焦っている

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として7つ目は、誰にも奪われたくないと焦っていることです。交際しているいないの関係に関わらず、焦る気持ちが先走って嫉妬の行動に出ています。

独占欲から思っているのか、単に負けず嫌いな性格から束縛的な行動をとってしまうかは、その男性次第ですが、女性側の迷惑を考えず、自分のモノ扱いしてくる人であることには変わりないでしょう。

8:相手が幸せそうにしているとイラ立つ

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理として8つ目は、相手が幸せそうにしているとイラ立つ気持ちです。これは、他人の幸せそうな姿を見るのが嫌で、その光景を見ると妬んでしまう場合です。

幸せそうな人を見ると壊したくなり、邪魔をしようとしてきます。一見嫉妬のように思えますが、単純に他人の幸せが気に食わないというだけです。

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法7つ

「両片思い診断」いつまで続くのこの関係!?

次は、付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法7つについて紹介していきます。適切な対応をとっていかないと、嫉妬の態度がエスカレートしてしまい嫌な気分を味わうこともあるでしょう。

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法には、曖昧な態度はNG・嫌われる行動をとる・周囲に相談する・彼氏がいることを知らせる・無視する・迷惑であることを伝える・気があることを伝える、などがあります。

1:曖昧な態度はNG

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として1つ目は、曖昧な態度はNGです。例えば、必要以上に親切にしてしまったり、構ってしまったりする行為は誤解を与えます。

「男性としては好きではないけど、いい人には変わりないし親しくはしていたい」「冷たい態度をとる理由もないし」という考えで行動していては、気があるのでは、と相手に勘違いさせかねないでしょう。

2:嫌われる行動をとる

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として2つ目は、嫌われる行動をとることです。嫌な態度をとれば、好意がないことは伝わります。嫌われてしまえば相手を遠ざけることもできるので効果的です。

「好意はないけれど、嫌われたくない」という意識が強い女性は実際に曖昧な態度を取り続けていることがあります。嫉妬されたくないのであれば、相手と距離をとるために嫌われる覚悟を持ちましょう。

3:周囲に相談する

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として3つ目は、周囲に相談することです。男性が同じ職場など、無視しにくい相手だった場合は自分一人で対処しにくいこともあります。

同じ職場で働いてる人であれば、先輩や上司に相談すると効果的です間に入ってくれたり、指摘してもらうことで、男性も自分の行動を反省する機会になります。

4:彼氏がいることを知らせる

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として4つ目は、彼氏がいることを知らせることです。自分に好意を抱いていると勘違いしているからこそ、嫉妬に陥っている男性もいます。

「そもそも好きな人はあなたではない」という意味も込めて、彼氏がいることを伝えれば、「嫉妬する権利なんてないな」と気づき、事実を冷静に受け止めるでしょう。

5:無視する

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として5つ目は、無視することです。正直、良い関係を続けなくてもいい男性であれば無視しましょう。

女性が自分の態度によってどういう反応をするか楽しんでいる人もいます。無視されれば、興味も失せていき、徐々に嫉妬的な態度も落ち着いていくでしょう。

6:迷惑であることを伝える

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として6つ目は、迷惑であることを伝えましょう。嫉妬的な態度には、可愛いものもあれば、きつい言葉を言われたり、態度で冷たくされたりすることがあります。

嫉妬を迷惑に感じているのであれば、相手にストレートに嫌な思いをしていることを伝えましょう。直接言われないと、嫌な態度をとっていることに気づいていない男性もいます。

7:気があることを伝える

付き合ってないのに嫉妬する男性の対処法として7つ目は、気があることを伝えることです。

嫉妬してきた相手の男性に好意がある場合、嫉妬されて嬉しい女性もいるでしょう。嫉妬されたことで、嬉しくなりそこから意識して好きになった、というパターンもあります。

この場合は、自分も気があることを伝えて両想いにもっていくのも良いでしょう。ただ、男性側が必ずしも好意から嫉妬してきたわけではない場合もあるので、ある程度見極める力は必要になります。

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴5つ

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理・対処法15選|男性の特徴5つ

最後に、付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴5つを紹介します。今回嫉妬をしている彼は、以下のような性格的特徴を持っているのではないでしょうか。

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴には、依存心が強い・子供っぽい・自己顕示欲が強い・キレやすい・独占欲が強い、などがあります。

1:依存心が強い

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴として1つ目は、依存心が強いことです。男性は女性に比べてさっぱりしていると思っている方、男友達に意外と嫉妬深い一面を見せられて驚くこともあるでしょう。

自分に自信がない男性の場合は、依存心が強い傾向があります。特に距離感が近い女友達であれば、特別嫉妬深い態度を取ってくることもあるでしょう。

2:子供っぽい

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴として2つ目は、子供っぽいことです。自分に対して一番に構ってほしい気持ちを持っている部分があり、他の異性を優先していることが許せません。

恋愛対象として思っている場合でなければ、自分を特別扱いしてほしい気持ちであり、単に子供っぽいだけでしょう。

3:自己顕示欲が強い

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴として3つ目は、自己顕示欲が強いことです。自己顕示欲とは、自分を認めてもらいたいために主張したくなる欲求です。誰しも多少なりともありますが、嫉妬深い男性の心理には大きく関わってきます。

他の異性の話を嫌がり、すぐに自分の話に持っていきたがったり、自分が一番であることを言わせようとしたりしてきます。他の人を褒めれば強い嫉妬を見せるでしょう。

4:キレやすい

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴として4つ目は、キレやすいことです。嫉妬する場面以外でもカッとなって怒りやすい人、物事を感情的な面で判断しやすい人はこのタイプでしょう。

嫉妬するときは、嫉妬心を抑えきれず攻撃的なことを言ってきたり、何かと足を引っ張るような態度をとったりしてきます。嫌な気持ちを前面に出してくるので、「嫉妬してるのかな」と気づけるでしょう。

5:独占欲が強い

付き合ってないのに嫉妬する男性の特徴として5つ目は、独占欲が強いことです。独占欲が強いために「他の人に自分の友人を奪われたくない」と思う心理が働いてしまいます。

周りにいる人間の中心が自分に向いていることに価値を感じ、自分のものと思った相手が他の人を優先することが許せないタイプです。

自分が特別に思っているのだから、相手もそうであってほしい、と友人関係でありながらも願ってしまう部分があるでしょう。

付き合ってないのに嫉妬する男性の心理を理解してハッキリとした態度を取りましょう

ケチな男性の心理と特徴|交際前のチェックに役立つケチを見抜く行動40

もともとそれなりの交友関係があり、恋人関係を予感させる態度をとった相手であれば、嫉妬されても仕方ない部分もありますが、ちょっと親切にしたからといって勘違いされ、嫉妬してくる男性には困りものです。

嫌われたくないからといって曖昧な態度を続けると、嫉妬はますますエスカレートします。付き合ってないのに嫉妬する男性の心理を理解して、ハッキリとした態度を取りましょう。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

3うーん…