男性が本気で好きになる過程を5つ紹介。女性とは全く違う!?

出会った瞬間にビビビッと運命を感じる女性のスピーディな恋愛に対して、男性の恋愛はとってもスロー。「何としても気で手に入れたい!」と気持ちが盛り上がるまで、意外と時間がかかるといいます。

そこで今回は、18~28歳の独身男性20人を対象に行った「恋愛」に関するアンケートを参考に、男性が本気で好きになるまでの過程を詳しく解説していきます。

 

1:第一印象で「あり」「なし」を判断する

男性が本気で好きになる過程を5つ紹介。女性とは全く違う!?

「出会った瞬間にまず『あり』か『なし』かを判断する。要するに目の前にいる女の子と一線を越えられるかどうかの判断ね。ぶっちゃけ男のストライクゾーンは女の子が思っている以上に広いから、この時点で落とすことは余程のことがない限りないかな」(金融/26歳)

今回のアンケートでは、ほぼ全員の男性が「出会った時になし判断をする」と回答。ルックスや雰囲気から、「恋愛できそうか」「一線を越えられそうか」を見極めるといいます。

ただし、この時点でのストライクゾーンはかなり緩いもの。余程のことがない限り、「なし判断」をすることはないそうですよ。

2:手に入りそうな相手かどうか見極める

「どんなにこっちが『恋愛できそう』な相手でも、手に入らなきゃ意味がない。だからアプローチ次第では可能性があるかどうかを判断する。脈なしの女の子にいくら夢中になっても無駄だからね」

男性側が恋愛できそうな相手でも、‟彼氏持ち”‟高根の花”‟恋愛に興味なし”では、恋愛できる可能性は限りなくゼロに近づいてしまいます。

そこで男性は、ちょっとした仕草ややりとりから、「アプローチ次第で手に入りそうな相手かどうか」をこっそり判断しているそうですよ。

3:一人の女性にターゲットを絞り、観察する

男性が本気で好きになる過程を5つ紹介。女性とは全く違う!?

「ルックスはもちろん、『趣味が合う』『価値観が同じ』『一緒にいて和む』とか、実際に付き合った時のことを考えてアプローチをかける女性を絞る。複数人でいる時の彼女と、二人っきりで会った時の彼女の振る舞いなんかを観察しながらね」(建設業/25歳)

「付き合ってみたい」「もっと知りたい」と思った女性が定まったら、後はどんなアプローチが効果的なのかを判断する為に、じっくり時間をかけて観察するといいます。

今回のアンケートでも「最低でも3回はデートをしたい」という回答が目立ちました。趣味や価値観、フィーリングなどから、彼女に対する想いを高める時間なのかもしれませんね。

4:アプローチする

「本気で向き合いたい相手だって思えたら、積極的にアプローチする。彼女を手に入れる為のデートだったら、奢ることも全く苦にならないから」(IT関連/23歳)

男性が本気で恋をすると、「何としても手に入れたい!」想いが強くなるもの。しつこいデートのお誘いや、これいった用事もないのにLINE(ライン)が来るのは、あなたとの距離を縮めたいと思っているサインです。

食事をした時に快く「今日はいいよ」とお会計を済ませてくれるのは、将来への投資だと思って間違いありません。ただし、出会って間もないタイミングでの積極的なアプローチは、体目当てであることもあるのでご注意を!

5:告白する

男性が本気で好きになる過程を5つ紹介。女性とは全く違う!?

「デートを重ねて、自分の気持ちが高まってきたと感じた時、告白する。できるだけ女性からいい返事をもらえるようにロマンチックなシチュエーションで……」(公務員/26歳)

時間をかけて高まった気持ちが爆発する時に告白。男性が「もうこれ以上我慢できない!」「いい返事がもらえそうだ」と思った時、いつもと違った場所へ女性を誘うといいます。

夜景の見えるレストラン、テーマパークなど、ロマンチックなシチュエーション。どんなに草食系の男性でも、いざという時は男になるものですよ。

終わりに

とにかく時間をかけてじっくり愛を深めるのが男性の恋愛。好きになる過程が長ければ長いほど、男性の本気度は高まるものです。

裏を返せば、スピード感のある恋愛はあまり信用できないということ。うっかり‟ダメ男”のアプローチに騙されないようにご注意を……!

【取材協力】
※ 18~28歳の独身男性

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…