どんなに美人でもモテなくなってしまう!? 恋愛でやってはいけない5つの行動とは

思わず振り返ってしまうような美人であっても、実は男子からモテなくなってしまうことがあります。最悪、恋の芽自体が摘まれてしまうことも……。

そんな恋愛でやってはいけない行動として代表的なものを、今回は5つヒントとしてお伝えしたいと思います。

①口が悪い

どんなに美人でもモテなくなってしまう!? 恋愛でやってはいけない5つの行動とは

大好きな男子には愚痴を受け止めてほしい、そう考える女子は非常に多いです。一方、それはほぼ幻想に近く、そんな男子はすぐに売れてしまいますので、出会う男子でそれだけ器の大きな男子はほとんど現実としてはいないと考えて恋愛に臨んだ方が良いでしょう。

男子は恋人に対して、自分の勲章としての役割も期待します。不満や批判が多い女子というのは、どんなに美人であっても、男子としては誰かに紹介することを躊躇してしまうので、恋人としての価値が非常に低くなってしまいます。

言葉遣いも汚いとそれだけで一気に男子の気持ちは冷めてしまいます。まさに、口は災いのもとです。

②仕事・趣味に口出ししてくる

男子は程度の差はあれ、褒められたり、自分の功績を自慢したりすることで自信をつけているタイプが多いです。その為、特に仕事や趣味などに対してはこだわりや男子なりのポリシーを持っていることが非常に多いです。

「プロとはこういうものだ」、「車の種類はこういうものが良い」といったように。いくら美人であっても、この領域に対してズカズカと足を踏み入れてしまう女子は、一瞬で恋愛対象から外れます。

男子の仕事・趣味には基本的に、恋愛という関係においては、口出しはしないようにしましょう。どうしてもそういった仕事や趣味に対する考え・嗜好が合わない男子は、そもそも恋愛対象に適していない可能性が高いです。

③時間にルーズ

どんなに美人でもモテなくなってしまう!? 恋愛でやってはいけない5つの行動とは

「3回デートに遅れてきたらフラれた、仏の顔も三度まで」という言葉があるように、時間にルーズな女子はどんなに美人でもモテません。

時間は誰に対しても平等に24時間と規定された上で生活をしていますので、時間にルーズだということは、相手の貴重な時間を奪ってしまうことに繋がってしまいます。

美人は時間に知らず知らずにルーズになってしまうことが多いです。男子側は「美人」だからということで下駄をはかせてくれていることが多いからです。

裏を返すと、「時間にルーズ」と指摘される機会は美人は、よほどの距離感でないとほとんどないでしょう。知らず知らずの内に、時間にルーズになってしまい、モテなくなる、そういうスパイラルに美人は陥りやすいです。

④酔うとガードが大きくゆるむ

美人は一緒にいるだけで男子も鼻が高いので、モテるように感じる方も多いでしょう。一方で、それは「恋人になるまでの道のり」の段階での傾向です。恋人になった後のことも男子はしっかりと考えますので、そこでリスクがあると感じる女子は基本的にモテません。

お酒に酔うと、抱き着いたり、距離が極端に近くなったり、ボディタッチが多くなったりする女子がいます。そういう女子はいくら美人でもモテません。

大人の関係への対象として男子からアプローチはあるかもしれませんが、恋愛対象としてモテているわけではないです。男子としては、恋人になっても「誰か他の男子とお酒の席になった」場合に、同じような状態になる為、浮気のリスクが高いと冷静に考えます。

いくら美人であっても、お酒にだらしない女子はモテません。

⑤ソーシャルメディア症候群

どんなに美人でもモテなくなってしまう!? 恋愛でやってはいけない5つの行動とは

ソーシャルメディアを収入に変えている、そんな美人女子も多くなってきました。一方、デートでソーシャルメディアの為の材料を撮り過ぎないように注意しましょう。男子は「自分とのデートではなく、ソーシャルメディア向けのネタ探しに付き合わされている」と感じてしまいます。

例えば、彼もチラっとぼかして登場させてあげたり、一緒にネタを探すデートと目的を最初から明確にして彼も楽しめる工夫をしておくようにしましょう。特に男子はあまりソーシャルメディアをやっていない場合、女子が思っているよりも大きなストレスを彼に与えてしまう可能性があります。

今回のヒント、どうでしたか?

いくら美人、つまり外見が良くても、最近はメイクやファッションも非常に多岐に渡っている為、それだけで恋のライバルに大きな差をつけることは難しくなってきています。

今回のように、男子が毛嫌いするような行動は極力控えていきましょう。

神崎志乃の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…