草食系じゃダメ?街コンで“勝ち組”になる方法!~「街コン」プロデューサーがモテテクニックを伝授!Vol.5~

街コン参加者にアンケートを取ったところ、なんと30%以上の人が草食系だと自負していることが……。 果たして本当に肉食系にならないと恋人はできないのか?? を、隆ちゃん先生に聞いてみた!

(※街コン参加者487名対象にアンケート調査)

肉食系になれば恋の戦に勝てる!

上記アンケートを取った際、参加者から、“私は草食系ですが、 肉食系にならなければ恋人はできませんか?”という質問を受けました。
では、この質問に対するご回答を隆ちゃん先生お願いシマス!

「はい。えーと、草食系でも恋人はできます。でも、恋は戦ですから、肉食だと勝てるんです!  自分が肉食になれば、それだけ異性をハンティングできます。
草食系が多いと言われる今の時代、肉食系になれば断然、有利です!」。
つまり、肉食化して積極性を出せば、その分チャンスも増えるということ。
「街コン参加者はみんな声をかけられるのを望んでいます。 男性だって女性から声をかけられれば悪い気はしません。

ただ、女性から積極的に声をかける場合は、仕草や振る舞い、 几帳面さや気づかいという点で女性らしさを見せなければ、 その後恋愛に持って行くのは難しいと思います」。

そう、男性はガツガツ行けば“男らしさ”に映りますが、女性は積極性を出し過ぎると “逞しさ”に映り男性側が引いてしまうことも……。
「要は、男性は遠慮なく肉食系に。 女性も肉食になるくらい積極的なのが理想ですが、そのあとのフォローをしっかりすることが大切です。

出会いを生かすなら、ハンター(肉食系)になって恋の戦を勝ち抜きましょう!」と語気を強める隆ちゃん先生。 待つより行動に起こした分だけ出会いは広がる! 肉食系になったほうが恋のチャンスは増えるのです。

街コンにおける“勝ち組”と“負け組”の定義と境界線とは?

では、肉食系になったと仮定して、街コンで「勝てる人」と「負ける人」は何が違うのかを次に聞いてみました!

「恋は営業と一緒です。 自分をいかに高く買ってもらえるかが勝負! 負ける人は自分の売り込み方が下手なんですよね。 自分の良さを相手に伝えられない……だから負けてしまうんです」。 なるほど。

確かに営業職であれば他人と接する機会も多く、場数を踏んでいることが考えられます。
身だしなみ、礼儀作法、セールストーク、失敗した時のフォローの仕方などなど、 それが恋愛面でも生かされるのは大いに考えられることです。

「街コンで勝てる人は自分の良さ、強み、自信、この3つを相手に正確に伝えられるんです」。
つまり、自己分析が明確にでき自分の良さを上手に伝えられれば“勝ち組”になれるということでしょう。 「と言っても僕はよくハイレベルなクライアントを選び撃沈するタイプ (笑)。
でも、声をかけるのは自由ですからね!  一生懸命自分を売り込み反応が悪ければ次に気持ちを切り替えます」。

また、街コンで“勝ち組”になるには、パートナー選びが重要だともいう。
「結局は4人で遊ぶことになるわけですから、その中で2対2に分かれるという流れが自然とできます。 そうなると自分と同等以上のレベルの友人とパートナーを組まなければ、相手側が渋るんですよ」。
自分を売り込むのが上手でも、街コンではチームワークも必要になるということだろう。

隆ちゃん先生、本日もありがとうございました!

――今日の教訓――

1 肉食系になるべし
恋は戦! 肉食であればあるほど勝率は上がる!!  
2 恋は営業だと思うべし
自分という最高級の品物を高く売り込め!  
3 街コンでは自分と同等以上の友人をパートナーに選ぶべし
引き立て役の友人を選んでも、相手側に渋られる恐れが!

次回予告「街コンで実践してほしいモテテクニック集!」に続く……。

大木 隆太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…