織田・吉田・加勢のトレンディ御三家など、80~90年代に「トレンディ俳優」と呼ばれた男性芸能人!!

80年代後半から90年代前半にかけて数多く放送された、バブル期の象徴とも言える「トレンディドラマ」。現在は死語となってしまったトレンディドラマに、当時数多く出演していた俳優を特集します。

80~90年代に「トレンディ俳優」と呼ばれた芸能人!!

80年代後半から90年代前半にかけて数多く制作された「トレンディドラマ」。都会の男女の恋愛やトレンド(時代の最先端)を描いたドラマで、“W浅野”や鈴木保奈美などトレンディドラマを通じて多数の女優が人気を博しました。

一方、俳優についても織田裕二、吉田栄作、加勢大周が“トレンディ御三家”と呼ばれ、バブル期のドラマの象徴的な存在となりました。この記事では、当時活躍し「トレンディ俳優」と呼ばれた男性芸能人にスポットを当ててみたいと思います。

織田裕二

987年公開の映画「湘南爆走族」で俳優デビューした織田裕二。1989年公開の映画「彼女が水着にきがえたら」やドラマ「予備校ブギ 」などで一躍注目を浴び、1991年のフジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」の完治(カンチ)役で大ブレイクを果たしました。

「月9」という単語を生み出したこの作品はトレンディドラマの代表作とも言え、織田は後述の吉田栄作、加勢大周とともに“トレンディ御三家”として名を馳せることとなります。

元「トレンディ俳優」その後の活動は?

その後の織田ですが、90年代後半に出演したドラマ「踊る大捜査線」が当たり役となり、同シリーズは1998年公開の映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」を皮切りに、2012年までに合計4回映画化されています。

「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ」は織田を代表する名台詞となりました。またプライベートでは、2010年に一般女性と結婚。2014年には長男にも恵まれています。

View this post on Instagram

. ‪⭐️『SUITS/スーツ』最終回まであと1時間半⭐️‬  ‪色んな方とコラボした‬ ‪この #スーツポーズ 👔もこれで見納め🙌🏻‬  ‪ラストを飾るのは、なんとこれが初2ショット😍‬ ‪『SUITS/スーツ』で27年ぶりの共演を果たした‬ ‪織田裕二さんと👞 鈴木保奈美さん👠‬ ‪我々の永遠の憧れです……❤️🧡‬  ‪にしても保奈美さんとポスターの中島さん…似てる…🤭‬  ‪#ドラマスーツ #今夜9時最終回‬ #SUITS #スーツ #ドラマ #織田裕二 #中島裕翔 #新木優子 #中村アン #磯村勇斗 #今田美桜 #小手伸也 #鈴木保奈美 #月9‬

A post shared by 【公式】SUITS/スーツ (@drama_suits) on

2018年放送のドラマ「SUITS/スーツ」で久々に鈴木保奈美と共演した織田裕二。

吉田栄作

「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でグランプリを獲得し、1988年公開の映画「ガラスの中の少女」で俳優デビューを果たした吉田栄作。1991年のドラマ「もう誰も愛さない」での好演は、「モデル出身者は顔だけ」といった当時の風潮を打ち崩しました。

この続きはミドルエッジでお楽しみください!

ミドルエッジの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…