杉本彩、石田純一、宇多田ヒカル、レディー・ガガ…著名人の恋愛に関する名言5選!

何かと気になる著名人の恋愛遍歴。時には恋愛絡みでワイドショーを騒がせる人も大勢いますよね。この記事では、著名人の恋愛観がわかる発言のうち、印象的なものを5つご紹介したいと思います。

石田純一

80年代後半から90年代前半にかけて、「抱きしめたい!」「オイシーのが好き!」「同・級・生」といったトレンディドラマに多数出演し、バブル期を象徴する“トレンディ俳優”と呼ばれた石田純一。

プライベートでは2度の離婚、3度の結婚を経験し、特に90年代にはワイドショーを騒がせる存在でもありました。そんな中、彼をある意味象徴する言葉として挙げられるのが「不倫は文化」発言です。

文化や芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある
出典 1996年10月、マスコミの前での発言より

「不倫は文化」発言が飛び出したのは1996年10月のこと。当時の石田は松原千明と結婚し子供にも恵まれていた一方で、モデルの長谷川理恵と8年に及ぶ交際を続けており、その件を記者に追及された際に上述の「文化や芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある」という発言が飛び出しました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Riko Higashio(@rikohigashio)がシェアした投稿

この発言が短縮された「不倫は文化」は、石田の代名詞として定着。その後松原と離婚した石田ですが、2009年12月にはプロゴルファーの東尾理子と結婚。結婚生活は10年。現在は東尾との間に出来た3人の子供の子育てに追われています。「不倫は文化」などと言っている暇なく、円満な家庭を築いているようです。

杉本彩

その抜群のスタイルを武器に、80年代後半から90年代にかけて全国地の学園祭を席捲し“学園祭の女王”とも呼ばれた杉本彩。その媚のない立ち振る舞いから、同性からの支持も集めています。

そんな彼女ですが、プライベートでは1992年に音楽プロデューサーの沼田年則と結婚。しかし、家族間のトラブル及び“セックスレス”により、2003年に離婚しました。

その後、自身の様々な恋愛経験を活かし「杉本彩の男を虜にする料理」「いい男の愛し方」といった著書を多数発表しています。

この続きはミドルエッジでお楽しみください!

ミドルエッジの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…