女性必見!あの香りは最強!今も買える香水6選

「シャネル N°5」「サムサラ」といった、かつて一世を風靡し、現在でも高い人気を誇る香水を6点ご紹介したいと思います。

CHANEL(シャネル)『N°5』

女性必見!あの香りは最強!今も買える香水6選

古今東西の女性の憧れのブランドとして名高い「シャネル(CHANEL)」。同社を代表する香水として、長年にわたり人気を博しているのが「シャネル N°5(Chanel N°5)」です。

その歴史は古く、1921年5月5日にシャネル初の香水として公式に発表されました。その後、1950年代にマリリン・モンローが愛用していたことなどから人気を不動のものとし、以降、CMなど様々な広告を展開していきます。

70年代にはフランスの女優、カトリーヌ・ドヌーブをモデルに起用。シャネルのロゴと香水のボトル、そしてドヌーヴの顔を使用したモノクロのシンプルな広告をアメリカのみで展開したものの、これが大成功を収めました。

そして90年代にはフランスの女優、キャロル・ブーケをモデルに起用。“フレンチ・エレガンス”を体現したブーケのCMは、当時の女性の憧れの的となりました。

一方で現在、N°5の顔となっているのはフランスの女優、オドレイ・トトゥ。彼女の落ち着きのあるエレガンスさは、女性の永遠の憧れとしてのシャネルのブランドイメージを象徴していると言えます。

90年代のシャネルの顔であったキャロル・ブーケ。

フローラルブーケの香りが高揚感を与え、その一方で慎み深さも併せ持っているN°5。宝石のようなボトルのデザインも相まって、そのラグジュアリーな香りが一層引き立つ、女性の憧れの存在です。

使用している人からは「パウダーっぽさがあり、花の香りが次々と溢れ出てくる」「本当に優美な香り」などのコメントが寄せられており、その高級感に魅了される人が多い印象ですね。

GUERLAIN(ゲラン)『サムサラ』

1828年設立のフランスの香水・化粧品メーカー「ゲラン (Guerlain)」。ナポレオン3世の皇后・ウジェニーに香水を献上するなどその歴史は古く、ジッキー (Jicky) 、ミツコ (Mitsouko) といった香水を世に送り出してきました。現在は5代目調香師のティエリー・ワッサーの下、およそ80か国で事業を展開、フレグランスの世界にその名を轟かせています。

この続きはミドルエッジでお楽しみください!

ミドルエッジの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…