ラグビーデート前にはルールを覚えるべし! ラグビーの楽しみかた【超初心者向け 基本ルール編】

2019年ももう残すことわずかですね。今年話題となったことといえば、日本で開催された「ラグビーワールドカップ2019」。

世界中から大勢のサポーターも訪れ日本代表戦はもちろん、どの試合もスポーツバーにサポーターが入りきらず、外まで溢れでている光景を目にしました。

そして、このワールドカップをきっかけに急増しているのはラグビー好き女子ファンです。溢れる男の色気と強さは、ラグビー選手特有の魅力ですよね……。

一度見たら目が離せなくなります。日本代表選手の中でも一番人気の姫野選手や各国の代表選手のプレーや気迫を目の前にノックオンしない女子がいたらびっくりするほど、かっこいいです。

迫力満点の試合

ラグビーの魅力は、選手がイケメンだけではありません。タックルなど激しく体がぶつかりあう場面が多い故に試合はとにかく迫力満点です。

一方で、反則に厳しかったり、試合後にお互い称えあったりと闘争心と愛を兼ね備えたスポーツです。そういったポイントが女子のハートを掴んで離さなず、ファンが増加しているのかもしれないです。

今の季節、大学選手権やこれからトップリーグが始まります。彼氏と話題のスポーツ観戦デートや友人とイケメン探しに行くのにもおすすめです!

楽しくラグビー観戦するための基本ルールをご紹介します♪

基本の「基」1:ラグビーの試合は何分? 何人制?

まずは基本の「基」です。ラグビーは15vs15で行われるスポーツです。7人制のセブンズといわれるラグビーがオリンピックなどで取り入れられていますが、基本は15人制になります。交代は最大8人まで。ひどい怪我(脳震盪や出血など)による一時的な交代も認められます。

試合時間は、前半40分(前半終了後10分間のハーフタイム)、後半40分の合計80分です。

試合終了(フルタイムorノーサイド)後は、敵味方なくお互いの検討を称え合います。

基本の「基」2:得点はどうやって入るの?

基本のゴールは、トライで5点(相手のインゴールにボールを持っていき、地面につける)

コンバージョンゴール(トライをした時に与えられるチャンス)で2点です。

コンバージョンゴールは「H」の形をしたコールポストのバー(Hの上部)を超えると加点です。

その他にも、重いペナルティーをした時に与えられるペナルティゴールで3点、プレイ中にワンバウンドさせてゴールを狙うドロップゴールなどがあります。

基本の「基」3:ラグビーのプレイやルールは? どうなると反則なの?

ラグビーのルールは「なんで反則だったか」がわかるようになるとすぐにわかります! そして試合を楽しむコツでもあります♪

ラグビーのプレーの原則は「ボールを持った人が常に先頭」。

そのため、ボールを前にパスしたり(キックは前に蹴れる)、選手がボールより前でプレーすることはNGです。

そして、もう1つの原則は「立ったまま正々堂々とプレーする」(オンフィート/on feet)です。

そのため、倒れたままプレーすること(オフフィート/off feet)も反則です。

プレー中に最も多い反則が「スローフォワード」「ノックオン」です。

「スローフォワード」は、ボールを前にパスすることで「ノックオン」はボールを前に落としてしまうことです。

今更、そんなこと、当たり前じゃんと思いませんでしたか。いえいえ、実際に試合を見ているとほとんどの反則がこの2つなんですが、初心者だとわからず「今なんで反則になったの?」と聞いちゃいます。

正直、最初は見てても本当に後ろに投げているかよくわからないです! 笑。そんな時は、「スローフォワード」「ノックオン」をまずは疑ってください笑。

その他にも、危ないタックル*やオフサイドは反則になります。

*危ないタックル例

ハイタックル 

肩より上にタックルする

ノーバインドタックル 

相手を掴まずぶつかるだけのタックルする

ノーボールタックル

ボールを持っていない相手にタックルする。

軽い反則が発生した場合はスクラム、やや重い場合はフリーキック(ペナルティゴールを狙えない)、重い反則にはペナルティキックが与えられ、試合が再開します。

前編の終わりに……おさえておこう! 簡単なラグビー用語とプレイを解説

トライ 

基本のゴール。

コンバージョン 

トライの際に与えられるチャンスゴール。

ペナルティ 

反則のこと。

フルタイムorノーサイド 

試合終了のこと。ラグビーでは戦いのあとは、お互いの健闘をたたえ合うという精神が尊重されます。

タックル

守備サイドの選手がボールを持っている選手に組み付いて前進を拒むプレー。

スクラム

軽い反則や試合再開時にFWの8人が組む代表的なセットプレー。

モール

ボールを持った選手が立っている&他の選手も立った状態で組み合っている密集。

ラック

ボールが地面にある&ボールを囲んで選手が組み合っている密集。(ラックでは手は使えません。)

ラインアウト

ボールがラインより外に出た時に再開させるプレー。

オフサイド

ボールを持っている選手または、モールやラックの一番後ろの選手より前でプレーをする。

アドバンテージ

反則された側が有利な状況だった場合に試合を止めずにそのままプレーを続行すること。レフリーによって判断される。その後、反則されたチームが不利になると、遡って反則を適用する。

引用先: https://www.jsports.co.jp/rugby/about/guide_rule/

最後に

本当に「基本のきほん」をご紹介しましたが、これだけの知識でもラグビーを充分楽しめちゃいます♪

ぜひ、ラグビーのルールを知って、試合を楽しんでください!

もしかしたら、試合会場でイケメンのラガーマンと出会えるチャンスとなるかもしれないです!

ラグビーを機に出会いも、人生もパラダイスになるといいですね^^

jamieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…