既婚者を好きになってしまったら?後悔する前に知ってほしい2つの真実

「いけないと思いつつも、既婚者の会社の上司を好きになってしまった。」「仕事の相談に乗ってもらううちに、2人で飲みに行くようになって…。」など、既婚者に恋をしてしまう女性は少なくありません。

好きになってしまった後に、いけないことだと自分を抑えられるのか、それともそのまま恋に突っ走ってしまうのか。既婚者に恋をしたことのある女性2人をお招きし、インタビューを行いまいた。

1.誰でもよかったんじゃないか?

既婚者の上司を好きになったことがあります。毎回、ご飯をごちそうになって、ホテルに行こうとも誘われましたが、きっぱり断りました。

その後、全く連絡がこなくなり、翌月に違う部署の子とできていると聞きました。不倫してくれる彼女なら誰でもよかったんだと思いましたね! あのやさしさも下心からだったのかと思うと、気持ち悪いです。」

 

結婚生活に満足していない既婚者は、若い独身の女の子をターゲットにしている可能性高し! 甘い言葉と紳士的な対応でコロリといくのではなく、「不倫はできない」ときっぱりと拒否することが大切。一度、体の関係を持ってしまうと泥沼化する危険性は高いでしょう。

2.不倫している彼と結婚したものの…

不倫恋愛をして、彼が私と結婚するために元妻と離婚しました。念願の彼との結婚生活を手に入れることができ、幸せになったのもつかの間。結婚したとたん、彼の性格が激変。付き合っていた当時のやさしさはなくなりました。

さらに、携帯の履歴から他の女性と不倫していることが発覚。不倫グセのある男は一生変わらないと思いましたね。」

 

好きな人と不倫したあげく、熱望した結婚生活を手に入れても、結局「不倫」に走る男性の性格は変わらないようです。つまり不倫グセのある男性には近づかないのが一番ということではないでしょうか。性格がどんなに良い人でも、「不倫」という罪には変わらないのですから。

不倫男の餌食にならないために

今回ご紹介した2つのパターンに当てはまらないようにするためには、不倫には手を出さないことです。不倫をしたいと考える既婚者は、不倫したいと思う独身女性よりもずっと多いはず。思わぬ罠にはまらないように、しっかりと自分を守りましょう。

 


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…