こんなにいるの!? 宝塚出身の女優

女性なら誰もが憧れるであろう「宝塚歌劇団」。宝塚で活躍した女性の中には、退団後に芸能界へ転身し、芸能界でも活躍している人が多くいらっしゃいます。

この記事では、そんな方々の中から6名をピックアップしてご紹介したいと思います。

小柳ルミ子

70年代より女優として活躍し、歌手としても「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」といったヒット曲を持つ小柳ルミ子。

1989年の大澄賢也との電撃結婚も話題となった彼女ですが、元は宝塚音楽学校で学んでいました。

その在学中に歌手への路線変更を希望し、芸能事務所の渡辺プロダクションに掛け合ったところ、渡辺プロは「宝塚を首席で卒業出来たら歌手デビューさせる」と返答。

その言葉を信じ、見事に学校を首席で卒業しました。そして歌手デビューの運びとなったのですが、周囲から「初舞台だけは踏んで欲しい」と言われ、“夏川るみ”名義で2ヶ月間だけ宝塚歌劇団に在籍しています。

大地真央

日本を代表するベテラン女優・大地真央。中学在学時に芸能の道を志すようになり、親の反対を押し切り宝塚音楽学校に入学しました。

1973年に宝塚歌劇団に入団し、翌1974年から月組に配属。その抜群のスタイルから、新進男役スターとして注目を浴びるようになります。

その後もキャリアを着実に重ねていった大地。1980年には当時の月組トップ兼副組長であった榛名由梨に次ぐ、二番手男役に抜擢され、翌1981年には「新源氏物語」で榛名に代わり主役を演じました。

その後も「あしびきの山の雫に」「愛限りなく/情熱のバルセロナ」といった舞台で活躍。

1985年に宝塚歌劇団を退団するまで、月組のトップスターとして君臨していました。なお、2014年には「宝塚歌劇の殿堂」にて殿堂入りを果たしています。

ミドルエッジの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…