バブル期に一世を風靡した映画「ホイチョイ三部作」を振り返る!

1987年から1991年にかけて公開され大ヒットを記録した「ホイチョイ三部作」と呼ばれる映画「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」を振り返ってみましょう!

バブル期に一世を風靡した映画「ホイチョイ三部作」

皆さんは「ホイチョイ・プロダクションズ」をご存知でしょうか?

馬場康夫を中心としたクリエイター集団で、元々は80年代前半に漫画「気まぐれコンセプト」を青年誌で連載するなどしていました。

80年代後半になると映画に進出、1987年から1991年にかけて「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」という3本の映画を制作し、いずれも大ヒットを記録。

社会現象となりました。この記事では「ホイチョイ三部作」と呼ばれる、上記の3本の映画について振り返ってみましょう。

『私をスキーに連れてって』

バブル期に一世を風靡した映画「ホイチョイ三部作」を振り返る!

1987年に公開された、ホイチョイ三部作の第1作「私をスキーに連れてって」。略称として「私スキ」などとも呼ばれています。

タイトル通りスキーをテーマにした映画で、80年代スキーブームの火付け役となりました。

原田知世と三上博史のW主演で繰り広げられる恋愛模様は、当時の女性を中心に「こんな恋がしたい」「こんな青春を送りたい」という憧れの的に。

ロケ地となった群馬県・万座温泉スキー場などは若いスキーヤーたちで大盛況となりました。

ミドルエッジの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…