コンサバとは? コンサバファッションの特徴8つと政治や医療での意味とは?

ファッション雑誌などでよく「コンサバ系」という言葉を見聞きしますよね。

意味がわからないまま、何となくコンサバという言葉を使っている人も多くいるのではないでしょうか。

この記事ではコンサバとは何か、その意味について徹底解説しています。

コンサバとは?

ファッション雑誌などで、よく「コンサバ系のスタイル」といったフレーズを見聞きしますよね。

なんとなく雰囲気はわかるものの、コンサバの意味について問われると答えに窮してしまうという人も多いのではないでしょうか?

コンサバとは、「コンサバティブ(conservative)」という英語を略した言葉であり、「保守的」という意味を持ちます。

コンサバの対義語

コンサバとは「保守的な」という意味を持つ英語の形容詞「コンサバティブ」に由来する言葉なので、対義語としては「進歩的な」という意味をもつ「プログレッシブ(progressive)」が挙げられるでしょう。

また、他にも「前衛的な」という意味の「アヴァンギャルド」も、コンサバとは正反対の意味を持つ言葉として挙げられます。

コンサバファッションがモテる理由3つ

コンサバファッションとは、保守的でエレガントなファッションスタイルを意味する言葉です。

合コンや婚活パーティーでは「ギャル系よりもコンサバティブ系のファッションの女性のほうが男ウケがよい」とよく言いますよね。

そもそも、なぜ男性はコンサバファッションの女性を好むのでしょうか?

ここからは、コンサバファッションがモテる理由について詳しく見ていきましょう。

コンサバファッションがモテる理由1:控えめな性格

コンサバファッションがモテる理由としてまず挙げられるのが、服装から控えめな性格が伝わってくるからということです。

実際に控えめな性格をしているかどうかは服装からだけでは判断できないものの、ギャル系のファッションに身を包んだ女性よりも、コンサバ系の服装の女性のほうが第一印象で「おしとやかで清楚だ」という印象を持たれやすいでしょう。

控えめ上品な女性は男ウケがよいのです。

コンサバファッションがモテる理由2:一緒に歩いていて恥ずかしくない

一緒にいて恥ずかしくないからというのも、コンサバファッションがモテる理由のひとつとして考えられるでしょう。

男性はデート相手を選ぶ際に、一緒に歩いていて恥ずかしく感じるような、派手で個性的すぎるファッションの女性を除外します。

その点、コンサバファッションの女性は常識的で清潔感のある服装をしているので、デート相手や恋愛対象として選ばれやすいと言えるでしょう。

コンサバファッションがモテる理由3:安心感がある

コンサバファッションの女性がモテる理由のひとつとして知っておきたいのが、男性にとって安心感があるからということです。

ギャル系のファッションやパンク系のファッションも個性的で素敵ですが、落ち着きがあるという点ではコンサバファッションのほうに軍配が上がりますよね。

恋愛対象に、際立ってユニークな個性を求める男性以外は、一緒にいて安心感のあるコンサバ系の女性を好むでしょう。

コンサバファッションの特徴8つ

女性のファッションと一口に言っても、コンサバ系やギャル系、サブカル系や森ガール系、パンク系などさまざまなスタイルがありますよね。

どのスタイルを選ぶかは女性の自由ですが、広く男性ウケすることを重視するならば、やはりコンサバファッションがおすすめです。

では、コンサバファッションとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

下記では、コンサバファッションの特徴についてご紹介していきます。

コンサバファッションの特徴1:女性らしい

コンサバファッションの特徴としてまず挙げられるのが、女性らしいということです。

ジーンズやTシャツのようなファッションアイテムはカジュアルで素敵ですが、女性らしさはあまり感じられず、どちらかと言うとメンズライクな印象がありますよね。

反対に、ワンピースやスカート、ハイヒールといったアイテムは手っ取り早くフェミニンな雰囲気を演出することができます。

コンサバファッションの特徴2:品がある

品があるというのも、コンサバファッションに欠かせない特徴として挙げられるでしょう。

スカートやワンピースといった女性らしいアイテムを選んでも、品が感じられなければコンサバファッションとは言えません。

エレガントで落ち着きがあり、洗練された品の良さを感じさせてこそ、真のコンサバファッションなのです。

コンサバファッションは、周囲の人に「いいとこのお嬢さん」といった印象を与えることができます。

コンサバファッションの特徴3:シンプル

コンサバファッションの特徴のひとつとして、シンプルであるということも挙げられます。

派手な装飾やインパクトの強すぎるデザインや色のアイテムではなく、シンプルでベーシックなアイテムを上手に組み合わせるのが、コンサバファッションの基本です。

「シンプルイズベスト」という言葉があるように、シンプルさの中にこそエレガントさやおしゃれさが宿るのでしょう。

コンサバファッションの特徴4:エレガント

エレガントであるというのも、コンサバファッションの特徴のひとつに数えられるでしょう。

女性らしさが感じられるだけではなく、優雅な雰囲気まで感じられるのがコンサバファッションなのです。

シンプルな色・デザインのワンピースを着ていても、地味で野暮ったい雰囲気が全くなく、洗練された優雅さが感じられる女性はコンサバファッションの達人だと言えるでしょう。

コンサバファッションの特徴5:あまり流行に左右されない

コンサバファッションの特徴のひとつとしてご紹介したいのが、あまり流行に左右されないということです。

コンサバとは「保守的」という意味なので、時代のトレンドにあまり影響されないベーシックで伝統的な服装がコンサバファッションになります。

いつの時代にも通用するようなエレガントさやおしゃれ感があり、女性を美しく見せてくれるとも言えるでしょう。

コンサバファッションの特徴6:清潔感がある

清潔感があるというのも、コンサバファッションの特徴のひとつですよね。

爽やかで清楚な雰囲気が感じられるため、男性ウケがいいのはもちろんのこと、同性である女性からも好印象を持たれやすいと言えます。

そのため、私服で勤務が可能な職場に勤めている女性の多くは、清潔感を重視してコンサバファッションを選ぶでしょう。

コンサバファッションの特徴7:ベーシックなアイテムが多い

コンサバファッションの特徴のひとつとして挙げられるのが、ベーシックなアイテムを組み合わせることが多いという点です。

「保守的」なスタイルこそコンサバファッションですので、そもそも個性的すぎるアイテムや独特なデザインのアイテムを取り入れることはほとんどありません。

ワンピースやタイトスカート、シンプルなシャツ、カーディガン、ハイヒールなど、どのアイテムをとってもベーシックなデザインになるでしょう。

コンサバファッションの特徴8:男性に好印象を持たれる

男性に好印象を持たれやすいというのも、コンサバファッションの特徴であり魅力だと言えるでしょう。

もちろん、中には「ギャル系のセクシーなファッションが好き」という男性もいます。

ですが、そのような男性であっても上品で清潔感のあるコンサバファッションが嫌いと言う人はほとんどいないでしょう。

いつの時代も、清楚でエレガントなコンサバファッションは男性ウケが抜群なのです。

ファッション以外で使われる「コンサバ」の意味3つ

ここまで見てきたように、日本では「コンサバ」という言葉は主に、清楚で上品なファッションスタイルを表現する時に使われています。

ですが、コンサバとは「保守的」という意味の形容詞ですので、本来はファッションスタイルだけに限定されて使われる言葉ではありません。

ここからは、ファッション以外で使われるコンサバの意味について詳しく見ていきましょう。

ファッション以外の意味1:医療

ファッションだけではなく、医療においても「コンサバ」という言葉が使われていることをご存知でしたか?

では、医療用語としての「コンサバ」とは具体的にどのような意味を持つのでしょうか?

端的に言うならば、コンサバは「保存的療法」を表します。

保存的療法とは、手術以外の方法で病気の症状に対処しようとする方法のことです。

ファッション以外の意味2:政治

政治の世界でも、「コンサバ」という言葉は頻繁に用いられています。

とりわけ、英語のニュースサイトで政治に関する記事を読むと、「コンサバティブ」という単語を頻繁に目にすることでしょう。

政治の世界では、「コンサバ」は保守主義や伝統主義、あるいはこれらの主義を掲げる人々や正統を意味します。

また、「ザ・コンサバティブ」という表現では保守党を意味するのです。

ファッション以外の意味3:ビジネス

「コンサバ」という言葉は、ビジネスシーンでもよく用いられています。

ビジネスの文脈において、「コンサバ」は「無難な」といった意味合いになることをご存知でしたか?

新しいことにチャレンジしたり冒険したりせずに、今まで通りのやり方を踏襲して、当たり障りのないような方法を行う際に「コンサバな方法にしよう」といったフレーズを使います。

コンサバとは奥が深い言葉

今回は「コンサバ」という言葉をテーマに、その意味について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

よく「コンサバファッション」「コンサバ系スタイル」といった表現が使われますが、ファッション業界に限らず、医療やビジネス、政治の世界でもコンサバという言葉は使われています。

無難で当たり障りのない様子を表すこともあれば、エレガントでフェミニンな様子を表すこともあるのです。「コンサバ」は意外と奥深い言葉であると言えるでしょう。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…