人望がある人の特徴11個とは? 人望がない人が人望を得る方法5つ

「人望のある人になりたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、この記事では人望がある人の特徴について徹底解説しています。

また、人望がない人が人望を得るための方法についてもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

人望とは?

人望がある人の特徴11個とは? 人望がない人が人望を得る方法5つ

あなたの周りに人望のある人はいますか? あるいは、あなた自身が人望のある人物だと言われたことはないでしょうか?

人望とは、周囲の人々から寄せられる期待や信頼感のことです。

人望がある人は、何歳であってもどんな立場であっても、周囲から「この人なら信頼できる」「この人についていけばきっとうまくいく」と評価されています。

人望がある人とない人の違い

どうせならば、人望がない人よりも人望がある人になりたいものですよね。では、両者は具体的にどう違うのでしょうか?

まず、人望がある人は言葉だけではなく行動で周囲をポジティブに引っ張ることができます。

反対に、人望がない人は言葉だけで行動が伴わなかったり、周囲にネガティブな影響を及ぼしてしまうことが多いでしょう。

つまり、人望がある人は総じて人間力が高く、尊敬に値する存在だと言えます。

人望がある人の特徴11個

人望がある人の特徴11個とは? 人望がない人が人望を得る方法5つ

生まれつきリーダーシップがあり、周囲に信頼をされる人もいるでしょう。

ですが、もともとは人望が厚かったわけではないものの、努力や経験を通じて人間力を培い、人望のある人間に成長するケースもあります。

人望がある人になりたいのであれば、人望のある人物の特徴を知り、それを参考にしながら自分磨きをするとよいでしょう。

ここからは人望のある人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

人望がある人の特徴1:誠実さがある

人望がある人の特徴としてまず挙げられるのが、誠実さがあるということです。

不誠実な人は、たとえどんなに能力が高くリーダーシップがあったとしても、周囲から尊敬されることもなければ信頼されることもないでしょう。

誠実さは、人望がある人に欠かすことのできない絶対条件です。「この人なら裏切ったり騙したりしない」と信頼してもらえるからこそ、人望がある人だと言えます。

人望がある人の特徴2:信念を持っている

信念をもって行動をしているというのも、人望がある人の特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

自分なりの信念をもち、それにもとづいて行動をしている人はカッコよく感じますよね。

大変なことがあっても、信念を曲げずに努力を続けられるからこそ、自然と人望が厚くなるのでしょう。

ただし、頑なに自分の考えを貫き通そうとする頑固な人は、人望があるとは言えません。

人望がある人の特徴3:責任感がある

人望のある人の特徴のひとつとして、責任感があるということも挙げられます。

たとえ小さな仕事であったとしても、最後まできちんと責任をもってやり遂げようとするからこそ、周囲から信頼を寄せられるのでしょう。

「この人なら絶対に手を抜くことなく、最後まできちんとしてくれる」と思われる人こそ、人望のある人間だと言えます。

人望がある人の特徴4:人によって態度を変えない

人によって態度をコロコロ変える人がいますよね。

こうした人は周囲から信頼されることはありませんが、それとは対照的に、人望がある人は相手によって態度を変えることはありません。

相手の性別や年齢、社会的地位や自分との関係性がどのようなものであったとしても、常に誠実かつ友好的に振る舞うでしょう。

他人に対する振る舞い方は意外と周囲からチェックされているものですので、人によって態度を変えることのない人間は信頼を寄せられるはずです。

人望がある人の特徴5:感謝の気持ちを伝える

人望がある人は、たとえ小さなことであったとしても、誰かに何かをしてもらった時にはきちんと感謝の気持ちを伝えることができるものです。

「いつもありがとう」「気を遣ってくれて嬉しいな」と、言葉で感謝していることを相手に伝えられるからこそ、相手に「この人のためにもっと何かしてあげたいな」と思ってもらえるのでしょう。

人望がある人の特徴6:人のせいにしない

人望がある人の特徴11個とは? 人望がない人が人望を得る方法5つ

何かトラブルがあっても、決して人のせいにしないというのも人望がある人ならではの特徴ですよね。

本当に他人のせいで問題が起きたとしても、人望がある人は「あの人のせいでこうなった」とネガティブなことを口にすることはありません。

そのような言葉は我慢して飲みこみ、事態を好転させるためにできることを考え、それを実行に移すというポジティブな行動を取ります。

人望がある人の特徴7:謙虚で自慢はあまりしない

謙虚さがあり、たとえ実力や能力があったとしてもそれをひけらかしたり自慢したりしないというのも、人望がある人の特徴であり条件ですよね。

どんなに優秀な人であっても、自分の優秀さを鼻にかけていると、周囲から嫌われたり疎ましく思われてしまいます。

「能ある鷹は爪隠す」ということわざがあるように、人望がある人は自分の優秀さを自慢することはありません。

むしろ、「自分はまだまだです」と謙虚に振る舞うため、周囲から好感を寄せられるのです。

人望がある人の特徴8:約束を守る

約束をきちんと守れるというのも、人望がある人の特徴として挙げられるでしょう。

約束を破る人は、優秀で性格がよかったとしても、周囲から信頼されることはありませんよね。

人望とは、日々の行動の積み重ねによって得られるものです。

どんな小さなことであったとしても、約束したことはきちんと守る誠実さを持っているからこそ、人望が厚くなるのでしょう。

人望がある人の特徴9:ムードメーカー

人望がある人の特徴のひとつとして知っておきたいのが、ムードメーカーであるということです。

ハッピーオーラを身にまとっており、その人がいるだけで場の雰囲気がぱっと明るくなるような存在こそ、人望の厚い人の条件だと言えるでしょう。

場の雰囲気をよくするために細やかな気配りができて、明るくポジティブに振る舞えるのが人望の厚い人なのです。

人望がある人の特徴10:コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いというのも、人望がある人の特徴のひとつに数えられます。

優しくて誠実な人であっても、コミュニケーション能力が低いと、その内面の素晴らしさを周囲の人に理解してもらうのは難しいですよね。

反対に、誰とでもフランクに接することができるコミュニケーション能力の高い人は、「あの人がいるとなんだか場の雰囲気が和む」と周囲から好感を持たれやすいでしょう。

人望がある人の特徴11:助け舟を出してくれる

人望のある人は、困った人がいるとすかさず助け舟を出してくれます。

自分のことばかり考えるのではなく、周囲のことを見て考える精神的な余裕があるからこそ、困っている人に気づけるのでしょう。

また、ただ単に助けてあげるのではなく、相手を恐縮させない形でさりげなく手を差し伸べてあげられるスマートさをもっているのも、人望のある人の特徴です。

人望がない人が人望を得る方法5つ

人望がある人の特徴11個とは? 人望がない人が人望を得る方法5つ

ここまでは、人望がある人ならではの特徴や共通点を11個ピックアップしてご紹介してきました。

こうした特徴を見ると、「自分とは全く違う」と自己嫌悪に陥ってしまう人も少なくないことでしょう。

ですが、諦める必要はありません。

努力をすれば、人望を得ることができるからです。そこでここからは、人望がない人が人望を得る方法について詳しく見ていきましょう。

人望がない人が人望を得る方法1:時間厳守をする

人望がない人の特徴としてまず挙げられるのが、時間にルーズであるということです。

自分さえよければそれでいいという自己中心的な考えをしているからこそ、平気で遅刻をして他人に迷惑をかけてしまいます。

人望がある人間になりたいのであれば、時間にルーズなところを直しましょう。仕事でもプライベートでも時間厳守を心がけ、相手の時間を無駄にしないことが大切です。

人望がない人が人望を得る方法2:素直に謝る

相手に迷惑をかけてしまったり嫌な思いをさせてしまった時には、きちんと素直に謝ることも必要でしょう。

人望がない人は、たとえ自分に非があったとしてもそれを素直に認めようとせず、相手に責任転嫁をしたり言い訳をしたりします。

ですが、それだといつまでたっても周囲から信頼を得ることはできませんよね。反省すべき点を反省し、きちんと相手にそのことを伝えた上で誠実に謝ることが必要です。

人望がない人が人望を得る方法3:悪口や陰口などを言わない

人望がない人が人望を得たいのであれば、ネガティブなことを口にしないようにしましょう。

人の悪口を言うことに楽しみを感じている方も意外と多いのではないでしょうか?

ですが、悪口を言っている時の表情はとても意地悪で醜いものです。

そんな意地の悪い人が人望を得ることなど、できませんよね。

人望を得たいのであれば、他人の悪口や愚痴、批判的なことを言わず、ポジティブな言葉を口にするように心がけてみてください。

人望がない人が人望を得る方法4:些細な約束も必ず守る

些細な約束であっても、人と約束したことはきちんと守るというのも、人望がない人が人望を得るために心がけたいポイントのひとつです。

人望がない人は、総じて他人から信頼されていません。信頼されないのは、人を裏切るような行為を繰り返し行っているからです。

たとえ小さな約束であったとしても、それを破ってしまえば他人をがっかりさせてしまうでしょう。

だからこそ、どんな約束であっても誠実に守ることが必要だと言えます。

人望がない人が人望を得る方法5:御礼の心を忘れない

人望がない人が人望を得たいのであれば、感謝の気持ちを忘れないように心がけてみてください。

「誰かに何かをしてもらうのが当たり前」と感じてしまってはいませんか?

そのような傲慢な考えは、周囲の人々にも伝わってしまっています。

人から信頼されて愛されたいのであれば、まずはあなたが周囲の人を大切にすることが必要でしょう。

小さなことであっても、何かしてもらった時にはきちんと「ありがとう」と言葉にしてお礼を伝えてみてくださいね。

日々の積み重ねの結果が自然と人望に繋がっている

今回は人望のある人の特徴に加えて、人望がない人が周囲から信頼を得るための方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

人望とは、一朝一夕で簡単に得られるものでは決してありません。

日々の積み重ねによって、周囲の人から信頼や好感を得た結果、人望が厚くなるのです。

人望のある人を目指すのであれば、まずは自分の日々の行いを振り返り、改善すべき点を見つけてみましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…