【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介

皆さんこんにちは!

今回は「【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介」と題して、「マッシュボブのカットのポイント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で役立つ「ボブのアレンジスタイル」をご紹介します。

マッシュボブのヘアスタイルは人気?

トレンドの最先端をいくこの「マッシュボブ」ですが、ボブヘアの魅力は丸っこくかわいらしいマッシュルームの形にありますが、大人女子が取り入れることで、かわいらしさの中に大人っぽさも演出できるのが魅力です。

最近では特にこのマッシュボブの独特のアレンジ法が多く展開されていて、ロングやミディアムの巻いた甘いヘアスタイルに飽きた大人女子が多く取り入れています。

マッシュボブにするメリット3つ

【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介

さてここからは、マッシュボブにするメリットを3つの側面から見ていきましょう。

マッシュボブのヘアアレンジで特にプラスとなるのは「実用的」な点と「ファッションをさりげなくまとめてくれる」といった点でしょう。

また、たいてい誰にでも似合うというところもマシュボブが流行っている理由ではないでしょうか。

このようなマッシュボブの魅力に多くの女性が魅了されています。また男性の間でも流行が見られます。

マッシュボブにするメリット1:ボブでも軽く仕上がる

誰でも似合ってしまうこのマッシュボブのメリットに加えて、軽く仕上げられるという、点がメリットではないでしょうか。

日常生活においては非常に実用的といえますね。

表情を明るくすると同時におしゃれ感が何気に漂い、髪が短いぶん日頃の手入れもかなり簡単に終わらせることができるという、誰にとってもメリットのあるスタイルです。

マッシュボブにするメリット2:毛量の多い人でも挑戦しやすい

マッシュボブの特徴は毛量が多い場合でも、軽さをだすことができるため、毛量でお悩みの方でも挑戦できます。

軽さの調節もきくので、好みの軽さや長さでマッシュボブに挑戦できるのもマッシュボブのポイントです。

また顔の輪郭もサイドの髪のアレンジで小顔に見せたりと良いことだらけです。

このように、全体的なヘアアレンジが簡単にできるだけでなく、毛量の多い人の悩みをカバーしながらのスタイリングが可能です。

マッシュボブにするメリット3:アレンジできる

マッシュボブは髪が比較的短い感じにまとめられ、ヘアアレンジの点ではあまり自由が利かないのではないかという不安もちらほら見られますが、そんなことはありません。

マッシュボブならそれなりのアレンジを加えることができ、ボブならではの特徴を生かせます。

レイヤーカットや、ウェット感を出すスタイリングを工夫してみることで、誰でも似合ってしまうヘアスタイルができやすいのも、このボブに見られる大きな特徴です。

マッシュボブの特徴4つ

【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介

さてここからは、マッシュボブそのものの特徴を4つの側面から確認していきましょう。

マッシュボブの特徴は「全体的に丸くカットされる」、「前髪が揃えられる」、「バッグにかけて後ろ下がりにまとまる」、「レイヤーを入れやすい」などの特徴が見られます。

4つのアレンジができるスタイルなので、好みのスタイルに再現しやすいのもマッシュボブの特徴でしょう。

マッシュボブの特徴1:全体的に丸くカットされている

マッシュボブの由来は「マッシュルームカット」を前提とする丸みを帯びた輪郭・印象があるため、全体的に丸くまとまる感じにカットされる点が印象的です。

そのため、面長な人は似合わないなどと言われますが、これも工夫1つで解消できます。

主に丸みを帯びたカットの場合でも、サイドのヘアスタイルをアレンジすることで面長の輪郭をカバーしたり調整することができ、顔も丸い感じに仕上げる事ができます。

マッシュボブの特徴2:前髪は揃えられている

マッシュボブの特徴ではこの「前髪を揃える」という点に大きな特徴が見られ、これだけで若返った印象をさらに引き出すことができます。

前髪を揃えることで幼さを残すことができ、マッシュボブが大人可愛いといわれる理由でしょう。

そのため、もともと顔が全体的に丸い女性はあまりこの方法は勧められませんが、それでもヘアアレンジを工夫することでカバーできます。

マッシュボブの特徴3:バッグにかけて後ろ下がりになる

元々マッシュボブは「マッシュルーム」のように丸くカットされていて、前髪から後ろにかけて丸みをつけるようにカットされます。

また、後ろ下がりにカットされているのもマッシュボブの特徴です。

ですが最近ではレイヤーを入れることが多く見られ、従来のボブスタイルよりもすっきりと仕上がっていますし、くせ毛・毛量の多い場合でも取り入れ易いです。

マッシュボブの特徴4:レイヤーを入れることが多い

レイヤーというのは積み重なる「層」のことを指しています。

ヘアカットでは長さに段をつけるという表現が使われたりしていますが、その髪全体にレイヤーを入れておくことによって、あまり重くならないカット方法です。

マッシュボブの場合は、このレイヤーを全体にいれることで軽さが出ます。後ろにボリュームが欲しい場合にもレイヤーを入れることで叶えることが出来ます。

【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント

【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介

さてここではマッシュボブの特徴を踏まえた上で、顔の形と対照させながら4つの観点から「どのようなカット方法が似合うか」といったカット時のポイントについてご紹介していきます。

マッシュボブの特徴では先述のように「毛量が多い場合にはレイヤーを入れてライトに仕上げる」や「顔の輪郭に合わせてサイドの髪型にアレンジを加える」などのあらかじめ調節するためのカット法が取られます。

マッシュボブのカットのポイント1:卵型

まず顔が卵型いわゆる丸い感じの顔の人の場合は、前髪とバック、またサイドといった全体的な髪型のバランスを整えながら、少しずつ独自アレンジを加えていきます。

卵型の場合はどのようなマッシュボブであっても、かわいくきまる顔の形であるといえます。

自分の好みのアレンジを加えても、再現しやすいでしょう。

前髪を厚めにする

卵型・丸形の場合では、まず前髪を厚めにおろしておき、サイドの髪の量を少し減らしたり、軽くするアレンジがおすすめです。

前髪を多めにしておけば、動きをつけたりとアレンジも自由にできるでしょう。

耳から下のフェイスラインを際立たせる

卵型の顔の人の特徴というのは、どうしても頬のあたりから顎にかけての輪郭が丸みを帯びてしまい、それだけで顔全体がまん丸くなってしまう印象を与えます。

この点を改善するためにも、耳から顎にかけてのフェイスラインにインパクトを持たせると良いでしょう。

少しシャギーを入れたり毛先を頬から内側にかけて遊ばせたりすることで、耳から下方にかけてのフェイスラインに動きをつけることができ、それだけで印象が変わります。片方の髪だけを耳にかける方法も簡単なアレンジですが、有効でしょう。

マッシュボブのカットのポイント2:面長

面長の人は昔からマッシュボブ、ひいてはボブヘア・ショートヘアそのものが似合わないとされてきましたが、最近ではこの面長の人でも十分ボブヘアが似合うような、幾つものアレンジ方法が用意されています。

基本的に面長の人の顔の特徴は、やはり頬から顎にかけてのフェイスラインと、ボブヘアそのものが小さく見える印象にまとめられるため、この2点へのアレンジの工夫をしておくと解消されます。

前髪は長めに残して斜めに流す

面長な人がマッシュボブに挑戦する時には、ずばり前髪がポイントになります。前髪をどうアレンジするかで面長な印象がすっきりとした印象になり、面長な顔が強調されなくなるからです。

まず前髪を長めにおろして、毛先を斜めに流すようにアレンジすると顔の面長な感じがすっきりするでしょう。このように前髪を流すだけでも面長な印象が和らぎます。

横幅を出す

面長の顔の人の特徴は、顔が縦に長いことにどうしてもあるため、その縦長に対応させる形で横幅を出すことが効果的となります。

つまり全体的に髪型と顔とのバランスを保たせる、ということになり、これだけでも面長感は目立ちにくくなります。

サイドの髪のボリュームを出しておき、さらに前髪を長めにおろすことで顔全体が小さくまとまるような印象を与えます。

マッシュボブのカットのポイント3:逆三角形型

次に逆三角形型の顔をした人の場合です。

逆三角形型の顔というのはボブヘアそのものにとても相性が良く、マッシュボブでもそのままの印象を与えるだけで効果的になります。

さらに小顔効果を狙うのならば、トップとサイドのバランスや、前髪の隙間を作るなどの工夫が必要になってきます。

トップにはボリュームを出す

逆三角形型の顔の人の場合、髪のトップに大きくボリュームを出しておくことで、顔全体・髪全体のバランスをちょうど良い感じに引き立ててくれます。

トップにボリュームを引き出すことによって、顔の印象もカバーできますし、ボリュームのおかげで柔らかい印象を持ってもらえます。

トップにボリュームを出す方法として、ニュアンスパーマを取り入れても大人可愛く決まります。

前髪は少し長めにして隙間を作る

この場合も前髪は少し長めにしておくと良いでしょう。

そして隙間を作ることによって、髪全体のボリュームを抑えることができ、あまり髪の印象に重みを出さない工夫ができます。

逆三角形型の顔の人の場合は、髪の印象を引き出し過ぎないことも工夫の1つになります。

マッシュボブのカットのポイント4:ベース型

次にベース型の顔の人の場合ですが、この場合のヘアアレンジでは顔のサイドの部分をアレンジすることが重要でしょう。

トップや前髪によるアレンジはあまり意識しないほうが良く、ベース型の顔の場合は横長の感じが引き立たないようなアレンジが必要です。

先述の面長の人の場合と逆のアレンジになりますが、サイドが頬にかかるカットで四角い部分を強調させないよう、バランスを取りましょう。

また、前髪を短めにカットし、縦長な印象を与えるとバランスよくスタイリングできます。

前髪は短めにしてセンターで分ける

まず前髪はあまり長くせず、できるだけセンターか7-3で分ける形にしておきましょう。少し額部分を隠す感じにしたほうが、やはり顔全体の広さを抑えることができます。

ボブヘアの特徴・効果に見られる「小顔づくり」も可能です。

その上で前髪を左右どちらかに流す感じにアレンジしてみたり、眉に少々かかる程度の長さに揃えたりすることで、髪型と顔との全体的なバランスを調節できます。

サイドを長めにする

ベース型の顔の人の場合でも面長の人の場合と同じく、サイドのヘアアレンジを工夫することによって印象を大きく変えることができます。

そのため、サイドは長めに残すことによって、顔の広さを感じさせないアレンジが可能です。

マッシュボブのアレンジスタイル3つ

【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介

さてここからは、マッシュボブの効果的なアレンジに方として、前髪ありスタイル、前髪なしスタイル、パーマスタイルといった3つのスタイルから見ていきましょう。

ヘアアレンジを工夫する場合は、もともとの髪型・顔の形や印象を参考にして決めていくことになりますが、自分が挑戦したい、なりたい髪型や印象がイメージできればいくらでも工夫していくことが可能です。

マッシュボブのアレンジスタイル1:前髪ありスタイル

マッシュボブの前髪ありスタイルといえば、まず浮かぶのが、オンザ眉毛の短めの前髪です。

パツンと切られた短め前髪は、おしゃれ上級者な雰囲気が漂いますよね。

かわいいイメージになりますが、カラーリング次第では大人かわいくも仕上がります。

また、長めの前髪であればくるんと少し巻いた透け感のある前髪も、今どきでおしゃれです。

長めの前髪を斜めに流すことで、クールな印象を持たせることもできます。

マッシュボブのアレンジスタイル2:前髪なしスタイル

サイドと前髪の長さがいっしょで、前髪のないマッシュボブスタイルもあります。

こちらはフェイスラインをカバーしてくれるので、面長の人やベース型などの悩みを持ってる人も取り入れやすいです。

長めの前髪なので、少し立ち上げてふわっとおろすことで大人っぽさやクールな印象になります。

マッシュボブのアレンジスタイル3:パーマスタイル

マッシュボブにゆるいパーマをかけることで、より雰囲気や動きが出ます。

この場合は前髪をおろしても短くしても良く、全体的なバランスを見ながら決めましょう。

前髪にもはじめからウェーブをかけることで、かわいらいい印象になります。

コテで巻いてアレンジして、毎日違ったアレンジを楽しむのも良いでしょう。

マッシュボブで可愛くなろう

いかがでしたか、今回は「【4つの顔型別】マッシュボブのカットのポイント! アレンジスタイルも紹介」と題して、「マッシュボブのカットのポイント」についての詳細情報をはじめ、いろいろな場面で役立つアレンジ法をご紹介しました。

マッシュボブの特徴は清潔感・スッキリ感をさらに引き立てるスタイルで、顔や頭の形による特徴もアレンジによって解消できます。

さらに可愛くなるために、自分に似合うスタイルを研究しましょう。

イメージを変えたい方は、マッシュボブに挑戦してみてはいかがでしょうか?

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…