オンラインギフトを利用するメリット3つ! 送り方と使い方を解説

オンラインギフトは、メールやLINE(ライン)などの連絡ツールやSNSを使って送ることのできるギフトサービスです。

個人情報を知らない相手にも、気軽にギフトを送って気持ちを伝えることができます。

この記事ではオンラインギフトを利用するメリットやサービスについて紹介します。

オンラインギフトとは

オンラインギフトとは、LINEやEメールなどの連絡ツールやSNSを利用して、オンライン形式のギフトカードを贈ることができるサービスのことです。

ギフトの現物を宅配などで送る必要がないため、誰にでも手軽に贈れると注目が集まっています。

相手に「ありがとう」や「おめでとう」のメッセージを送る際、オンラインギフトを一緒に添えることでより気持ちが伝わります。

今回は、オンラインギフトを利用するメリットや、送り方・使い方についてご紹介します。

オンラインギフトを利用するメリット3つ

オンラインギフトを利用するメリット3つ! 送り方と使い方を解説
ちょっとしたプレゼントにも使いやすいオンラインギフトですが、従来の手渡しや郵送で贈るギフトに比べて、オンラインギフトが優れているポイントとはどんなところなのでしょうか。

贈る時の手間や必要な情報が少なくすめば、思い立った時にすぐ利用できて便利ですよね。

ここでは、オンラインギフトを利用するメリットを具体的に3つご紹介します。

利用するメリット1:相手の住所を知らなくても送れる

オンラインギフトを利用するメリットの1つ目が、送る相手の住所などの個人情報を詳しく知らない場合でもギフトが送れるところです。

学校や会社の同僚・地元を引っ越した友達などは、普段話したり連絡を取り合っていても、住所までは詳しくは分からないということも多いですよね。

オンラインギフトは、送る側が住所を知らなくても、ギフトを受け取った相手に送り先を指定してもらうという仕組みがあります。

サプライズなどでギフトを贈ろうと考えている人にも、住所を聞くことで計画が事前にバレたりすることもないのでおすすめです。

利用するメリット2:SNSから送信できる

オンラインギフトを利用するメリットの2つ目は、SNSからギフトの送信ができることです。

最近では、メールやLINEのような連絡ツールの他にも、TwitterやFacebookといったSNS上でのユーザー間の交流が盛んです。

SNSで繋がっている相手とは、仲よくしていても本名などのリアルな個人情報は教え合っていないということも多いでしょう。

そんな時でもオンラインギフトであれば、チョコレートやお茶などちょっとしたものを贈るなど交流を深めることができます。

利用するメリット3:手軽なギフトを送りたいときに便利

オンラインギフトを利用するメリット3つ目が、手軽なギフトを送りたいシーンに便利だということです。

何かを貸してもらったお礼や、相手をちょっぴり励ましたいときなど、わざわざ包装して郵送するほどでもないけれど、言葉だけでは物足りないようなときにオンラインギフトが便利です。

スターバックスのギフト券やハーゲンダッツなど、数百円からのギフトも揃っているため、送りやすく、受け取った側にも気を遣わせないスマートなサービスです。

オンラインギフトの送り方と使い方

直接渡すことが難しい相手や、少額からでも送りやすいオンラインギフトですが、送りたいときは具体的に何の情報が必要で、どんな手順になるのでしょうか。

また、オンラインギフトを受け取った側にはどんな作業が必要なのでしょうか。

送るのが簡単でも、もし受け取った相手に複雑な作業をさせることになるようであれば、少しためらってしまいますよね。

ここでは、オンラインギフトの送り方と使い方それぞれの手順をご紹介します。

オンラインギフトの送り方手順4つ

オンラインギフトは、送れるもののバリエーションが豊富です。

数百円から送れるカジュアルギフトにはサーティワンなど飲食店の引き換え券もありますし、東急ハンズや三越伊勢丹など有名店の商品を扱うものもあります。

もちろん、これまでお中元やお歳暮の定番だった洋菓子や和菓子なども送れるので、これからはオンラインギフトで季節のご挨拶なんてことも可能になりますね。

では、実際にオンラインギフトの送り方の手順をご紹介していきます。

送り方手順1:贈りたいギフトを選ぶ

まずは、インターネットでオンラインギフトを取り扱っているお店・サービスを検索し、贈りたいギフトを選びます。

この時、スターバックスやゴディバなどのように、お店が直接オンラインギフトを取り扱っているところと、幅広く商品を集めた総合サイトのようなところがあります。

何を送るか迷っている場合は、総合サイトを見てみるとテーマ別に母の日用のコスメ、父の日にはビールやネクタイがおすすめなど、定番の用途に合わせた特集があり参考にしやすいです。

送り方手順2:デザインを決める

オンラインギフトには、デジタルメッセージカードが添えられます。

各サービスによって送れるカードのデザインは異なりますが、「お誕生日」や「お祝い」「お礼」など、テーマにあわせてデザインが用意されているため、そこから選んでいけば簡単です。

ディズニーストアなど、人気のキャラクターを扱うところであれば、ディズニーチケットといったギフト自体ももちろんですが、添えるためのデジタルメッセージカードもシーズンごとに限定デザインがあるので人気が高いようです。

送り方手順3:メッセージを入力する

デジタルメッセージカードには、定型文だけでなく自分で考えたメッセージも入れられます。

メールやLINEを送るのと同じような感覚で、お礼の気持ちや応援メッセージ、お祝いの言葉などを入力すれば、デジタルメッセージカードに表示されます。

普段なかなか顔を見ては言いづらい言葉でも、文章で送れば照れくさくなく、伝えやすいということもあるでしょう。

送り方手順4:決済の実行

オンラインギフトとメッセージカードの準備が完了したら、決済の実行に移ります。

オンラインギフトは、主にクレジットカード・携帯電話会社のキャリア決済・Pay系のスマホ決済など、支払いもオンラインで完結するようになっているところが多いです。

どの決済システムが使えるかは、オンラインギフトの提供元によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

オンラインギフトの使い方手順3つ

オンラインギフトを利用するメリット3つ! 送り方と使い方を解説
送るのはオンライン上で簡単にできることを説明しましたが、逆にオンラインギフトを受け取った側は貰ったギフトをどのように使えばよいのでしょうか。

送るのは簡単でも受け取った側に手間をかけさせてしまうようであれば、選択肢として使いにくいですよね。

実は、オンラインギフトは受け取った側も簡単な手順でサービス・商品と交換する事ができます。

ここでは、受け取ったオンラインギフトの使い方の手順についてご紹介します。

使い方手順1:受け取ったURLを開く

オンラインギフトは、メールやLINE・SNSなどで届きます。

受け取った側へは、メッセージと一緒にURLが表示されていますので、そのURLにアクセスすることになります。

ほとんどのサービスは、「○○さんからギフトが届いています」や「受け取る」といった分かりやすい画面表記で操作を誘導してくれるので、オンラインギフトに慣れていない方でも安心して操作できます。

使い方手順2:チケットが表示されるのを確認

URLにアクセスしたら、自身のスマホにオンラインギフトのチケットが表示されるのを確認します。

飲食店やコンビニなどの商品と交換できるチケットの場合は、どの商品と交換できるのか、または何円分の交換ができるのかが表示されます。

店頭で引き換えるチケットタイプではないオンラインギフトの場合は、URLにアクセスしたあと、配送先として自身の住所を入力・指定する必要があります。

使い方手順3:店舗へ行き商品と交換する

商品と交換するタイプのチケット型オンラインギフトの場合は、対象店舗に行き店員さんにチケットを提示して通常のレジと同様に商品を受け取りましょう。

分からなければ店員さんにチケット画面を見せれば対応してもらえるはずです。

店頭での交換ではなく、住所を指定して届くタイプのオンラインギフトであれば、配送を待って受け取るだけで交換は完了です。

オンラインギフトの人気店3つ

スマートフォンが普及し、連絡ツールやSNSなどの利用率もあがったことにより、オンラインギフトを取り扱うお店は増えてきています。

実店舗を持つ飲食店や百貨店なども、オンラインギフトサービスを始めているところが多いです。

初めての方でも、馴染みのあるお店のオンラインギフトなら安心して利用できるでしょう。

ここでは、受け取った側にも喜ばれやすいオンラインギフトの人気店を3つご紹介します。

オンラインギフトの人気店1:スターバックス

オンラインギフトの人気店1つ目が、世界規模で展開するコーヒーチェーン・スターバックスです。

スターバックスのオンラインギフトは、Starbucks eGiftという名称で提供されています。

デジタルメッセージカードにスターバックスのドリンクを添えられるタイプの、スタンダードなオンラインギフトのシステムになっています。

実店舗が多く、引き換えもしやすいところも人気です。

Starbucks eGift

オンラインギフトの人気店2:高島屋

オンラインギフトの人気店2つ目が、老舗百貨店である高島屋です。

カジュアルなシーンではなく、少しかしこまってギフトを送りたいという方にもおすすめです。

高島屋のオンラインギフトは、受け取った側が専用サイトで商品を選ぶカタログギフトの方式となっています。

カタログのランクにもよりますが、百貨店らしくジルスチュアートやパタゴニアなどのアパレルブランドから、帝国ホテルのグルメなど幅広い商品の中で受け取った側が好きに選べることが人気のポイントです。

高島屋オンラインストア

オンラインギフトの人気店3:三越・伊勢丹

オンラインギフトの人気店3つ目が、有名百貨店の三越伊勢丹です。

三越伊勢丹のオンラインギフトは、「イセタンノオクリモノ」という名称で展開され、LINEで利用する事ができます。

三越伊勢丹の高級感と、カジュアルなサービスであるLINEが提携することで、厳選された商品をスマートに送れるようになっているのが人気のポイントです。

お花やグルメから、ビームスなどのブランド商品まで幅広いアイテムが送れます。

イセタンノオクリモノ

オンラインギフトを利用できるサービス5つ

特定のお店を決めてその中から商品を選び、交換するのではなく、通常のネット通販で使うようなオンラインモール型のオンラインギフトサービスも人気です。

シャネルやグッチ、コーチといったハイブランドは、オリジナルでのオンラインギフトは行っていませんが、モール型のオンラインギフトサービスには一部アイテムを取り扱う場合があります。

ここでは、オンラインギフトを利用できるモール型のサービスを5つご紹介します。

利用できるサービス1:bond!

オンラインギフトを利用するメリット3つ! 送り方と使い方を解説
オンラインギフトを利用できるサービス1つ目は、親孝行なギフトサービスbond!です。

現代での忙しい人々でも、お世話になったお母さんやお父さんに感謝の気持ちを贈れるようにというコンセプトのサービスです。

肉、魚、お花など7種類で、各ジャンルの専門家が厳選した商品のコースから選ぶことができます。

このオンラインギフトの魅力は、定期的に商品を届けることができる点です。

bond!

利用できるサービス2:ダレスグギフト

オンラインギフトを利用できるサービスの2つ目は、ギフトモールが運営しているダレスグギフトです。

ギフトモールは、オンラインギフトだけでなく、通常の宅配で送るようなギフトにも対応しているサービスのため、送れるアイテムのラインナップが充実しており、決済サービスも豊富です。

100円から数十万円まで、およそ10万点のアイテムが用意されており、大丸松坂屋など実店舗で使える商品券タイプのギフトもあります。

ダレスグギフト

利用できるサービス3:LINEギフト

オンラインギフトを利用できるサービス3つ目が、コミュニケーションアプリであるLINEが提供するLINEギフトのサービスです。

LINEでギフトを送れるサービスは多数ありますが、LINEギフトの場合はLINEアプリだけですべてが完結する手軽さがポイントです。

ドトールなど飲食店で使える気軽なプチギフトから、シップスやロンシャンといったブランドのしっかりギフトまでラインナップも豊富です。

「ほしいものリスト」という機能があり、相手がリストを登録していれば、それを送ることで外す心配もないので安心です。

LINEギフト

利用できるサービス4:cotoco

オンラインギフトを利用できるサービスの4つ目が、SK planet Japanが展開しているcotocoです。

デジタルメッセージカードに商品交換チケットがついたオーソドックスなサービスです。

特徴として、コンビニや飲食店などの来店交換以外にも、ドミノピザやピザーラといったデリバリーで使えるチケットが用意されていることが挙げられます。

デリバリーで使えると、商品交換のための来店が必要なく、受け取った相手にも負担をかけないのがメリットです。

cotoco

利用できるサービス5:giftee

オンラインギフトを利用できるサービス5つ目は、株式会社ギフティが提供するgifteeというサービスです。

商品はもちろんですが、デジタルメッセージカードのデザインも豊富で、バレンタインやクリスマスなどテーマに合わせたおしゃれなものが多いです。

ロクシタンなど女性に人気のアイテムから、映画チケットやnetflixなどのコンテンツに使えるチケットまで揃っており、送る相手を問わずぴったりの商品が見つけられるでしょう。

giftee

大切な人にオンラインギフトを送ろう

SNSで送れるオンラインギフトサービスやブランドをご紹介しました。

オンラインであれば手間をかけずにサクッと送れるので、感謝の気持ちも気軽に伝えやすいのが特徴でしょう。

この機会に、大切な人へオンラインギフトを送ってみてはいかがでしょうか。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…