テレワークで効率的に働く方法5選! テレワークのデメリットも解説

最近よく耳にするテレワークという言葉ですが、どんな働き方であるか知っていますか。

インターネットさえ繋がっていれば会社と同じように仕事ができると思っているのならばそれは違います。

ではテレワークという働き方は会社に出勤するのと何が違うのでしょうか。

テレワークの概要

テレワークで効率的に働く方法5選! テレワークのデメリットも解説
テレワークとは会社から離れて仕事をすることです。

通信機器の発達により働く場所や時間を選ばず柔軟な働き方ができるようになりました。

自宅勤務以外にも、顧客先からまたはレンタルオフィスを借りて仕事をすることもできます。

個人の事情に合わせた効率的な働き方が選択できるようになったのです。

テレワークはよく在宅勤務のことを指す意味であると勘違いされますが、在宅勤務は自宅で仕事をすることを意味し、テレワークは在宅勤務という意味ではありません。

つまり、在宅勤務はテレワークの一種になります。

近年テレワークを導入する企業が増えている?

世界的にテレワークを導入する企業は増えており、日本でも国がテレワーク導入を企業に推進しています。

そのためテレワークを導入する企業は増えています。

また最近では、感染症対策により、テレワーク導入を進めている企業は増えていると言えます。

しかし、テレワークにはメリットも多いですがデメリットもあり、企業のテレワーク実施割合は徐々に高まっていく傾向があります。

テレワークの働き方3つ

場所や時間を選ばずに働くことができるテレワークは、大きく分けると3種類あります。

1つ目は「自宅で勤務」、2つ目が「サードプレイス(シェアオフィスやサテライトオフィスなどの場所)で勤務」、そして3つ目が「モバイルワーク(公園やカフェなどで仕事をする)」です。

それぞれどのような働き方になるのか詳しくみていきましょう。

働き方1:自宅での勤務

事情があり自宅を離れることができないためテレワークを利用して仕事をする人がいます。

自宅でテレワークをする理由として、「介護をしていて家を離れられない」「子育て中で子供が小さい」といった事情があげられます。

この他にも、自宅と会社が遠距離で通勤するのが困難である場合にも、通勤の必要がない在宅勤務を選択することがあります。

働き方2:サードプレイスでの勤務

サードプレイスつまり第3の場所で勤務する働き方です。

第3の場所とは自社オフィスでも自宅でもない場所という意味です。

公園やカフェなどもそういった場所になりますが、サードプレイスオフィスといってサテライトオフィスやコワーキングスペースなどを活用した勤務方法があります。

サテライトオフィスなら通勤時間が短縮できますし、企業としてもコストの削減ができます。

また、コワーキングスペースなら個室ではなく図書館のようなスペースになっているため、会議や打ち合わせもできます。

働き方3:モバイルワーク

インターネット環境があればどこでも働くことができるモバイルワークでは、公園やカフェだけでなく、飛行機の中など移動中でも仕事をすることが可能です。

こうしたモバイルワークが注目されるようになった理由の一つに、日本で働く人は長時間労働の常習化で労働環境が良くないことが挙げられます。

モバイルワークを利用して、いつものオフィスではなく違うカフェなどで仕事をすることにより、リフレッシュしたりストレスを発散することができます。

テレワークで効率的に働くための方法5選

テレワークで効率的に働く方法5選! テレワークのデメリットも解説
自社オフィスに行かずにテレワークで効率よく仕事をするためには、働きやすい環境を整えることが必要です。

企業側だけでなく働く側もネットワーク環境を整えたり、コミュニケーションツールを準備したりする必要があります。

企業によってはテレワークで働く前の研修を行うところもあるようです。

テレワークという働き方をするには、どのような準備が必要になるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

方法1:チャットツールの活用

テレワークにすると気軽にコミュニケーションが取りにくくなります。

連絡を取りたいけれどもメールをするほどでもない時にはチャットツールが便利です。

チャットツールは短文を送ることに向いているため、気軽なコミュニケーションを図るにはおすすめです。

しかし、エビデンスをとっておきたい時や少し長文の連絡にはメールの方が向いているでしょう。

方法2:仕事を明確にする

テレワークで効率よく仕事をするには、仕事を明確にする必要があります。

つまり仕事の見える化です。

作業手順や業務内容についてのマニュアルを用意し、業務の問題点を把握することで、仕事の成果を判断しやすくなります。

マニュアルは文章でもよいですが、動画によるマニュアルも作成しておくと遠く離れた人にも具体的に仕事の内容が伝わります。

方法3:タスク管理を細かく行う

テレワークはオフィスで働くのとは違い周りの人の目がないので、オンとオフの使い分けが難しくなります。

自分自身を管理する意味でも、タスク管理を細かく行う必要があります。

タスク管理をすることにより、目に見えて作業の進捗状況が分かるようになるため、自己管理やモチベーションの維持に繋がり、仕事の効率を上げることができます。

方法4:ウェブ会議のシステムを導入する

ウェブ会議システムを導入すれば、場所を問わず会議に参加することが可能ですし、時間を有効に活用することで業務の効率化を図ることができます。

また、テレワークによるコミュニケーションの不足も解消することができます。

ウェブ会議システムでは音声や映像を配信するため、安定した通信環境を整え安全に使用できるようセキュリティの強化が必要になります。

方法5:周辺環境を整える

テレワークでは会社のイントラネットにアクセスしたりウェブ会議をしたりするため、ネットワーク環境を整え、PCの準備をする必要があります。

また自宅でテレワークを行うならば、長時間座っていられる環境を整えることも必要でしょう。

こうして環境を整えてモチベーションをアップさせることも、テレワークには重要です。

整えるとよい周辺環境:テレワークに適したパソコン

テレワークに適したパソコンとはどのようなものなのでしょうか。

例えば、自宅でテレワークを行う場合はデスクトップ型でもノート型でも使用できます。

しかし、カフェなどでモバイルテレワークを行う場合は移動することを考え、コンパクトで計量なものがおすすめです。

また、オフィスでの業務と同じような操作ができるパソコンを準備することも重要です。

更に、セキュリティ対策として家族など他の人と共有をせずに、自分専用のパソコンを用意しましょう。

整えるとよい周辺環境:デスクや椅子

会社のデスクや椅子は選ぶことはできませんが、在宅勤務をするならば自分好みの椅子とデスクを選ぶことができます。

特に椅子は長時間座ることになるため、見た目よりも座り心地やクッション性などを重視しましょう。

デスクは簡易的なものではなく、ぐらつきがないきちんとしたものを選びましょう。

また、スタンディングタイプで高さが調整できるものを選べば、立っても座っても作業ができるため、同じ姿勢でいることを避けることができます。

整えるとよい周辺環境:インターネット環境

テレワークでは安定したインターネット環境が必要となります。

容量の大きなデータのやりとりやセキュリティ対策を考えるならば光回線がおすすめです。

工事不要で即日Wi-Fiを利用したい場合は、Wi-Fi使い放題の「SoftBankAir」などのサービスがあります。

また、外で仕事をすることが多い場合は、月額使用料が安いポケットWi-Fiなどのサービスも考えられます。

仕事をする環境により何を導入するか検討しましょう。

SoftBank Air

テレワークにおけるデメリット3つ

テレワークで効率的に働く方法5選! テレワークのデメリットも解説
テレワークにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

例えば、どこでも仕事ができる利点は情報の漏洩に繋がることもあります。

また、自社オフィスでの仕事と違ってスタッフと顔を合わせることがないため、コミュニケーション不足により仕事の連携が取りにくくなります。

このようなテレワークにおこるデメリットを解説していきます。

デメリット1:セキュリティ面の脆弱性

社内にいればセキュリティ面の問題はありませんでしたが、テレワークではインターネットのセキュリティに注意が必要となります。

例えば、カフェのフリーWi-Fiを利用して仕事をする場合、そのフリーWi-Fiが安全である保証はありません。

最悪の場合、情報の漏洩を招くこともあります。

こうしたフリーWi-Fiだけでなく、家庭のインターネット環境も安心できるわけではありません。

モバイルワークをするならばら、セキュリティ対策をしてくれるソフトやアプリを利用するようにしましょう。

デメリット2:意思疎通が複雑化する

テレワークの場合、共に働くスタッフがそばにいないのでコミュニケーションを取るのが難しくなります。

お互いが職場にいれば気軽に話せたことも、テレワークだと話せなくなります。

また、相手の様子が分からないため、電話をするタイミングも把握しにくくなります。

そのため、お互いの作業や状態が見えるツールを活用したり、定期報告をする時間を設けるなどの工夫が必要となります。

デメリット3:従業員の状況を把握しづらい

テレワークでは、企業が従業員の業務状況を把握しづらいというデメリットがあります。

オフィスと違い周りの目がないので従業員が業務を怠ったり、環境によっては作業に集中できず、仕事に支障がでたりすることも考えられます。

逆に、作業効率をあげなければと考えて無理をしてしまう人や、プレッシャーを感じる人が出てきても企業がそれを把握しにくいということもあるでしょう。

テレワークという働き方はこれから増えてくる

テレワークという働き方についてご紹介しました。

テレワークは会社に出社をする必要がなく、育児中の人や自宅で介護をしている人など時間を効率的に使いたい人にとってはうれしい働き方となります。

以前から国が推奨しているテレワークは、感染症対策として最近より注目を集めています。

テレワークの必要性を感じた企業が導入を進めていくことによって、今後ますますテレワークという働き方が増えてくるでしょう。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…