デニムロールアップでおしゃれに見せるコツ3つ! 靴の種類別での合わせ方

デニムやボトムスの裾を外側に巻きこんで着こなすロールアップは、おしゃれに欠かせない技の1つです。

ロールアップはボトムスや靴の選び方にもポイントがあります。

今回は、ロールアップをおしゃれに着こなすコツを詳しくご紹介します。

ロールアップとは

「高見えファッション」診断。これ実は安物なの!!
ロールアップは、英語で巻き上げるという意味があり、ボトムスの裾を巻き上げて着こなす技の1つです。

ロールアップの方法は、ボトムスの裾を3cm程度取り、3回程度巻き込んで作ります。

ロールアップをすることで、足首周りがすっきりと見え、スタイルアップの効果が期待できると言われています。

季節を問わず様々なボトムスで使えるテクニックで、男女問わず人気の技法です。

ロールアップにするときのデニムの準備3つ

ロールアップにするときにはどのような準備をする必要があるのでしょうか。

今回は、裾の位置やサイズ、色落ちなどほとんどの方に該当する内容をピックアップしてご紹介していきます。

デニムの準備1:裾の位置はどうする?

ロールアップした裾は、くるぶしから1cm上辺りにくるのが基本です。

裾がかかとよりも長いといった極端に裾の長さが長い場合、ロールアップすると裾部分で生地がもたつき、ロールアップが美しく仕上がりません。

また裾が極端に短い場合は裾幅が狭くなり過ぎるため、裾の巻き返しができないこともあります。

裾の長さは長くてもくるぶしが隠れる程度の長さに整え、事前に調整しておくことがとても重要なポイントです。

デニムの準備2:サイズを決めておこう

ロールアップをデニムでする場合は、サイズとデザインをしっかりと確認する必要があります。

デニムではブーツカットのように裾が広がったデザインもありますが、裾幅が極端に広がったタイプはロールアップが美しく仕上がりません。

また極端に裾幅狭い場合も、生地を外側に巻き込もうとすると窮屈になり、上手くロールアップができない可能性があります。

ロールアップをするには、事前にサイズやデザインを確認することも大切です。

デニムの準備3:色落ちが気になるときは?

デニムの色落ちが気になるときは、裾幅の太さを調整しながら目立たなくすることが大切です。

デニムは本来洗濯した時に色落ちするため、ロールアップした部分だけ色落ちしないということはほとんどありません。

また、デニムの色が靴に色移りしないか不安という方は、少し太めの幅にロールアップし、靴とデニムが接触しないようにアレンジするといいでしょう。

デニムロールアップでおしゃれに見せるコツ3つ

デニムロールアップでおしゃれに見せるコツ3つ! 靴の種類別での合わせ方
デニムのロールアップをおしゃれに仕上げるコツは、裾幅・靴・トップスの選び方が重要となります。

ロールアップはボトムスのシルエットを崩さず、足元をすっきり見せるのがポイントです。

ロールアップで足元をすっきり仕上げても、靴のボリュームが多いとファッション全体のバランスを崩しかねません。

次はデニムのロールアップがおしゃれに見えるコツについて詳しく見ていきましょう。

見せるコツ1:ロールアップの幅による印象を考慮する

ロールアップの裾幅は、裾が太いとよりカジュアルに、狭いとスタイリッシュな仕上がりになります。

色の濃いデニムはロールアップした部分の色が明るく目立つため、気になる方は裾幅を狭めに作りましょう。

また、ホワイトデニムなどは、裾幅を狭くすることでよりすっきりとした仕上がりになります。

見せるコツ2:ロールアップに合う靴を選ぶ

ロールアップをおしゃれに見せるコツは、デニムのデザインや太さに合わせて、ボリューム感の適した靴を選ぶことです。

裾幅が太いデニムの場合は、紐タイプの革靴やスニーカーを合わせるのがおすすめです。

女性の場合、スキニータイプや細身のストレートデニムであれば、少しヒールの高いパンプスを合わせてもおしゃれに仕上がります。

見せるコツ3:トップスとの合わせ方

足元がすっきり見えるロールアップのファッションは、トップスのボリューム感を調整することもおしゃれに仕上げるポイントの1つです。

例えば、スキニーデニムをロールアップした場合は、ゆるめのニットやカットソーを合わせ、トップスにボリュームを持たせるとバランスのいい仕上がりになります。

また、少し裾幅の太いボトムスの場合は、トップスをタイトにしてバランスをとるのも1つの方法です。

おすすめのロールアップ方法とデニムの選び方

デニムにはさまざまなデザインや色があり、デニムの種類によっておすすめのロールアップ方法があります。

デニムはメンズとレディースでもデザインが異なり、それぞれの着こなしも異なります。

レディースの中にもボーイフレンドデニムのようにメンズデニムのようなシルエットもあり、デニムの選び方によってさまざまなスタイルを楽しむことができます。

デニム種類別のおすすめのロールアップ方法3つ

デニムの中でも人気なのはストレート・スキニー・ワイドの3種類で、それぞれの種類でロールアップの方法が異なります。

また、デニムの色によってもファッションのイメージが変わり、色が濃いデニムをロールアップするとよりカジュアル感がプラスされます。

スタイリッシュに仕上げたい場合は、ロールアップ幅を細めにして仕上げると、すっきりとした大人のシルエットに仕上がります。

ロールアップ方法1:ストレートデニムの場合

ストレートデニムの場合は、デニムの裾幅が少し太く均一なため、ロールアップ幅を3cm程度にして3回外側に折り返すのがおすすめです。

デニムの生地が厚めの場合は裾を2回外側に折り込み、ロールアップ幅はあまり広く取らないようにしましょう。

よりカジュアルな着こなしをしたい方は、ロールアップ幅を5cmから10cmの間に設定し、2回だけ外側に折り込むとカジュアルでおしゃれな仕上がりになります。

ロールアップ方法2:スキニーデニムの場合

裾幅が狭いスキニーデニムの場合は、ロールアップ幅を3㎝程度で作り、外側に2回折り込みましょう。

裾幅がタイト過ぎるとロールアップができないので、足とデニムの間に2本の指が入る程度の余裕のあるサイズを選びましょう。

スキニーデニムの場合は、ロールアップ幅を広げるとより裾がタイトになるため注意が必要です。

レディースの場合は、裾幅を15cmぐらいの位置で1回折り返し、ツートンカラーのような仕上がりにするのもおしゃれな着こなしです。

ロールアップ方法3:ワイドデニムの場合

ワイドデニムの場合は、ロールアップ幅を5cmから10cmと広めにとり、外側に1回か2回折り返すのがおすすめの方法です。

ワイドデニムの場合は裾幅が広いため、ロールアップ幅を狭くすると歩いているうちに崩れてしまいます。

また、ロールアップ幅を広く取り過ぎると、生地が戻ってしまうことがあります。

裾幅を広くする際は、内側を安全ピンなどで留めておくのも1つの方法です。

靴の種類別に合うロールアップデニム4つ

デニムロールアップでおしゃれに見せるコツ3つ! 靴の種類別での合わせ方
デニムのロールアップをおしゃれに着こなすためには、デニムに合わせた靴選びがとても重要です。

カジュアルな着こなしが好きな方は、ストレートデニムにスニーカーを合わせるのが定番のスタイルです。

スタイリッシュに着こなしたい方は、スキニーデニムにシンプルなジャケットを合わせ、足元はパンプスかシンプルなスリッポンなどで仕上げるとおしゃれ度がグッと上がります。

ロールアップデニム1:パンプスに合うロールアップデニム

ロールアップデニムをパンプスに合わせる場合は、細みのスキニーデニムやストレートデニムがおすすめです。

パンプスにもさまざまな形がありますが、よりスタイリッシュに仕上げたい場合は先が尖っているポインテッドトゥを選びましょう。

パンプスは足元をすっきり見せる効果があると言われており、ヒールが高ければさらにスタイルアップの効果も期待できるのでおすすめのコーデです。

ロールアップデニム2:スニーカーに合うロールアップデニム

ロールアップデニムにスニーカーを合わせる場合は、ストレートデニムやボーイフレンドデニムなど、ややゆとりのあるシルエットがおすすめです。

スニーカーは程よく足元にボリュームを与えてくれるので、カジュアルな着こなしをしたい方におすすめの靴です。

少しタイトなデニムに合わせる場合は、トップスに少しボリュームをもたせ、スタイル全体のバランスをとるといいでしょう。

ロールアップデニム3:サンダルに合うロールアップデニム

夏場にサンダルとロールアップデニムを合わせる場合は、スキニーデニムや細みのストレートデニムがおすすめです。

サンダルは足元のボリュームが軽く見える靴なので、デニムもすっきりとしたボリュームのないシルエットを選びましょう。

夏場の場合は、クロップドなどの少し短い丈のデニムをロールアップして合わせるのもおすすめです。

ロールアップデニム4:ブーツに合うロールアップデニム

ブーツにもさまざまな種類がありますが、ロールアップデニムを合わせる場合は、ストレートデニムやスキニーデニムがおすすめです。

メンズコーディネートの場合は、少しゆるめのストレートデニムにレザーのワークブーツを合わせればおしゃれなコーデに仕上がります。

レディースの場合は、スキニーデニムにショートブーツを合わせ、バッグなどでファーなどの異素材を取り入れると、よりおしゃれ度が上がります。

ロールアップデニムを楽しみましょう!

デニムの裾を少し巻き上げて仕上げるロールアップが、季節問わず楽しめるファッションテクニックの1つとして注目されています。

ロールアップの着こなしは、デニムのスタイルや靴の選び方がとても重要なポイントです。

ロールアップ幅の基本は3cm程度ですが、スタイルやデニムの裾幅によって変えながらおしゃれな着こなしを楽しみましょう。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…