マスクをすると耳が痛いのはなぜ? その原因とマスクの選び方&耳が痛くならない方法をご紹介!

花粉症やインフルエンザ、新型コロナウイルス感染症対策として、生活必需品となりつつあるマスク。ですが、長時間の着用になると、「マスクをつけていられないほど耳が痛い」「息苦しくなった」という経験があるのでは?

そこで今回は、「マスクで耳が痛くなる原因」を徹底リサーチ! 一日中マスクを装着していても耳が痛くならないコツをご紹介します。

マスクで「耳が痛い」と感じるのはなぜ?

マスクのサイズが合っていないから

マスクをすると耳が痛いのはなぜ? その原因とマスクの選び方&耳が痛くならない方法をご紹介!

マスクを着用していて、耳の「付け根」や「裏側」が痛いと感じるときは、あなたが選んだマスクのサイズが合っていない可能性があります。

顔の大きさに対して小さなマスクを選んでいませんか? 長時間マスクを着用していると、耳がゴムに引っ張られて強い痛みを伴うことがあるので注意が必要です。

マスクのゴムが細いから

マスクの大きさと合わせてチェックしておきたいのが、マスクのゴムの太さです。

細いゴムのマスクは、耳への負担が一点に集中し食い込みやすくなります。特に輪ゴムのように丸い形状のゴムの場合は痛みが出やすい傾向があるので気をつけましょう。

メガネと併用しているから

マスクとメガネを併用していると、耳の裏への負担が大きくなり痛みを感じやすくなります。痛みを我慢していると、さらに悪化して治りが遅くなることも。

「耳が痛い」と感じたときは、できるだけ併用を避けた方がよいかもしれません。

耳が痛くならないマスクの選び方は?

顔のサイズの合ったマスクを選ぶ

マスクをすると耳が痛いのはなぜ? その原因とマスクの選び方&耳が痛くならない方法をご紹介!

耳が痛くならないようにするには、自分の顔のサイズに合ったマスクを使用することが大切です。顔に合わないマスクは密着性が悪く、隙間から花粉やウイルスが侵入するなど十分な効果が得られません。

まずは、親指と人差し指でL字を作ってサイズ測定してみましょう。耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当てて、鼻の付け根から1cm下のところに人差し指の先端を当てます。そして、親指から人差し指までの長さを測ってください。

この長さが9~11㎝は「こどもサイズ」、10.5~12.5㎝は「小さめサイズ」、12~14.5㎝は「ふつうサイズ」、14㎝以上は「大きめサイズ」がベストサイズです。

耳に食い込みにくいゴムを選ぶ

マスクのゴムが耳に食い込んだ状態が続くと、耳の裏に強い痛みを感じやすくなります。耳への負担を減らすためには、サイズの合ったマスクを選ぶことに加えて、ゴムの幅が広いマスクを選ぶとよいでしょう。

平タイプのゴムのほか、ふわふわとした付け心地で伸びやすいゴムを採用しているマスクも販売されています。装着したときに、できるだけ5mm以上の幅をキープできるマスクがおススメです。

SNSで話題! マスクで耳が痛くなるのを回避する工夫

1:ゴムをかける場所を工夫する

「自分にぴったりのマスクを選んだはずなのに、やっぱり耳が痛くなる」「どうしても小さめサイズのマスクしか手に入らない」

そんなときに試していただきたいのが、ゴムをかける場所の調節です。輪ゴムやクリップを用意して、左右の耳かけゴムを「後頭部」や「首回り」にかかるまで延ばしてみましょう。

耳ではなく、後頭部や首回りまでマスクのゴムを回すことで、耳への食い込みや痛みを回避することができます。輪ゴム1本では長さが足りないときは、2本に増やしてみてください。

マスクのゴムと輪ゴムを結んだあとは、頭の上からマスクをかぶるように装着するため、ギリギリのサイズだと途中で外れてしまうことがあります。外出時に輪ゴムが外れてしまった場合に備えて、輪ゴムやクリップを準備しておくとよいでしょう。

ただし、輪ゴムを使ったゴムの延長によって、顔とマスクの間に隙間ができてしまっては本末転倒。隙間から細菌やウイルス飛沫が侵入してしまいます。マスクが顔にしっかりとフィットするよう調節してください。

2:メガネのツルにゴムを巻き付ける

マスクをすると耳が痛いのはなぜ? その原因とマスクの選び方&耳が痛くならない方法をご紹介!

マスクとメガネの二重装着は、痛みを強くする原因の一つ。しかし、これを逆手にとって痛みを回避している方も多いといいます。

それは、マスクのゴムをメガネのツルに通すという裏技!

ただゴムを通すだけでも装着可能ですが、ゴムがたるんで顔とマスクの間に隙間ができてしまうことがあります。マスクの大きさやゴムの長さに応じて、ツルに通したゴムをを2~3回グルグルと巻き付けて調節するのがポイントです。

また、メガネにかける前にゴムひもの根元を抑えて、ゴムを伸ばしておきましょう。メガネのツルに巻き付けているとき、プチっと取れるのを防いでくれます。

3:束ねた髪の毛にかける

マスクのゴムを束ねた髪の毛に引っ掛けて、痛みを回避する方法もあります。長い髪の毛をまとめて顔周りがスッキリするのはもちろん、マスク効果で横顔美人になれるとSNSでも話題です。

髪の毛を束ねるのに十分な長さがない場合は、パッチン止めクリップにマスクのゴムを引っかけて、耳の後ろで止める方法もあります。髪の毛と同じ色のクリップを使用し、上から髪を被せて隠せば、よりオシャレ度がアップしますよ。

4:ゴムひもに当て布をする

外出先など、どうしてもマスクを外せない場所で「耳が痛い」と感じたときは、脱脂綿やティッシュペーパーをゴムひもに巻き付けて応急処置をしてみてください。肌との接触面積を広げることで、耳への食い込みが軽減し、辛い痛みを回避できるはずです。

また、耳かけゴム専用のシリコン製カバーも販売されています。脱脂綿やティッシュペーパーでは見た目が気になるという方は、ぜひチェックしてみてください。髪の長い方は、髪をおろして耳周りを隠すことで、見た目の違和感もなくなります。

5:ヘッドホンの耳当てに引っかける

音楽が好きでヘッドホンをする機会が多い方は、耳当て部分にマスクのゴムを引っかけるのも一つの方法です。それだけでストレスなくマスクを装着できます。

また、寒い季節はヘッドホンが耳当ての役割も担ってくれるため、より実用的になります。冬場は音楽×防寒×マスクの組み合わせで、耳の痛みから解放されてください!

まとめ

マスクをすると耳が痛いのはなぜ? その原因とマスクの選び方&耳が痛くならない方法をご紹介!

インフルエンザの流行や花粉シーズンに加えて、新型コロナウイルス感染症の影響で一年中マスクを装着する機会が増えた今。「マスクとの正しい付き合い方」を知らないと痛い目に遭うことも……!

あなたもこれを機に「正しいマスクの選び方」「長時間マスクをしても耳が痛くならないコツ」を徹底的にマスターしてみてはいかがですか?

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…