世界中どこでもいつでも受講可能!オンラインダンスレッスンのメリットは?

新型コロナウイルス感染症予防のため、緊急事態宣言解除後も「新たな生活様式」の定着に向けた協力が求められています。

「遊びに行くなら屋外っていわれても、やっぱり大好きなダンスは続けたい!」「でも、スタジオでのレッスンは難しいし、外出はできるだけ控えたい」

そこで注目を集めているのが、オンラインダンスレッスンです。

オンラインダンスレッスンには、どのようなメリット・デメリットがあるのがあるのでしょうか。レッスンを受けるポイントと併せて詳しく解説します!

オンラインダンスレッスンとは?

オンラインダンスとは、オンラインサービスを利用したダンスレッスンのことをいいます。

オンラインダンスレッスンには、FacebookやInstagram、YouTubeなどの配信機能を利用して自分のペースで練習を進めることのできる「クラウドレッスン」と、オンラインサービスを利用して実際に講師とリアルタイムでやりとりをしながらレッスンを進める「リアルタイムオンラインレッスン」があります。

「クラウドレッスン」は、生徒のレベルに合わせたレッスン内容・練習動画を観ながら自主練習をします。練習を終えた後は、課題を動画撮影して先生に送信することで、添削を受けることも可能です。

「リアルタイムオンラインレッスン」は、「Zoom」や「Skype」などのオンラインサービスを利用して行うレッスンで、教室に通わなくてもリアルタイムに指導を受けることができます。

個人・グループレッスンともに、講師との対話が可能です。

「オンラインダンスレッスン」のメリットは?

1:感染症のリスクを回避できる!

オンラインダンスレッスンは、基本的に自宅で遠隔レッスンを受けるため 、「密閉」「密集」「密接」の“3密”を回避することができます。

2:いつでもどこでも受講できる!

インターネット環境×デバイスさえあれば、世界中のどこにいてもダンスレッスンが可能です。スタジオレッスンのように人数制限がかかることもありません。

空き時間を利用して、個人・グループレッスンの受講ができます。

3:オンライン接続がとっても簡単!

オンラインダンスレッスンに導入されているオンラインサービス「Zoom」は、難しいインストールや設定の必要がありません。

講師から送られてくる招待URLをクリックするだけで、簡単に接続可能です。スマートフォンやタブレットなど、インターネットに接続しているデバイスが手元にあれば、誰でも簡単にレッスンをスタートできます。

4:散らかった部屋×ノーメイクでも参加できる!

オンラインサービス「ZOOM」には、自動で背景を隠す機能があります。

散らかった部屋が画面に映るのを気にすることなく、レッスンに参加できます。また、自宅でリラックスしながら、ノーメイクでダンスレッスンに参加したいときには、ビデオをオフにすれば自分の顔が映る心配もありません。

5:レッスン動画をシェア&反復練習できる!

スタジオレッスンでは難しいレッスン時の動画撮影も、オンラインダンスレッスンでは簡単に行うことができます。

録画したレッスン中の動画は、クラウドを利用すれば参加者へのシェアもラクラク! ダウンロードして閲覧すれば、自宅での自主練習も捗ります。

「オンラインダンスレッスン」のデメリットは?

1:映像と音声にズレが生じる

どんなオンラインサービスを利用しても、映像や音声に多少の時差が生じてしまいます。回線状況によっては、画面がフリーズしてストレスを感じる瞬間があるかもしれません。

講師が目の前にいて指導してくれるスタジオレッスン時に比べて、伝わりにくい点もあるのは仕方ありません。

2:思いっきりダンスできない

オンラインダンスレッスンを受講する時間帯によっては、マンションやアパート、同居人の目が気になって、思いっきり踊れないこともあるかもしれません。

騒音対策のため、ワイヤレスイヤホンの使用をおススメします。

3:高速ネット環境を準備しなければならない

レッスン中に回線が止まったり、ノイズが走るなど、映像や音声の時差が頻繁に生じてしまっては、満足いくレッスンを実現できません。

できるだけ回線速度の速い光回線×Wi-Fi環境を準備しましょう。

通信量や通信料金を気にせずにインターネット利用をできます。毎回同じ場所でのレッスンが難しい場合は、ポケットWi-Fiも検討してはいかがですか?

オンラインダンスレッスン時にあると便利なモノ3つ

1:広角レンズ

スマートフォンやタブレットでレッスンを受講しようと検討している方は、広角レンズがあった方がよいでしょう。

パソコンの場合は、内蔵マイク付きのWEBカメラを取り付けると、伸び伸びとダンスレッスンを受けられます。

2:スピーカー

スマートフォンやタブレットでの音源には、限界があります。

スタジオレッスンのような満足感を得るには、コンパクトなものでも構わないのでスピーカーを準備してみてはいかがですか?

3:スマホ/パソコンスタンド

レッスン中にスマホやタブレット、パソコンをちょうどいい高さに調節するためには、専用のスタンドを準備しておくのがベストです。

転倒する心配をすることなく、レッスンに集中できます。

オンラインダンスレッスンの受講方法

1:「Facebook」や「Instagram」を使ったライブ配信

グループレッスン時に多く利用されるのが、「Facebook」や「Instagram」のライブ配信機能を使ったクラウドレッスンです。

ライブ配信のため、実際に顔の見えるレッスンはできませんが、コメントを通して質問に答えることができます。

不特定多数の生徒を対象としたレッスンのほか、Facebookは「非公開グループ」、Instagram承認した人だけが見られる「別アカウント」を作成すると、プライベートレッスンの配信も可能。

「○月○日○時~○時まで、オンラインレッスンします!」といった告知は要チェックです。

2:「Zoom」を使ったオンラインダンスレッスン

1度に50人と同時にビデオチャット可能な「Zoom」は、会社の会議に使われるミーティングアプリ。

通信が非常に安定しているため、リアルタイムオンラインダンスレッスンに多く導入されています。

レッスン開始10分前になると、チェックイン可能になります。オンラインダンスレッスン用URLをクリックして、準備しておきましょう。

充電が十分でないと、画面が消えたり音声のみの配信になってしまうことがあるので注意が必要です。

オンラインダンスが向いている方は?

オンラインダンスレッスンのジャンルは、ストリートダンスからヒップホップ(HIPHOP)ダンス、ジャズダンス、ロックダンス、ハウスダンスなど、実にさまざま!

超初心者レベルからプロのダンサーを目指すレベルまで、レベルに合わせたレッスンが可能です。

・感染症のリスクを回避しながら、自宅でダンスを楽しみたい方
・自分のペースでレッスンを受けたい方
・オンラインダンスで友達を増やしたい方
・ストレスを発散したい方
・こっそりダンスを楽しみたい方

興味のある方は、まずはお試しレッスンを受講してみてはいかがですか?

まとめ

スタジオまで足を運ばないと受講できなかったダンスレッスンが、オンラインで受講ならいつでもどこでも受講可能です。

スマートフォンやタブレット、パソコンをお持ちの方は、ぜひ一度トライしてみて!

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…