不倫は百害あって一利なし! 決して幸せになれない理由とは?

 私は完全なる「不倫否定派」です。大きな理由として、そこに登場する誰もが幸せにならない仕組みだからです。ここでは、男性側の視点も含め、女性が不倫しても幸せにならない理由やリスクについてお伝えしたいと思います。

■男性が不倫や浮気をしてしまう理由

 男性が「不倫してしまうきっかけ」を考えてみましょう。第一のきっかけとして考えられるのは、奥さんとうまくいっていない状態です。夫婦共働きでお互い仕事が忙しく、二人で過ごす時間や休日があわないと徐々にコミュニケーションが不足していきます。

 奥さんとうまくいっていない場合、男性もその寂しさを他の女性に求めることで解消しようとします。芸能人同士が結婚しても時間のすれ違いから、浮気、破局に陥ることはこの典型だと思います。

 もっとシビアなことをいうと、奥さんと仲が良くても、男性の性的な衝動は別次元なことがあります。欲求を押さえられず理性が利かないと、衝動的に浮気してしまう場合があります。

 正直これは、その男性が持つモラルや理性に歯止めが利くかの問題ともいえます。責任感が欠如していたり、パートナーに対して尊敬や感謝の念が足りないと、あっという間にその一線を超えてしまう男性もいるのです。

 現実問題として大切な家族がいる場合には、離婚やそこから生じる子供との別離など、リスクや代償が大きいため多くは理性で抑えます。夫婦間の信頼関係、そしてコミュニケーションが問われるといえるでしょう。

■男性の本気度により、人生が左右される

 ちょっとした浮気から始まる不倫でも、男性の本気度と夫婦関係により、相手の女性の人生が変っていきます。

 夫婦関係が破綻し、離婚に向けた渦中でその女性と出会ったのか? その女性との不倫が原因で離婚話へと発展していったのか? さらに、男性は離婚する気はなく不倫関係を続けたい場合の3パターンがあります。
 
 最初の場合であれば、子供がいなければ、よりスムーズに話合いが進むかもしれません。後者二つの場合には、不倫相手の女性が幸せになっていくことは難しいでしょう。

■真実は彼の言葉ではなく、行動にある

 もし、あなたが不倫中の場合、彼の本気度の見分け方も検証しなくてはいけません。彼が週末は会ってくれない、電話にも出てくれない、メールの返信もない、デートはもっぱら平日の夜が中心……彼との関係がそんな傾向であれば、彼は家庭を壊してまで、あなたと新たな人生に賭けるという勇気はないはずです。

 いくらあなたに「近いうちに離婚をするつもりだから、もう少しだけ待ってくれ」と結婚をほのめかしても、付き合って半年経過し、何の進展もなく言い訳や説明だけをするような男性は、まさに口先だけでしかありません。

 どんなに自分を誤魔化そうが、彼のリアルな行動を観ていれば、必ずそこには事実しかありません。渦中であれば、多くの女性はまさに見ないフリをして未来に希望的観測を抱くだけなのです。
 
■夫婦の関係は切れても、親子の関係は切れない

 不倫中の女性からみれば奥さんをライバル視しているかもしれません。ただ、奥さんには恋愛レベルの女として勝てても、子供に対する愛情では勝てないでしょう。

 男性であっても子供への愛情は単なる恋愛感情とは違うので比べることができません。シンプルに言えば「家族と他人」の違いです。恋愛は人生の中でのひとときかもしれませんが、子供とは宿命的な関係なので切れようがないのです。

 結果的に彼が離婚した場合にも、当然、慰謝料や養育費の問題がからんできます。晴れて結婚できたとしても、その代償を背負っていかねばならないのです。そこで責任を放棄するような男性であれば、残念ながら、また同じことを繰り返す可能性があるため、次の被害者は自分になりかねません。

 不倫は自己責任です。きっかけは彼が積極的に口説いてきたとしても関係ありません。女性にとっては大切な時間を投資するため、別れた場合に結婚や出産へのタイムリミットのリスクはすべて自分に返ってくることを、十分に認識して行動したいものです。そもそも絶対的に幸せになれる結婚生活とは、多くの人から祝福や応援される夫婦であるということをお忘れなく。

【恋愛ガイド:久野 浩司】