義理堅いってどんな意味? 特徴14コと義理堅い人と恋愛をするメリット4つ

みなさんの周りに「義理堅い人」と評されるはいますか?

義理堅い人は他人から受けた恩を決して忘れず、常に感謝の気持ちを持って相手に報いようとするでしょう。

この記事では義理堅い人の特徴に加えて、そんな人物と恋愛をすることのメリットについてご紹介しています。

義理堅いとは

義理堅いってどんな意味? 特徴14コと義理堅い人と恋愛をするメリット4つ
みなさんの周りに、「義理堅い」と評される人はいますか?

あるいは、あなた自身が「義理堅い人だね」と言われたことはないでしょうか。

一般的に「義理堅い」とはポジティブな意味合いで使われる言葉であり、人の性格を表す際に用いられます。

この記事では、義理堅い人の特徴や、義理堅い恋人をもつメリットなどについてご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

意味

そもそも、「義理堅い」とはどのような意味をもつ言葉なのでしょうか?

ここではまず、その意味について簡単に確認しておきましょう。義理堅いとは、義理をきちんと守ることを意味する言葉です。

義理とは人として守るべき道徳や倫理観、あるべき振る舞いなどを意味する言葉であり、誠実であり信頼に値する人物のことを、しばしば「義理堅い人だ」と表現します。

義理堅い人の心理4つ

人と人との関係が以前よりも希薄になったと言われる現代社会においては、昔のように「義理」や「人情」といった言葉を耳にする機会は少なくなったでしょう。

それに伴って、「義理堅い」と評される人も少なくなったのかもしれません。

ですが、義理堅い人は現代社会においても周囲から信頼され、尊敬を集める存在と言われています。

ここからは、そんな義理堅い人の心理について詳しく見ていきましょう。

義理堅い人の心理1:周りの人に恩を感じている

義理堅い人の心理としてまず挙げられるのが、周りの人に恩を受けたと感じ、感謝しているということです。

誰しも、一人で生きていくことなどできませんよね。

小さい頃はもちろんのこと、大人になってからも誰かの親切な行いを知らず知らずのうちに受けているものです。

多くの人はそうしたことに無自覚ですが、義理堅い人は、他人から受けた親切を決して忘れることはありません。

義理堅い人の心理2:常に周りからのサポートや応援を感じている

「今の自分があるのは、周囲からサポートしてもらっているからだ」と感じているというのも、義理堅い人の心理として挙げられるでしょう。

たとえ自分が死に物狂いで努力をして大きなことを成し遂げたとしても、「自分が頑張ったから成功した」と考えるのではなく、「自分を支えてくれる人たちがいたからこそ、自分は頑張れた。だから周囲のサポートに感謝して報いなければならない」と考えるのです。

義理堅い人の心理3:してもらったことに感謝したいと思う

義理堅い人の心理の一例としてご紹介したいのが、受けた親切に対して感謝したいと考えているということです。

残念ながら、世の中には他人から親切にしてもらっても「当然のこと」と考えて、感謝の気持ちを微塵も持てない人も一定数存在します。

このような人々とは対照的に、義理堅い人はどんな小さな親切であっても、誰かからしてもらったことに対しては深く感謝し、できるならば自分も相手に何かお返しをしたいと考えているのです。

義理堅い人の心理4:人を疑わない

人に対して疑いの心をもたないというのも、義理堅い人の心理として考えられるでしょう。

たとえば誰かから助けてもらったとき、「何か裏があって自分に優しくしているのではないか?」と疑うようなことはありません。

義理堅い人は純粋な心をもっており、他人から親切を受けたときには、素直に相手の好意を受け取り、「この人はとても素敵な人だな」と相手をポジティブに評価することができるのです。

義理堅い人の特徴14選


ここまでは、義理堅い人ならではの心理について解説してきました。

義理や人情といったものが「古臭い」ものとして軽んじられることも少なくない現代だからこそ、あらためて義理堅い人の素晴らしさを感じることでしょう。

では、具体的にどのような特徴をもっていれば、義理堅い人だと言えるのでしょうか?

ここからは、義理堅い人ならではの特徴を14個厳選してご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

義理堅い人の特徴1:約束を守る

義理堅い人の特徴としてまずご紹介したいのが、約束したことは絶対に守るということです。

たとえどんな小さな約束事であっても、破ることはないでしょう。

約束を破るということは、義理堅い人にとってあり得ないことであり、万が一約束を破ってしまった時には自分を深く責めるでしょう。

誠実な性格をしており、「他人を裏切ってはいけない」という倫理観を強く持っているとも言えます。

義理堅い人の特徴2:恩を忘れない

受けた恩を決して忘れることがないというのも、義理堅い人の特徴の1つとして挙げられるでしょう。

たとえどんなに些細な親切であっても、義理堅い人は誰かにしてもらったことを忘れることはありませんし、機会があればその恩に報いたいと考えています。

「何かをしてもらって当たり前」という傲慢な考えがなく謙虚だからこそ、他人の親切に感謝し続けることができるのでしょう。

義理堅い人の特徴3:礼儀正しい

義理堅い人の特徴のひとつとして、礼儀正しいということも挙げられます。

人間関係が良くも悪くも希薄化した現代社会においては、以前と比べると他人に対して礼を尽くす人が減ってきていると言われています。

ですが、義理堅い人はどんな時でも礼儀を忘れず、相手に対して誠実な振る舞いをします。

たとえば、相手に挨拶をする必要がないことや、電話だけですませても問題ないようなことであっても、わざわざ相手のもとを訪ねて挨拶をするでしょう。

義理堅い人の特徴4:責任感がある

責任感があるというのも、義理堅い人ならではの特徴として挙げられるでしょう。

義理堅い人は、「自分がみんなのために何かをしてあげなければいけない」「みんなが幸せになるのならば、自分が苦労をしてもよい」と考える傾向にあります。

そのため、誰かがミスをしても見捨てることはありません。必ずその人に寄り添い、最後まで手助けをしてあげようとするでしょう。

だからこそ、義理堅い人はリーダーシップに優れており、周囲の人々から慕われるのです。

義理堅い人の特徴5:疑わない

義理堅い人の特徴の1つとして他人を疑わないということも挙げられます。

もちろん、義理堅い人は盲目的であるわけではなく、善悪を見抜く目をきちんともっています。

ですが、一度信頼した相手に対しては猜疑心を抱くことはないでしょう。

たとえ疑問に感じる行動を相手がとったとしても、「きっと何か理由があるに違いない」「相手が打ち明けてくれるまで問い詰めないでおこう」と考えるはずです。

義理堅い人の特徴6:損得勘定がない

損得勘定で行動しないというのも、義理堅い人ならではの特徴です。

自分にとって利益をもたらしてくれそうな相手にだけ優しい態度を取り、利益にならなそうな人に対してはそっけない態度をとる人もいるでしょう。

ですが、義理堅い人は自分にとって「得か損か」という基準で物事を判断することはありません。

恩を受けた相手に対しては、たとえ自分が損をしたとしても助けの手を差し伸べようとするでしょう。

義理堅い人の特徴7:謙虚

義理堅い人の特徴の1つとして忘れてはならないのが、謙虚であるということです。

そもそも、傲慢な性格の持ち主は他人に優しくしてもらったとしても、「自分が親切を受けるのは当たり前のことだ」と考えるため、感謝の気持ちを持てません。

反対に、義理堅い人は謙虚な性格をしているため、誰かから少し優しくされると「ありがたい」と感謝するのです。

義理堅い人の特徴8:几帳面

几帳面であるというのも、義理堅い人によく見られる特徴として挙げられるでしょう。

真面目で繊細な性格をしているからこそ、どんなに小さなことであっても相手に対してマナーのある態度を取ろうとします。

親しい間柄であっても礼を失することなく、常に礼儀正しく振る舞えるのは、義理堅い人が几帳面な性格をしているからだと言えるでしょう。

義理堅い人の特徴9:正直者

義理堅い人の特徴として、嘘をつかないということも挙げられます。

まったく嘘をつかないというわけではありませんが、相手を騙すためや、自分の保身のために嘘をつくことはしません。

義理堅い人は総じて誠実で真面目な性格をしており、嘘をつくことで人を傷つける行為は「人としての道理にもとる」と考えているからです。

たとえ自分が損をするとわかっていても、自分の中の「正義」を貫くために、嘘をつかずにありのままの事実を伝えようとするでしょう。

義理堅い人の特徴10:マメ

マメであるというのも、義理堅い人の特徴であり共通点であると言えます。

自分に親切にしてくれた相手に対して常に感謝の気持ちをもっており、それを具体的な行動にしたいと考えているからこそ、マメに相手にお中元を贈ったり手紙を書いたりします。

また、たとえ疎遠になった相手であっても、恩を受けた人のためであれば忙しい時でも時間を作ったりするでしょう。

義理堅い人の特徴11:周りに気を配る

周囲の人に対する気配りを欠かさないというのも、義理堅い人の特徴と言えるでしょう。

「自分はこれまでの人生の中で、多くの人たちにお世話になってきた」という感謝の気持ちがあるからこそ、自分が受けた親切を他人にもおすそ分けしてあげようとします。

自分のことだけでいっぱいいっぱいにならず、他人のことを考えてあげられる心の余裕を持っている人物であるとも言えるでしょう。

h3-義理堅い人の特徴13:包容力がある義理堅い人の特徴12:尽くす

自分に親切にしてくれた人に対しては、最後まで見捨てることなく尽くしてあげるというのも、義理堅い人の特徴であり長所ですよね。

「愛情深い」あるいは「人情深い」といった表現も当てはまるでしょう。

たとえば、自分の命をなげうってでも、自分を救ってくれた君主に対して最期まで尽くした歴史上の戦国武将たちは、義理堅い人間のお手本だと言えます。

義理堅い人の特徴13:包容力がある

義理堅い人の特徴のひとつとして知っておきたいのが、包み込むような優しさがあるということです。

包容力があり、人としての器が大きいとも言えるでしょう。

他人を思いやる優しさがあり、多少のミスを犯しても許してあげられる寛容さを持ち合わせているのです。

そのため、義理堅い人と一緒にいると心から安らぎを感じられるでしょう。

義理堅い人の特徴14:断るのが苦手

「ノー」と言えないというのも、義理堅い人の特徴であるといえるでしょう。

義理堅い人は、過去に恩を受けた相手に対しては礼を尽くそうとします。

そのため、たとえ自分にとって都合の悪いことを頼まれたとしても「ノー」とは言いにくいのです。

加えて、他人を傷つけることが嫌いで優しい心根の持ち主だからこそ、断るのが苦手だと言えるでしょう。

義理堅い人と恋愛をするメリット4選

キスの仕方で女の扱い方が義理堅いってどんな意味? 特徴14コと義理堅い人と恋愛をするメリット4つ分かる? 「紳士な男」診断
ここまで見てきたように、義理堅い人の特徴のほとんどはポジティブなものばかりです。

残念ながら、現代社会において昔のサムライのように義理堅い人はそう多くありません。

ですが、義理と人情を大切にする誠実な人はちゃんと存在するのです。

ここからは、義理堅い人と恋愛をするメリットについてチェックしていきましょう。

義理堅い人と恋愛をするメリット1:異性関係の心配がない

義理堅い人を恋人にするメリットとして挙げられるのが、異性関係で心配をする必要がないということです。

不誠実な恋人をもつと、「自分以外の異性とこっそり会っているのでは?」「心変わりをしてしまうのでは?」と何かと不安になってしまいますよね。

その点、義理堅い人はたった一人の愛する人だけを大切にしてくれるので、異性関係のトラブルが起こる可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

義理堅い人と恋愛をするメリット2:尽くしてくれる

尽くしてくれるというのも、義理堅い人と付き合うメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

せっかく恋人同士になったのに、そっけない態度をとられたり、一方的に尽くすことを強要されるのはとても辛いことですよね。

義理堅い人を恋人に選べば、愛情をもって献身的に尽くしてくれるので、愛情で満たされて幸せを感じることができるでしょう。

義理堅い人と恋愛をするメリット3:信頼できる

人としても恋人としても信頼できるというのも、義理堅い人と恋愛をするメリットのひとつに数えられます。

義理堅い人は「誠実」「真面目」を具現化したような人物であり、恋人に嘘をついたり隠し事をしたりすることはありません。

不実な行動を取ることがないので安心して付き合えますし、「もしかすると私を裏切っているかも」と疑心暗鬼に陥ることもないでしょう。

義理堅い人と恋愛をするメリット4:交友関係が広い

義理堅い人は人付き合いを大切にするものです。

昔の知り合いであっても関係を疎かにせずに、マメに連絡を取るため、知り合いや友達が多いと言えるでしょう。

そのため、義理堅い人と付き合うと、その人を通じて交友関係が広がるというメリットが得られます。

多くの場合、その知人・友人は義理堅い人と同様に善人であるため、素敵な人たちとの出会いに恵まれるでしょう。

義理堅い人について知ろう

いかがでしたか?
今回は義理堅い人の特徴や心理についてご紹介しました。

昔に比べて、「義理堅い」という言葉を耳にすることは少なくなりましたが、近くにいる人やあなた自身ももしかしたら義理堅い人かもしれません。

自分自身を見つめ直したり、周りにいる人を改めて注意深く見てみると、相手を知るきっかけになるでしょう。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…