素直になれない女性の特徴・心理11選!素直な気持ちを表現しよう

「好きな人の前で、つい可愛くない態度をとってしまう」「本当は彼氏に甘えたいのに、自分をさらけ出すのが恥ずかしくて素直になれない」と悩んでいる女性も多いことでしょう。

そんな女性のために、この記事では素直になれない女性の特徴やその改善方法についてご紹介しています。

素直になれない人とは

みなさんは普段から、自分にとって大切な人に自分の気持ちを素直に伝えることができていますか?

素直になれない人は、どんなにつらく寂しい時であっても、助けの声を上げることができず、強がったり可愛くない態度をとってしまいがちです。

本当に好きな人には甘えたいと思っているのに、ついツンツンした態度をとってはいませんか?

この記事では素直になれない女性の特徴や心理について徹底解説しているので、ぜひご覧ください。

素直になれない人の行動

みなさんは、自分が素直な人間だと思いますか?大切な人に対しては素直で誠実でありたいのに、自分の心とは裏腹に素直になれない」と悩んでいる女性も少なくないことでしょう。

そもそも、素直になれない人はいったいどのような行動パターンをとるものなのでしょうか?ここではまず、素直になれない人によくある行動パターンを2つピックアップしてご紹介していきます。

行動:恋人や彼氏に気持ちとは反対の態度を取ってしまう

素直になれない人にありがちな行動としてまず挙げられるのが、恋人や彼氏に対して、気持ちとは真逆の可愛くない態度をとってしまうということです。

たとえば自分に非があって口論になってしまったとしても、喧嘩の後に「私が悪かった、ごめんね」と素直に謝罪の言葉を口にできないことが挙げられます。

本当は反省した姿を見せたいのに、意地を張ってわざと威圧的な雰囲気を出してしまい、「なんであんなことをしてしまったんだろう」と後悔する人も多いでしょう。

行動:言葉遣いがそっけない

態度だけでなく、言葉遣いまでもがそっけないというのも素直になれない人によくある行動パターンですよね。

たとえば誰かが転んだところを見たとき、本当は「大丈夫?怪我はしていない?」と心配したり労わりの言葉をかけてあげたいのに、「そんなところで転ぶなんて不注意だ」「もっと気を付けなさいよ」と、ツンツンしたトゲのある言葉を口にしてしまうでしょう。

素直になれない女性の特徴・心理11選

「愛される毒舌キャラ」診断! 言いたいこと言ってるのに嫌われない!

最近では「ツンデレ」という言葉が人口に膾炙しているように、普段はそっけなくて素直になれない女性であっても、「二人きりのときになるとデレデレと可愛らしい部分を見せてくれるならば好ましく感じる」という男性も少なくありません。

ですが、いつもツンツンしていて素直になれない女性は、友達や好きな人、彼氏から徐々に敬遠されてしまうこともあるでしょう。

ここからは、素直になれない女性の生態を理解するために、その特徴や心理について解説していきます。

特徴・心理1:意地っ張り

素直になれない女性の特徴としてまず挙げられるのが、意地っ張りな性格をしているということです。

強情であり、たとえ自分が間違っていることに気づいていたとしても、それを素直に認めることができません。

本当は素直になりたいのに、意地を張ってしまい、つい心とは裏腹な冷たい態度をとってしまうのです。

また、自分の思い通りにいかないとすぐに怒ったりイライラしてしまうことも多いでしょう。

特徴・心理2:自分に自信がない

自己肯定感が低くて自分に自信がもてないというのも、素直になれない女性によく見られる特徴であり心理状態であると言えるでしょう。

小さい頃から家族や周囲の人々に大切に育てられて多くの愛情を受けてきた女性は、自然と自己肯定感が強くなるため、自分の気持ちをオープンに人に伝えることができます。

反対に、自信がなく自分を卑下しがちな女性は、自らの素直な気持ちを人に伝えることに強い恐怖や不安を感じるのです。

特徴・心理3:人間関係においてトラウマがある

昔は素直な性格をしていた女性であっても、なんらかの対人トラブルに遭遇したことがきっかけでトラウマを抱えるようになり、素直になれなくなったというケースも珍しくありません。

たとえば心から信頼していた友人や彼氏に対していつも素直に自分の気持ちを伝えるようにしていたところ、「あなたのそういうところが嫌い」「思ったことをすぐに口に出すのはあなたの欠点だ」と指摘されたならば、その女性からは素直さが失われてしまうでしょう。

特徴・心理4:嫌われたくない

「自分が考えていることを素直に伝えると、人から嫌われてしまうのではないか?」という不安感が強いというのも、素直になれない女性によく見られる心理状況として挙げられるでしょう。

自己肯定感が低く、「ありのままの自分でいると他人から愛されない」「本音を隠して人付き合いをしなければ他人から疎まれる」と思い込んでいる女性によく見られるケースです。

特徴・心理5:本心を話すことが怖い

素直になれない女性の特徴であり心理のひとつとしてご紹介したいのが、自分の本心を人に伝えることに恐怖心を抱いているということです。

誰しも、他人には知られたくないことや隠しておきたいことはあるでしょう。すべてを自己開陳してしまうと、変に思われたり欠点だらけのダメな人間だと思われてしまう可能性もあります。

こうした恐怖心ゆえに、素直になれずに自分の本心をひた隠しにしてしまう女性も少なくありません。

特徴・心理6:恋愛経験が少ない

女友達の前では比較的素直に振る舞うことができるのに、好きな人の前ではついツンツンした態度をとってしまう女性の場合、恋愛経験が少ない傾向にあります。

ある程度男慣れしていて恋愛経験がある女性ならば、好きな人や彼氏に対して可愛らしく甘えることができるからです。

他方で、男性の前でどう振る舞えばよいのかわからないシャイで初心な女性は、本当は好きなのに、照れ隠しのために好きな男性に対して冷たくしてしまうのでしょう。

特徴・心理7:人間不信な部分がある

自分以外の誰も信用できないというのも、素直になれない女性によくある特徴のひとつに数えられるでしょう。

端的に言えば、人間不信な部分があるのです。たとえ血を分けた家族であったとしても、心から信頼をすることができないこともあるでしょう。

幼少期に辛い体験をしたり、あるいは信頼していた誰かにひどく裏切られた経験がある女性は、他人に対して心を開けなくなってしまう傾向にあります。

特徴・心理8:プライドが高すぎる

自己肯定感が低すぎても他人に対して素直に振る舞うことができなくなってしまいますが、反対に自尊心が高すぎても自分以外の人に心をオープンにできなくなってしまうでしょう。

誰しも多かれ少なかれプライドを持っているものですが、プライドがあまりにも高すぎると、自分よりも劣った他人に己の本心を素直に打ち明けることが馬鹿らしく感じられてしまうことがあります。

特徴・心理9:他人に否定される経験が多かった

素直になれない女性の特徴のひとつとして知っておきたいのが、昔から他人に否定的なことを言われる経験が多かったということです。

勇気を出して人前で自分の考えを述べたり意見を主張したときに、頭ごなしに否定をされたり馬鹿にされた経験をした女性は、それがトラウマになってしまい、自分の気持ちを素直に他人に伝えることができなくなってしまう傾向にあります。

特徴・心理10:反抗期である

小さいころは天使のように素直で可愛らしかった少女であっても、10代前半から半ばの思春期にかけては反抗的になってしまうこともしばしばです。

女性にかぎった話ではありませんが、多かれ少なかれ思春期の若者は自分の本心を素直に他人に伝えることに気恥ずかしさや抵抗感を覚えてしまいます。

好きな人に対してわざと冷たくそっけない態度をとるのも、思春期特有の現象だと言えるでしょう。

特徴・心理11:他人に敵意を抱きやすい

他人に対する警戒心が異常なほど強いというのも、素直になれない女性ならではの特徴であり心理状況であると考えられます。

猜疑心が強く、たとえ家族や友人・恋人であっても完全に信頼できないと考えている女性は、他人に対して敵意を抱きやすく、それゆえに自分の本心をできるだけ隠そうとします。

このような女性は、「素直でいると他人に騙されたり付け込まれたりしてしまう」と考えているのです。

素直になるためにするべきこと3つ

「ツンデレ」な女性に魅力を感じる男性も少なくありません。ですが、いつもツンツンしてばかりいると、愛想を尽かされてしまうでしょう。

あなたにとって大切な人に愛してもらいたいならば、素直になれない自分を変える努力が必要です。

しかし、そうは言っても具体的にどうすればよいのでしょうか?ここからは、素直になるための対処法についてご紹介していきます。

するべきこと1:自分の性格を受け入れる

ひねくれた性格を直して素直な女性になりたいのであれば、まずは自分のありのままの性格を受け入れるようにしましょう。どんなに完璧に見える人であっても、長所もあれば欠点もあります。

嫌悪感を抱いてしまう自らの欠点さえも、あなたの一部なのですから、それを否定したり拒絶するのではなく、自分らしさとして受け入れることが必要です。

ありのままの自分を肯定できるようになれば、自分に対しても他人に対しても優しくなれますし、素直になれるでしょう。

するべきこと2:自己肯定する

好きな男性や彼氏から「可愛いね」「好きだよ」と言われると、「私なんて可愛くないから、そんなことを言うのはやめて」と卑屈な言葉を返してしまう女性もいることでしょう。

素直になれない大きな原因は、低すぎる自己肯定感にあります。自分のことが嫌いだからこそ、他人から褒められたりポジティブな言葉をかけられても、それを素直に受け止めることができないのです。

この状況を改善するためには、自分を愛し、どんな自分でも肯定的に受け止めることが必要でしょう。

するべきこと3:相手を信頼する

素直になれない自分を変えたいならば、自分を信じることに加えて、他人を信頼することも大切です。

「適当にお世辞を言っているに違いない」「自分のことを本当に気にかけて大切にしてくれる人なんていない」と猜疑心をもって他人の態度を「チェック」するのはやめましょう。

他人を信頼することができれば、その親切な言葉や行動を素直に受け入れられるようになるはずです。

素直になれない自分と見つめ合おう

素直になれない人の原因や傾向をご紹介しました、いかがでしたか?

自分や相手に素直になれない理由を知ることで、少しずつ素直になれなかったことも変わる近道になるかもしれません。ぜひこの記事を参考に、自分を見つめ直してみてください。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…