オンラインマインドフルネスを取り入れて生活を豊かにしていこう!

巷では今、オンラインマインドフルネスを実践する人が増えてきています。

この記事ではマインドフルネスとはいったいどんなものなのかといったご紹介から、マインドフルネスで得られる効果ややり方、オンラインでできる理由などをご紹介していきます。

マインドフルネスとは?

そもそもマインドフルネスというのは、心を今に向け、今の生き方や考え重視することを指します。

悩みや不安ごとがあると、人間はどうしても先行きのことばかりを考えてしまいがちです。

過去に楽しい思い出があれば、「あの時は楽しかったなぁ……。」とも考えてしまうのが人間です。これらの感情や思い出によって、心は過去や未来を考えることがあるのは誰もが体験することです。

過去や未来を考えてしまうことから今としっかり向き合えない人も多く、そんな人のためにあるのがマインドフルネスとなっています。

過去や未来に囚われるというのは、考える行動が多くなることから、楽しみだけではなく不安やストレスも増幅させてしまうものです。

心を今に集中し、何の過去や未来にも左右されることなく生きる力を得られるマインドフルネスによって、気持ちを穏やかにしてくれます。

穏やかに考え、穏やかに物事を見られるようになることで、不安やストレスから解放するための策が思い浮かぶようになるだけではなく、ポジティブに考えられることができるため、様々な悩みから解放されます。

今を生きる自分を大切にでき、過去や未来に悩まされずに今を楽しみたい人にとっては、ぜひ行うべきものになっています。

オンラインマインドフルネスによって得られる効果って?

研究によって様々な身体的効果を得られるということが実証されているマインドフルネス。

得られる効果は集中力の改善や向上だけではありません。以下のような効果だって得られてしまうのです。

・集中力や記憶力、判断力が身に付き、仕事のパフォーマンス性が高まる
・折れない心としなやかな心で、ストレスに対する回復力が上がる
・不安や落ち込み、怒りに対する感情をコントロールできるようになる
・感情のコントロールができることで自己認識への変化を感じる
・他人を大切に思う心が育ちチームワーク力の向上が期待できる
・自律神経が整うことで体の痛みコリなどを改善し、免疫機能の高まる
・体が健康的になる睡眠の質も向上する など

多くの効果が期待できるものとなっています。

マインドフルネスというのは脳科学や精神医学を研究する学者からこれら様々な効果が得られると言われています。

人生を豊かに感じるように生きるために必要なことが、こんなにもたくさん得られるのは非常に素晴らしいことだと分かるでしょう。

得られる効果は他にもまだまだあります。試してみることで実際にマインドフルネスがもたらす効果の素晴らしさを実感してみるのがおすすめです。

マインドフルネス方法を紹介

マインドフルネスの方法は大きく分けて5つあります。それでは、それぞれを詳しくご紹介していきましょう。

歩行で行うマインドフルネス

歩行で行うマインドフルネスは自身で歩きながら行いっていくものになります。

歩いて得られる感覚を全身で感じ、歩くたびに感じる足の裏の衝撃、足や手といった筋肉の動きや風を切る感覚など、これらの感覚に意識を向けます。

浮かんできてしまった雑念をこれらの感覚で集中する意識に戻すことの瞑想になっています。

歩きながら行うため、歩く場所によっては危険も伴いますが、自然や町、通る人や車を見ながらのんびりと行え、リラックス効果が高くなっています。

ボディスキャンのマインドフルネス

ボディスキャンのマインドフルネスは、仰向けになって瞑想を行うため寝る前には丁度いいものとなっています。

やることで体のコリや痛みをも軽減する効果が得られ、非常におすすめです。やり方としては、仰向けになりつま先方頭までの感覚を順番に感じていくようになっています。

全身の何を感じていくかは、つま先の温度や寝ている場所の肌触り、寝た時の体重によって感じる重さなどです。

足先から様々なものを感じていき頭の色んな感覚を感じたら、またつま先へと感覚を集中させていきます。こうした瞑想法でボディスキャンのマインドフルネスができます。

食事で行うマインドフルネス

食事で行うマインドフルネスは、食べながら感覚を味わう、たったこれだけでできてしまいます。

具体的に説明すると、食べ物を観察して、見た目からどんなことが想像できるか、食べ物を口の中に入れた時にどんな感覚が得られたか感じることで、マインドフルネスができます。

雑念が浮かんできたら感覚に意識を集中させていきます。自然と咀嚼回数も増えやすいためダイエット効果も期待できます。

慈悲のマインドフルネス

慈悲のマインドフルネスというのは身近な人の幸せを願うことによってできます。瞑想によって得られる効果としては集中力だけではなく思いやりの心も育ちます。

人間関係のバランスを保とうとする意識が付き、人によって悩まされることが少なくなる傾向にあるのです。

「○○が幸せでありますように……。」と願うだけでできる非常に簡単なマインドフルネスです。雑念が浮かんできたら、人の幸せを願っていくので心が温まり気分もよくしてくれます。

オンラインでもレクチャーが受けられる!

先ほどの見出しの方法などによって、マインドフルネスができます。それぞれやり方も違えば得られる効果も違います。最初はなかなかコツを掴めない人もいることでしょう。

そのような人はマインドフルネスのプロからレクチャーしてもらうのがおすすめです。

マインドフルネスは自宅でも簡単に学べる内容であることから、オンラインでのレッスンも可能になっています。

マインドフルネスを行っている人を真似するだけで簡単に取り入れられるため、オンラインでマインドフルネスを勉強している人は多くいます。

オンラインマインドフルネスの場を活かし、マインドフルネスを取り入れた生活を過ごすことで、今を大切に生きる力がたくさん身に付いていくのです。

日課になってくると得られる効果を実感してくるはずです。仕事の効率もぐんぐん上がり、人間関係の不安だって解消し、のびのびと生きていけます。

魅力たっぷりのマインドフルネスを、オンラインでのアドバイスを活かしながら自宅や職場などで活用してみてはいかがでしょうか?

おわりに

様々な効果をもたらしてくれるマインドフルネスは私たちの生活において、楽しく生きるための重要な鍵を握る存在になってきています。

マインドフルネスは実際にコーチングしてもらわなくてもできるというのが大きな評価につながっているポイントです。

今後はより多くの人に注目される存在として、オンラインプログラムのレッスンが増えていくのではないでしょうか?

乗り遅れないように、ぜひこれを機にマインドフルネスを生活に取り入れてみませんか?

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…