オンラインレッスンが受けられる人気の音楽教室!受け方や準備の仕方もご紹介

外出を自粛する動きが増えている中、オンラインでの勉強や仕事、趣味の活動などが勢力的になっています。

特に、これまで習い事をしていた人は突然外出自粛となってしまったので、新しいことを学べずヤキモキしていた方も多いのでは?

そこで今回は、オンラインレッスンが受けられる音楽教室をご紹介していきます。

また、オンラインレッスンを受けるための準備についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

オンラインレッスンが受けられる、おすすめの音楽教室

オンラインレッスンを使えば世界各国、どこからでも音楽教室に参加できます。まずは人気のオンラインレッスンが受けられる音楽教室からご紹介していきましょう。

【ネクストリードミュージックスクール】

ネクストリードミュージックスクールは、通信制のミュージックスクールで、PCやスマホから簡単にレッスンを受けられます。

講師とマンツーマン体制を取っており、オーダーメイドレッスンにも対応しているので、自分に合わせて音楽を学べるでしょう。

講師はこれまで音楽制作や指導に関わってきたプロや現役のミュージシャンです。サポートシステムも完備されているので、安心して学べるでしょう。コースは以下の通りです。

・ボーカルコース
・配信シンガーコース
・英詞歌唱コース
・英会話コース
・DTMコース
・音楽理論コース
・ウクレレコース
・アコースティックギターコース
・ベースコース

無料体験レッスンや現在では一部のコースで自粛割引も実施されているので、これを機会にぜひ利用してみてください。

【カフェトーク】

オンライン習い事サイトのカフェトークでは、様々なジャンルの習い事から好きなものを選び、自分に合ったレッスンを見つけられます。

音楽だけでもピアノからギター、バイオリン、弦楽器、管楽器、三味線、ウクレレ、パーカッション、声楽、作詞・作曲・音楽理論など、様々なカテゴリから検索できます。

それほどたくさんの講師が存在するというのが、カフェトークの魅力です。

カフェトーク自体は無料で会員登録が可能となっていますが、レッスンに申し込む際にはポイントが必要となります。

1ポイント=1.1円換算で、銀行振込やクレジットカード、電子マネーを使って簡単に支払えます。

もしレッスン内容に満足できなくてもポイントを100%返却してもらえる保証もあるので、初めての方も安心して学べるでしょう。

【ヴァンクール音楽院】

ヴァンクール音楽院では一流の講師からピアノを学べるオンラインレッスンを開講しています。

月に2回もしくは4回のオンラインレッスンを受講できるのですが、直接指導してもらえる通常レッスンも可能なので、自粛が解除されたらそちらを利用してみるのもおすすめですよ。

また、オンラインレッスンを受講するのが初めてで、機械にもあまり詳しくなく、「ちゃんとつながるか不安…」と感じている人のために、PCのテクニカルサポートも活用できます。

また、何を買っていいのか分からない人向けに推薦機材も紹介しているので、ぜひ公式サイトを覗いてみましょう。

【ABCミュージックスクール】

ABCミュージックスクールは、「初心者のための音楽教室」をテーマに、丁寧な指導を行ってくれる音楽教室です。

オンラインでの対面レッスンから講師が直接訪ねてきてくれる自宅レッスン、音楽スタジオで本格的に学べる音楽スタジオレッスンから選べます。

現在はオンラインでの対面レッスンに力を入れており、無料体験レッスンも実施中です。オンラインレッスンでは下記の4コースが対応可能となっています。

・DTM
・ギター
・ベース
・ボーカル

また、講師とのマッチングは生徒の要望に合わせ、ABCミュージックスクールの代表がコンシェルジュとして最適な講師を選んでくれます。

講師を直接指名することも可能なので、講師のミスマッチを極力防げるでしょう。

skypeやzoomなど、アプリを使ったオンラインレッスンの受け方

ネット越しのバンド活動、巣ごもり期間中のいい思い出作りになるかも

リモートで音楽レッスンを受ける場合、skypeやzoomなどのビデオ通話アプリを用いることが多いです。

上記でご紹介した音楽教室も、skypeかzoomのどちらかで参加するようになっています。

skype・zoomの使い方をあらかじめ知っておくと、スムーズにオンラインレッスンを受けられるようになるでしょう。

ここからはskypeとzoomを使ってオンラインレッスンを受ける方法をご紹介します。

【skypeの使い方】

skypeは、まずアプリをダウンロードしてアカウントを作成する必要があります。

サインイン画面の「新規アカウントを作成」から、指示に従って新しいアカウントを作ってください。

なお、Facebookのアカウントを持っている方は、そのIDとパスワードを使ってskypeのIDを作ることも可能です。

アプリをダウンロードし、アカウントも作成したら通話のテストも行っておきましょう。

例えばスマホでもヘッドセットやマイク付きイヤホンを接続するのであれば、通話テストは行っておくべきです。

当日スムーズにオンラインレッスンが受けられるようになりますよ。

通話テストはskypeのセットアップ時に「サウンドとビデオの確認」で設定しておくことができますが、後から通話テストを行うことも可能です。

ここまで完了していれば、あとは講師の指示に従って講師のアカウントを連絡先へ追加し、通話に出ればオンラインレッスンがスタートします。

skype自体は無料で使えるので、オンラインレッスン以外にも活用してみましょう。

【zoomの使い方】

zoomは元々オンライン会議用のソフトとして開発されたものですが、現在は仕事以外にも様々な場面で活用されています。

skypeとの違いは、わざわざアカウントを作らなくても使用できる点です。アカウントを作るのが面倒と考える人にとっては、使い勝手も良いでしょう。

zoomを使うには、まずアプリをダウンロードしておきます。アプリをダウンロードしたら、あとは講師からzoomの招待URLが来るのを待つだけです。

招待URLが送られてくるのはレッスン当日の数分前になるので、それまで特に準備することはないでしょう。

招待URLが送られてきたら、URLをタップすると勝手にアプリが立ち上がり、そのまま入室画面に映ります。

招待URLと共にミーティングIDも送られてくるので、そちらの数字を入力しましょう。

注意したいのは、ミーティングIDの入力枠の下に「オーディオに接続しない」と「自分のビデオをオフにする」というチェック項目が2つ並んでいる点です。

チェック項目になっているので、ついチェックしてしまいがちですが、ここをタップしてしまうと自分のマイクとカメラがつながらない状態になります。

これでは自分から講師の姿は見えるものの、講師から自分の姿は見えなくなってしまうので注意しましょう。

■おわりに

今回は、オンラインレッスンができる音楽教室と、オンラインレッスンを受ける時の方法についてご紹介してきました。

このご時世、なかなか習い事ができなくて楽しみが少なくなったという方も多いでしょう。

しかし、各音楽教室ではなるべく多くの人に音楽を学ぶ楽しさを伝えようと、オンラインレッスンに力を入れています。

オンラインレッスンで使用されるskypeやzoomは、上記でご紹介したようにとても簡単にビデオ通話ができるアプリです。

今、アプリをダウンロードしてアカウントを作っておけば、音楽教室のオンラインレッスンを受ける時もスムーズに予約できるでしょう。

ぜひskypeやzoomを使って、音楽教室のオンラインレッスンを受けてみてくださいね!

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…