オンラインでつながるzoomでできる中国語レッスンの魅力とは?

この記事では、Zoomを使って中国語を学ぶ方法について詳しくご紹介していきます。

Zoomがよく分からない方のために、ネットを通じて使用するZoomの情報からしっかりとご紹介し、ボリューム満載の記事となってお届けしていきます。

気になる人はぜひご覧になってください。

Zoomっていったい何?

最近よく耳にすることが多いZoomとはどういったツールなのでしょうか。これは、企業向けにビデオ会議をするために作られたツールです。

画面越しに顔を合わせ、リアルタイムでのメッセージング、さらにはコンテンツ共有も可能となっています。

企業向けではありますが、どんな方にも使えるようになっているのがポイントです。家族や友人と通話をしたり、セミナーの授業で使われたりもしています。

そんなZoomは場所、使用するデバイスを問わず使用できることも特徴として挙げられます。

Zoom内のZoomミーティングというシステムが使っているデバイスのカレンダーシステムと同期するようになっており、パソコンといったデスクトップデバイスだけではなくスマホやタブレットといったモバイル型のデバイスでもZoomが楽しめます。

幅広いデバイスに対応し、さらには最大1000人でのビデオ会議に参加できる点も魅力でしょう。 

画面上には最大49人のビデオスクリーンが映し出せるようになっているため、画面越しに大人数で顔を合わせて楽しむ飲み会としても幅広く使用されています。

また、参加者をグループに分けチャットすることもでき、チャット内容の保存や誰とリモート通話を誰と楽しんだかなどの履歴の検索もできてしまいます。

Zoom一つであらゆることの代わりができるため、新型コロナウイルスの拡大によって自粛生活をよぎなくされた頃から大きな評判を集めているのです。

ネットを通じたオンライン上でたくさんのことができるZoomでは、今様々なことができており、中国語も学べるようになっています。

Zoomを使って中国語を学ぶ方法は?

新型コロナウイルスの蔓延によって多くの中国語教室は休校措置を取らないといけなくなりました。

これによりリモート授業が多くなり、スカイプやライン、その他様々なツールを介してオンライン上での授業も主流になっています。

続いてはZoomを使用した中国語の学ぶ方法について説明していきます。多くの人に利用されているZoomの中国語教室にはどのようなものがあるのでしょうか?

ハオ中国語アカデミー

全国に52拠点の教室を構えているハオ中国語アカデミーではZoomを使ったオンラインレッスンが行われています。

パソコン、タブレット、スマホそれぞれで気軽に参加できるようになっており、期間は既に過ぎてしまいましたが、なんと無料でレッスンを提供していた期間もありました。

レッスンはレベル別やテーマ別で中国語を学べるようになっているので、オンラインできちんと理解できるか不安を感じている方にも安心して利用できます。

1クラス4名という少人数制なので分からない部分の質問も気軽にできます。グループの参加者との交流を通じて中国語仲間も増やせるのも魅力的です。

コラボラーニングセンター

コラボラーニングセンターではZoom、スカイプ、WeChatを使って中国語のリモートレッスンができます。

通常は中国語学校や中国語家庭教師としてレッスンが行われているコラボラーニングセンターですが、新型コロナウイルスによる自粛生活によってオンラインのレッスンを行うようになりました。

コラボラーニングセンターの特徴としては1対1のマンツーレッスンを行っていることです。

自分のペースで学べ、分からない部分を分からないままで終わらせないレッスンは非常に魅力的でしょう。

講師は担当制で毎回同じ講師からレッスンを受けられるのも良いポイントです。上記のようなZoomを使った中国語のリモートレッスンがあります。

グループごとで行うもの、個別でレッスンを行うものなど、それぞれ魅力がありましたが、どちらも快適な授業環境でできるZoomを使用している点が大きなポイントです。

リモートでありながらも、実際に教室でレッスンを受けているかのような形が中国語を学ぶ場としての新たなスタイルを築いています。

オンライン上で中国語を学ぶメリット・デメリットについて

webを利用したオンライン本屋が便利! リアル本屋との違いは?

教室には行かず、講師と離れていてもできるリモート中国語教室や中国語講座。メリットだけではなく、デメリットも気になる人は多いかと思います。

続いては中国語のオンラインレッスンのメリットやデメリットについてご紹介していきまましょう。

メリット

まずはメリットですが、なんといってもネット環境や専用のデバイス、Zoomといったツールがあれば、自宅でも中国語を学べる点が嬉しいメリットになります。
中国語のレッスンを受けるためにわざわざ外出する準備は必要ありませんし、通学にかかる時間や交通費もかかってこないため、学ぶための経費を安くできるはずなのです。
また、オンライン授業では講師側が教室や会議室といった場所を使用するわけではないため、そのような場所を使用する費用が削減できオンライン授業の方が比較的料金が安い傾向にもなっています。
さらには、グループでレッスンとなっても、画面共有によって生徒の顔やそれぞれ見ている教材のページなどが確認でき、講師と生徒とのすれ違いが起きないようにするのも容易です。
そのため、「リモート授業だから分かりづらい」なんてことはありませんし、むしろリモートだからこそ得られるメリットは多くなっています。

デメリット

一方デメリットとして挙げられるものには、グループ参加者同士の深い関り合いや、ハイタッチや肩を叩くといった動作を実際に行えないことがデメリットになります。

中国語レッスンでは参加者同士が互いに楽しみながら授業ができるように、ゲームを行いながら学べるようにレッスンを開いているところもあります。

じゃんけん程度であればオンラインの画面越しでもできますが、イス取りゲームやジェンガなどになるとできなくなってしまうのです。

レッスンによってはそれぞれのデバイスにダウンロードできるゲームを使用して中国語レッスンを楽しく行っているところもありますが、一緒の場所でできない分、授業内容が一部制限されてしまうという点が残念に感じるポイントでしょう。

また、身体的な接触ができないため、生徒が上手くいった際のハイタッチや握手、さらには、講師が生徒を励ます際に行う、さりげないタッチなどもできない点がデメリットにあります。

喜びや悲しみを共感するための動作ができないため、講師によっては一緒にやっていて楽しく学べないという問題も出てきてしまうのです。

これらのメリット・デメリットがあるリモート授業ですが、デメリットがあるとは云えども、基本的にはメリットとなる恩恵が多いが故に、今多くの中国語教室ではオンラインでのレッスンが行われ始めています。

これまで教室に足を運びに行っていた方は、これを機にオンラインの授業をやってみることを検討してみてはいかがでしょうか?

時間も費用も無駄にすることなく、真剣かつ楽しく学べる環境で中国語を習得していけます。

おわりに

今回はご紹介してきたオンラインの中国語レッスンは、徐々に数を増やしてきています。特にZoomを使った授業はZoomそのものに多くの魅力がある分、大変人気を集めているのです。

メリット・デメリット共に存在するリモート授業ですが、メリットに感じられるものの方が多く、オンラインでの授業を希望する人が多くなっています。

ぜひ一度オンラインレッスンの利便性の高さを実感してみてはいかがでしょう。

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…