おしゃれな部屋を作るための8つの考え方! ウッドやアイアン素材を選ぼう

季節の変わり目や引越など、節目で部屋のインテリア模様替えする方が多い傾向にあります。

シンプルで統一感があるのがおしゃれな部屋の基本で、床や壁の素材もこだわりたいポイントです。今回はおしゃれな部屋を作るためのポイントや素材の選び方をご紹介します。

おしゃれな部屋とはどんな部屋のこと?

おしゃれな部屋を作るための8つの考え方! ウッドやアイアン素材を選ぼう
おしゃれな部屋とは、壁や床の色がシンプルで、装飾品のデザインに統一感がある部屋に使われる傾向があります。

部屋の家具の間には一定のスペースや隙間を作り、物を置き過ぎないようにバランスよく配置するのが重要なポイントです。

カーテンやクッションのファブリック素材も、季節や部屋のカラーに合わせて選び、目につく場所にはアートや装飾を上手に配置するとおしゃれな部屋になるでしょう。

おしゃれな部屋にするための考え方8つ

おしゃれな部屋にするためには、部屋全体で統一感をだし、空間やスペースを上手に利用することが大切です。

物が溢れていたり、ゴミが散乱しているような部屋は、どれだけ部屋に統一感を持たせてもおしゃれに仕上がらないでしょう。

おしゃれな部屋にするためには、まず部屋に置いてある物をしっかり整理してから考えるといいでしょう。それでは、おしゃれな部屋に必要な考え方について詳しく見ていきましょう。

考え方1:テーマを決めよう

おしゃれな部屋に仕上げるためには、部屋のテーマを決めることが重要なポイントです。

たとえば、モダンでおしゃれな部屋にしたいというテーマであれば、壁はホワイトやブラックなどのワンカラーで統一し、家具も壁の色と合わせたカラーで統一することでモダンなイメージに仕上がります。

部屋のテーマを決めることで、家具やインテリアのイメージが湧きやすくなるので、はじめにテーマを決めてから次に進むことが大切です。

考え方2:インテリア素材はウッドやアイアンを選ぶ

おしゃれな部屋に仕上げるためには、インテリアの一部にウッドやアイアン素材のものを取り入れるのがおすすめです。

ウッドとは木材を使用した素材のことで、温かなぬくもりを部屋に与えることができます。アイアンは鉄を使用した素材で、インテリア装飾でプラスすると、部屋のイメージがグッとおしゃれになります。

考え方3:明るい色合いの家具を選ぶ

おしゃれな部屋に仕上げるためには、部屋にある大きな家具のカラーを明るい色で統一することです。部屋には、テーブルやソファー、ドレッサーなど、さまざまな大きな家具があるでしょう。

大きな家具の色は部屋のイメージを作る上で重要で、家具を暗い色にすると部屋のイメージも暗くなりがちです。

色に悩んだ場合は、ホワイトやベージュなどの明るい色を選び、部屋全体を明るくするのもおしゃれな部屋にする上で重要なポイントです。

考え方4:シンプルが鉄則

おしゃれな部屋に仕上げるためには、できる限り部屋をシンプルにすることが大切です。

部屋に物が多く置かれていると、部屋全体に圧迫感があり、色々なカラーものが混在している場合、視覚的にも疲れを感じやすくなるでしょう。

物が少ない部屋であれば、部屋に開放感のある空間が生まれます。まずは部屋に不要なものが置かれていないかを確認し、目に入る場所に必要のない物は置かないことが大切です。

考え方5:統一感を持たせる

おしゃれな部屋には、色やデザインなどの統一感を持たせることがとても大切です。

たとえば、海をテーマにした部屋であれば、壁や大きな家具はホワイトに統一することで雰囲気がでます。床や装飾にはウッド素材をプラスするなど、テーマに合わせた色や素材選びをするのがおすすめです。

色や素材を統一することで、部屋に一体感が生まれ、清潔なイメージを与えます。ベースとなるカラーは2色から3色程度に抑え、部屋に統一感を持たせましょう。

考え方6:部屋の床や建具の素材を確認する

おしゃれな部屋にするためには、部屋にあらかじめ設置されている床や建具の素材を確認することです。

床の素材には、フローリングやタイル、木材など、さまざまな素材があり、素材によって部屋の印象も大きく変わります。

また床に加えて、ドアや窓の建具に使用されている素材は、インテリア全体のイメージにも繋がるため、素材の色などを確認してから部屋のデザインを組み立てることが大切です。

考え方7:部屋空間を広く見せるように意識

おしゃれな部屋には、部屋を広く見せる工夫が必要です。たとえば、部屋の上部に棚をとりつけ、物を沢山のせているようでは、部屋全体が狭く見える原因になります。

大きな窓の前には物を置かず、風通しのいい空間作りを心がけるのも重要です。また、背の高い家具ばかりが並ぶと圧迫感があるため、低めの家具を選び高低差をつけると部屋が広く見えやすくなります。

考え方8:フォーカルポイントを作ろう

おしゃれな部屋に仕上げるためには、自然と目に留まりやすいフォーマルポイントを上手に作ることも重要です。

フォーカルポイントとは、視点が集まる場所という意味があり、部屋の中でもリビングの四隅や壁などが挙げられます。

人が目につくポイントには、おしゃれなアートやオブジェ、観葉植物などを飾るのがおすすめです。フォーカルポイントに何も置かれていないと、逆に殺風景な部屋に見えてしまいます。

アイテムでおしゃれな部屋にする方法5つ

おしゃれな部屋を作るための8つの考え方! ウッドやアイアン素材を選ぼう
おしゃれな部屋を作るためには、照明やインテリア装飾を上手く利用し、バランスよく配置することが大切です。

部屋の広さやテーマによって選ぶ素材やデザインは異なりますが、ここではどんな部屋にでも取り入れやすいアイテムやテクニックをご紹介します。

ぜひ、部屋の模様替えをする際は参考にしてみてください。

おしゃれな部屋にする方法1:クリアアイテムの使い方

おしゃれな部屋は開放的なスペースが必要ですが、狭いお部屋でも広く見せるためにはクリアアイテムを取り入れることが重要です。

クリアアイテムとは、透明の家具やインテリア装飾のことで、色がないため他の色を遮断することなく、部屋がより広く見える効果があると言われています。

クリアアイテムは、テーブルや棚などの大きな家具はもちろん、テーブルの上に置く花瓶や小物入れなどに取り入れてもおしゃれに仕上がります。

おしゃれな部屋にする方法2:壁面の装飾方法

おしゃれな部屋の基本はシンプルですが、壁面にアートや装飾を施すことでおしゃれ度がグッとアップします。

たとえば、リビングなどに大きな壁面がある場合は、ユニークな形をしたミラーや少し大きめのアートなどを飾るとアクセントになります。

ベッドルームには、枕元の上部にアートや間接照明をプラスすると、よりおしゃれな雰囲気に仕上がります。

おしゃれな部屋にする方法3:小物の装飾方法

おしゃれな部屋に仕上げるためには、棚やテーブルの上におしゃれな小物を配置するのも重要なポイントです。

小物はどんな物でも問題ありませんが、部屋のテーマやイメージを損なわない色合いのものを選びましょう。

リビングの棚であれば、小さな動物のオブジェや小さな額に入ったアートがおすすめです。

また、窓際に飾るオブジェやアートを選ぶ際、大きなサイズを選ぶと圧迫感を感じやすくなるので気をつけましょう。

おしゃれな部屋にする方法4:間接照明の使い方

おしゃれな部屋作りに欠かせないのが、リビングやベッドルームなどに置く間接照明です。間接照明とは、壁などに光を当て、柔らかな灯りをともす照明のことを意味します。

リビングでは、部屋の隅にスタンドタイプの間接照明を置いたり、ドーム型の照明をテレビボードの上に置いてもいいでしょう。

また壁にアートを飾っている場合は、アートの上部分に小さな間接照明を設置すると、より雰囲気のいい空間に仕上がります。

おしゃれな部屋にする方法5:観葉植物の置き方

部屋のインテリアに合わせながら観葉植物を取り入れることで、おしゃれな部屋になります。観葉植物には、大小さまざまなサイズがあり、高さもそれぞれ異なります。

観葉植物をインテリアとして飾る場合は、植物が入れられた植木鉢や入れ物の色やデザインにも注目して選びましょう。

部屋のテーマカラーでホワイトが多い場合は、ホワイトやクリアタイプの容器に入ったものがおすすめです。大きさは部屋の広さによってバランスを見ながら選びましょう。

お金を掛けずにおしゃれな部屋にするコツ2つ

お金をかけずにおしゃれな模様替えやリフォームしたいという方は、インテリア装飾の配置を変えるだけでも十分おしゃれに仕上がります。

まずは部屋に置いてあるものを減らし、シンプルでクリーンな状態に整えましょう。普段しまっていたものをあえてインテリア装飾として飾ることでも、部屋の雰囲気を変えることができます。

今持っているアイテムを活用しながら、おしゃれな部屋を作るコツを掴みましょう。

コツ1:お気に入りは1つのアイテムに絞る

おしゃれな部屋に仕上げるためには、シンプルで清潔感のある空間におしゃれなアクセントとなるアイテムを置くことがポイントです。

たとえば、何かのコレクターの方であれば、部屋中にそのアイテムが溢れている状態でしょう。すべてのアイテムを飾るのではなく、インテリアの雰囲気に合うお気に入りを1つ飾ってみましょう。

サイズが小さいものであればケースに入れて、高さを調整しながら飾るとバランスがよくなります。

コツ2:装飾方法を工夫しよう

おしゃれな部屋を作るためには、今飾っているインテリアの装飾方法を変えるだけでもイメージが大きく変わります。

壁にいくつかのアート作品をランダムに飾っている方であれば、それを一か所に集め、並べて飾ってみましょう。壁のスペースにもよりますが、縦か横に多少の空間を作ることも重要です。

部屋のどこかにアクセントが欲しい場合は、小さな植物を置くだけでも部屋のイメージは変わります。

大人女子必見! おしゃれな部屋のコーディネート集3つ

おしゃれな部屋を作るための8つの考え方! ウッドやアイアン素材を選ぼう
おしゃれな部屋のコーディネートは、カラーやインテリア装飾がテーマに沿って選ばれており、全体的な統一感があるのが特徴です。

コーディネートにはさまざまなテーマがありますが、温かみのある部屋が好きな方は北欧風のスタイルがおすすめです。

個性的なカラーを取り入れた部屋はヨーロッパに多く、東南アジア諸国をイメージするようなエキゾチックな雰囲気も人気です。

次はおしゃれな部屋のコーディネートを参考にしながら、おしゃれな部屋のコツを学びましょう。

おしゃれな部屋のコーディネート集1:北欧スタイル

おしゃれな部屋に多いコーディネートの1つが北欧スタイルで、温かみのある木材を使用したシンプルなデザインが基本です。

ホワイトやグレーなどをメインカラーにし、ファブリック素材でチェック柄のデザインを取り入れるのも特徴の1つです。

リビングなどでは観葉植物を少し多めに取り入れ、ナチュラル感を出すとよりおしゃれ度がアップします。

おしゃれな部屋のコーディネート集2:ヨーロピアンテイスト

おしゃれで個性的な部屋作りをしたい方は、ヨーロピアンテイストがおすすめです。

ヨーロピアンテイストの特徴は、壁はホワイトなどのワンカラーを基調に、壁やドアの一部などにアクセントカラーを取り入れます。

また壁には、アート作品や飾り棚などのアクセントをプラスし、全体的に圧迫感がでないよう装飾アイテムは少なくします。

オレンジやパープルなど、明るいカラーのランプを取り入れてもおしゃれでしょう。

おしゃれな部屋のコーディネート集3:エキゾチックテイスト

おしゃれな部屋の中でもアジアンテイストが好きな方は、民族調のデザインやインテリアを取り入れたエキゾチックなテイストがおすすめです。

エキゾチックなテイストにも色々ありますが、カラーとしてはオレンジやパープルなどを差し色にしたテイストで、アートはバリ島などをイメージとした縦長のアート作品やブラックを基調としたオブジェを置くと雰囲気のある部屋になります。

インテリアを工夫しておしゃれな部屋にしよう

おしゃれな部屋にするコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

インテリアの素材や色を選んだり、空間を上手に使ってみたり、今回ご紹介したポイントを意識して、自分に合った部屋をカスタマイズしてみてくださいね。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…