今日から自宅で出来るビジネス「在宅ワーク」のメリットと種類は?

インターネットの普及に伴い、自宅でできるビジネス=「在宅ワーク」に対する需要が高まっています。

「在宅ワーカー」や「フリーランス」、「SOHO(Small Office/Home Office」に続いて、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、「テレワーク」や「リモートワーク」といった言葉も普及してきました。

では「在宅ワーク」とは、一体どのようなビジネスなのでしょうか。

外出自粛や収入減が続く現代の救世主ともいえる「在宅ワーク」のメリット・デメリットと、今すぐ自宅でできるビジネスの種類について詳しく解説していきます。

「在宅ワーク」とは?

「在宅ワーク」とは、その名の通り自宅でできるビジネスのことをいいます。基本的には「個人事業主」のことを指し、企業に雇用されている場合は「在宅勤務」といいます。

しかし雇用・非雇用を問わず、自宅など好きな場所で働くことを「在宅ワーク」と呼ぶこともあります。「在宅勤務」と「在宅ワーク」の違いを明確にすることは難しいかもしれません。

リモートワーク(テレワーク)

「在宅ワーク」に似ている言葉に「リモートワーク」があります。

リモートワークとは、「remote(離れて)×work(働く)」 という語源の通り、雇用されている企業のオフィス以外(遠隔地)で働くことをいいます。

ちなみに、「リモートワーク」と「テレワーク」はほぼ同じ意味。

個人事業主として自宅で働くことを「在宅ワーク」、オフィス以外の遠隔地で働くことを「リモートワーク(テレワーク)」と使い分けることができます。

内職

内職とは「家内労働」と呼ばれる働き方のこと。

「委託を受けて物品の製造、または加工等に従事する者」と定義されています。具体的な業務内容として、刺繍や編み物、シール貼り、袋詰めがあります。

内職は「家内労働法」により最低賃金が設けらえるなど、労働者を保護する規則が設けられてます。

「在宅ワーク」のメリット3つ

好きな時間・場所で働ける

仕事場が自宅の在宅ワークは、会社員のように通勤する必要がありません。通勤時間を短縮できるだけでなく、自分の都合に合わせて好きな時間に働くことができます。

基本的にパソコンとインターネット環境さえあればできる仕事が多いため、家庭の事情などで引っ越しを余儀なくされた場合でも、取引先を変えずにすみます。

人間関係の煩わしさがない

人に合う機会の少ない在宅ワークは、基本的に1人で自宅で行うビジネスのため、煩わしい人間関係に悩まされることもありません。

仕事終わりの飲み会や人付き合いが苦手な方は、ストレスなく仕事に集中できるでしょう。

たとえ直接会う機会があったとしても、ごく稀です。面と向かって誘われると断りづらいシーンも、メールや電話なら罪悪感なくお断りできます。

高収入を狙える

在宅ワークは、職種によっては高収入を得ることができます。副業で高収入を得たい方は、「イラストレーター」や「オンライン講師」「在宅コールセンター」がおススメです。

スキルにもよりますが、時給1000円、月収10万円、年収300万円も夢ではありません。

本業として高収入を得たい方は、「Webエンジニア」「Webデザイナー」「Webライター」「翻訳家」「システムエンジニア」がおススメ。

年収500万円や年収1000万円を優に超えている人もいるようです。

「在宅ワーク」のデメリット3つ

自己管理能力が問われる

好きな時間・場所で仕事のできる在宅ワークですが、締め切りや納期の管理など、基本的に自分自身のマネジメントを一人でこなさなければなりません。

大切な時期に体調を崩したとしても、誰も手助けしてくれません。

仕事ができないと報酬は限りなくゼロに近づいてしまいます。自宅でのプライベートな時間と引き換えに、高い自己管理能力が問われるのです。

コミュニケーションを取りにくい

在宅ワークでは、メールやチャットを使ってやり取りをすることが多いため、うまく意図が伝わらずに誤解が生じてしまうことがあります。

お互いに勘違いした状態で仕事をすると、後で大幅な修正が必要になることがあるので要注意!不明点がある場合は、しっかり確認するよう心がけましょう。

単価が安い仕事が多い

在宅ワークの単価は、仕事の内容によって乱高下します。メリットでご紹介したような職種は高収入を狙えますが、単価が安く、時給500円にも満たない職種があるのも事実です。

どのような職種を選ぶかは、あなたのスキルと「どのくらい稼ぎたいか」によります。生活を維持するためなのか、お小遣い程度なのか。しっかり吟味するようにしましょう。

「在宅ワーク」にはどんな種類があるの?

在宅ワークには、さまざまな種類の仕事があります。ここでは人気が高いビジネスをピックアップしてご紹介します。

データ入力

初心者でも簡単に始められる在宅ワークの1つ。タイピングスキルがあれば、未経験でもすきま時間を利用して自宅で働くことができます。

1文字0.1円もあれば、1文字1円のケースもあり、時給1,000円が相場です。

データ入力には、大きく分けて2通りあります。1つ目は、紙の情報やPDFの情報をWordやExcelに入力していく「単純入力業務」です。

2つ目は、ICレコーダなどに録音された音声データを文字にする「テープ起こし業務」です。

単純な仕事のようにみえて、正確性と納期の厳守が求められる仕事です。長時間同じ作業を続けても苦にならない方におススメ。

適度な休憩を取りながら、量だけでなく質にも注意しながら計画的に業務を進めましょう。

ライティング

情報サイトやブログなどの記事をライティングする業務。さまざまなテーマに沿って、指定された文字数の文章を作成する仕事です。

誰にでも書けるような内容ではない専門性の高いライティング業務は、報酬が高くなる傾向があります。

読みやすい文章の制作と、より多くの経験を積んで、単価の高い仕事の受注を目指しましょう。

ライティング業務の発注は、「1文字〇円~」というケースもあれば、「〇文字○円」など、あらかじめ1記事あたりの報酬が決まっているものもあります。

WEBサイト制作やアプリ開発に比べると報酬は低くなりがちですが、クライアントに評価されるようなライティングをすれば高収入を得ることができます。

コールセンター

通常オフィスで行うコールセンター業務を、自宅で行う在宅コールセンター。研修内容やマニュアルに沿って、通常のコールセンターと変わらない業務をこなします。

通販やカタログ販売などの注文受付のほか、操作案内のテクニカルサポートなどのインバウンド系。販売業務などのアウトバウンド系など、その内容はさまざまです。

電話1本ごとに報酬発生するほか、発信系の場合は成果報酬も発生します。オフィス業務経験のある方は、実務経験を活かして高収入を目指してみて!

WEBサイト制作

企業やお店のWEBサイトを制作する仕事。HTMLの基本的な知識のほか、CSSやJavascriptに関する知識、コーディングのスキルが求められます。

1つのホームページを制作すると、10~20万円とまとまった報酬が期待できます。在宅ワークを本業として行う方、デザインやモノづくりに興味のある方におススメの業務です。

仕事を受注するまでに時間を要するケースもありますが、ネットショップの運営手伝いなど、マンパワー不足を補うような未経験者歓迎の仕事もあります。

経験を積んで安定した収入に確保するためにも、まずは1件受注してみてはいかがですか?

まとめ

ネット越しのバンド活動、巣ごもり期間中のいい思い出作りになるかも

このほか、翻訳やプログラミングなどの専門知識を要求されるものから、アンケート、せどり、WEBデザイナー、DTP、添削など、さまざまな業種の在宅ワークが存在します。

まずは自分の興味のある分野、経験のあるビジネスをチェックしてみてはいかがですか? 希望に沿った「適正時給」「信頼できるクライアント」「継続案件」が見つかるはずです。

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…