身長差カップルのメリットは?理想の身長差と身長差カップルの特徴を徹底解明します!

自分と同じくらいの身長より、ちょっと背の高い彼氏のほうがいい……。女性ならやっぱり“身長差カップル”に憧れますよね。

では、身長差カップルにはどのようなメリットがあるのでしょうか。理想的な身長差と身長差カップルの特徴について、詳しく解説します!

理想的な身長差カップルは、ズバリ何センチ差?

18~27歳の独身女性20人に「理想的な身長差は何センチ差?」か聞いたところ、なんと16人が「30cm以上」と回答。

続いて「20cm以上」「15cm以上」と、女性たちの身長差カップルへの憧れは、かなり“高い”ことがわかりました。

また、残念ながら身長差「10cm」や「15cm」では、「物足りない」「理想の身長差カップルとはほど遠い」と厳しい意見も……。理想と現実のギャップは意外と大きいようですね。

身長差カップルのメリット

自然と上目遣いになる

男性たちのハートを鷲掴みにする上目遣い。身長差カップルの場合、彼氏をそっと見上げるだけで自然と上目遣いができるメリットがあるのです。

ただし、これは身長差30cmカップルだけにできること!彼氏と話をするたびに胸キュンさせることができるなんて、素敵ですね。  

ハイヒールを履いても見栄えがいい

身長差カップルだったら、男性とデートをするときに「彼氏の身長を追い越してしまったら……」と心配する必要はありません。どんなにヒールの高い靴を履いても、絵になること間違いなし!

余計な心配をすることなくオシャレを楽しめるのは、身長差カップルの特権かもしれませんね。

彼氏に甘えやすい

彼氏を見上げるほど身長差のあるカップルは、周囲からはもちろん、彼氏の目にも可愛らしく映るもの。

小さくてキュートな彼女を見ていると、「どんなお願いごとでも聞いてあげたい」と思うほど、愛おしい気持ちでいっぱいになるといいます。

つまり、身長差カップルは男性側に受け入れ態勢が整っているため、「彼女が可愛く甘えやすい」ということ!恥ずかしがり屋の女性にはぴったりの環境かもしれませんね。

頭をポンポンされる

自分よりもずっと小さな彼女は、男性にとって子どものように可愛らしい存在。並んで歩いていると、ちょうどいい位置に彼女の頭があって思わずポンポンしてしまうそうです。

女性としても、大好きな彼氏に頭ポンされたら胸キュンしてしまいますよね。自然とスキンシップが増えて、ラブラブでいられるのも身長差カップルならではのメリットです。

「身長差別」カップルの特徴

「身長差20㎝以上」の身長差カップル

女性の平均身長である158cm前後の女性でも、180cmの高身長の男性とカップルになると「20cm以上」の身長差カップルに!

高いヒールを履いても身長差を余裕でキープ。かなりの身長差があるので、男性の胸元に女性の頭がすっぽり収まり、ハグしたときに心地よさを感じます。

また、背が高い男性に助けられるシーンが多く、何となく男性がリードする恋愛に……。

スキンシップをとるときも、男性の優しい気遣いに身を任せていれば、「身長差=ハンデ」ではなく、愛情の深さに変わるはずです。

「身長差15㎝以上」の身長差カップル

立ってる時も座ってる時もバランス良く見える身長差15cm以上のカップル。

女性の鼻がちょうど男性のアゴあたりにくるイメージで、ヒールの高い靴を履いても男性の身長を追い越す心配をせずに、オシャレを楽しむことができます。

肩を抱いたり、腕を組んだりしやすいのも身長差15cm以上カップルのいいところ。自然な流れで頭をポンポンしたり、バックハグしてもらえるチャンスがぐっと高まります。

「身長差10㎝以上」の身長差カップル

日本人カップルによくある身長差といえば、「身長差10cm前後」のカップル。

ヒールを履いても、男性の身長をギリギリ超えない身長差で、立っているときに男性の顔の真ん中あたりに女性の顔がくるイメージです。

顔の位置が比較的近く、ハグやキスをするのにちょうどいい「身長差10cm前後」は、並んで歩いているとバランスがよく、仲良し度がぐっと増します。

周囲から「お似合いのカップル」と羨ましがられるのも、この身長差カップルの特徴です。

「身長差5㎝以上」の身長差カップル

まるで友達同士のように仲良しに見える「身長差5㎝」のカップルは、立っているときに男性の目のあたりに女性の頭がくるイメージ。

女性をヒールを履いてしまうと身長差がなくなってしまうのがデメリットですが、手を繋いだり、キスをしたり、ハグをしたり……。

恋人同士がイチャイチャするにはピッタリな身長差といえます。

身長差カップルのデメリット

女性たちが憧れる「身長差カップル」ですが、デメリットがあるのも事実です。

では、実際にお付き合いをしていると、どのようなデメリットが生じるのでしょうか。

歩く速さが違う

身長差があると足の長さが違うため、歩くスピードがまったく違います。背の高い男性がいつものペースでスタスタと歩くと、背の低い女性は小走りしなければならないことも……。

男性によってはストレスに感じる方もいるかもしれませんが、ゆっくり歩いてもらうようお願いしましょう。手を繋いで歩けば、無理のない速さで歩けるようになるはずです。

キスがしにくい

身長差が大きくなればなるほど、キスやハグがぎこちなくなってしまいがち。

パートナーと顔の位置を合わせようとするとき、「首が痛い」「体勢が辛い」「しんどい」と感じる男女が多いようです。

立った状態でのキスは自然な流れではできないかもしれませんが、座ったり、横になったりするとストレスを感じることなく上手にスキンシップが取れるはずですよ。

お互いの表情が見えにくい

顔の位置がズレている分、なかなか相手の表情を見えないのが身長差カップルのデメリット。

ヒールの高い靴を履いたり、相手の顔を覗き込むなどして、二人のすれ違いを上手に回避しましょう。

誰よりも近くにいる相手の表情が分からないなんてもどかしいかもしれませんが、お互いに思いやる気持ちを忘れなければ、小さな障害を乗り越えられるはずです。

まとめ

いかがでしたか?今回は「身長差カップル」の特徴と、メリット&デメリットを解説しました。

女性は「できるだけ背の高い男性がいい」「身長差は大きい方がいい」など、身長差カップルに憧れますが、実は障害になるケースがあることも忘れてはいけません。

男性との身長差を気にせずハイヒールを履けて、上目遣いやバックハグなどの胸キュンポイントなどの「身長差カップル」のメリットを享受するためには、深い愛情でデメリットをカバーする必要がありそうですね。

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…