香水の付け方に気を付けてオシャレを楽しもう! 場所別の正しい付け方をご紹介

オシャレのひとつでもある香水は、女の子にとって欠かせないアイテムです。良い香りのする女の子は男女ともに人気があるでしょう。

しかし、香水といっても種類はひとつではありません。正しい方法でつけないと香りにも変化があるので、香水の付け方を理解し、女子力をアップさせていきましょう。

香水には種類がある!

香水は、香りの濃度によって4種類に分けることができることをご存じでしたか? 以下で解説していきましょう。

【パルファム】

香料濃度が15~30%のパルファムは、香水の中では最も濃度が高いものとなります。香りが深く強いので、少量でも良い香りが広がります。

持続時間は7時間ほどとなっており、長時間付け直す時ができないような時に有効でしょう。

【オードパルファム】

香料濃度が10~15%のオードパルファムは、香水の中でも種類が豊富な点が魅力です。お手頃価格なものも多く人気があります。

持続時間は5~7時間ほどなので、持ちが良い点も特徴です。

【オードトワレ】

香料濃度5~10%のオードトワレはふんわりと香るので日常使いに適しています。香りの持続時間は3~4時間程度なので、都度付け直しが必要となります。

【オーデコロン】

香料濃度2~5%と香水の中では最も濃度が低いオーデコロンは、優しく香る点が特徴です。

香水として使用するだけではなく、リフレッシュ用としてお風呂上りや就寝前に付けて気分転換するのもおすすめです。

香水を付ける前に気を付けることとは?

本来の香りを楽しみ、長続きさせるためにも気を付けることはあるのでしょうか?

【体は清潔に】

香水を付ける前には、体を清潔な状態にすることが大切です。汗をかいている場合には必ず拭き取り、シャワーを浴びることができる環境であれば浴びてから付けるのがおすすめです。

香水の香りをより感じるためにも、清潔さを心掛けましょう。

【香水をつけるタイミング】

香水は、つけた瞬間が最も香り豊かですが、少し強すぎる場合があり、ある程度の時間空気に触れさせることで丁度いい香りになります。

香りの変化は3種類に分けられるのでご紹介していきます。

トップノート

つけたての香りのことをトップノートと言います。

香りが強い特徴があり、香水に含まれているアルコールが飛んでいないために、本来の香りと比較すると違う香りがすることもあります。

トップノートの際に香水の重ね付けをすると香りが強くなってしまうので気を付けましょう。

ミドルノート

香水をつけてから30分~1時間程度経過した時の香りをミドルノートと言います。香水を付けている時の最も良い状態と言われており、3時間程度持続します。

お出かけのオシャレにはミドルノートの時間帯が適しているので、仕事や遊びに行く30分前頃に香水を付けると良いでしょう。

ラストノート

名前の通り、香水を付けてから最後に香る香りのことをラストノートと言います。

ラストノートは、3時間以上時間が経過した状態となりますが、香りの種類によってその時間に違いがあり、例えばフローラル系の香りはトップノートからラストノートまで12時間ほどあります。

自分が持っている香水はどの程度なのか、あらかじめ把握しておくと付け直しの際に便利でしょう。

必見! 香水を付ける時のマナー

ここからは、香水を付ける時のマナーについてご紹介していきます。

【付け過ぎないようにする】

電車内や街中を歩いている時など、香水の香りが強すぎて困った経験をしたことがある人もいるでしょう。

香水を付ける際には、付け過ぎないことが何よりも大切です。周りの迷惑になることは避け、香りを楽しみましょう。

【付ける量について】

とはいえ、実際にどの程度付けるのがいいのか分からない人も多いかもしれません。

スプレータイプの香水であれば、1~2プッシュ程度が理想です。香水瓶で付ける場合には、1滴で十分に香るので付ける際には注意してください。

【脇には使用しない】

脇の下のニオイを気にしている女の子も多いかもしれませんが、ニオイを誤魔化すために脇に香水を付けるのは絶対にやめましょう。

脇は、汗をかきやすく雑菌も繁殖しやすいです。そんな場所に香水をつけてしまうと、汗のニオイと混ざり香水本来の香りを楽しめなくなってしまいます。

また、皮膚の中でも脇はデリケートな箇所なので、香水をつけて肌トラブルが発生する可能性もあります。

きれいな香りを長持ちさせるためにも、付ける場所には注意してください。

【足の裏にも厳禁】

脇と同様にニオイが気になる箇所ですが、足の裏に香水を付けると汗や靴のニオイと混ざり、変な香りになってしまうことが考えられます。

ニオイが気になるからと言って、足の裏に香水を付けることは避けましょう。

【TPOを考える】

香水をつける際にはTPOについて考えることも大切です。

レストランでは、料理の邪魔をしないように香水を付けることを避けるか、付けても少量に留めておくようにしましょう。

仏事や病院には基本的に香水を付けて行ってはいけません。シーンに合わせて香水を付ける・付けないを徹底しましょう。

【香りは混ぜない】

香水以外にも香りのするものはたくさんあります。脇の汗を抑える制汗剤やヘアアレンジに使うスタイル剤など、自分好みのアイテムもあるでしょう。

しかし、香水の香りと混ざってしまうと香水の魅力を発揮することができません。香りを混ぜないように、制汗剤やヘアアレンジ剤は無香料のものを選ぶようにしましょう。

部位別・正しい香水の付け方

香水は、付ける場所によって付け方に違いがあります。部位別に正しい付け方をご紹介していくので、香水の付け方で悩んでいる女の子は参考にしてください。

【耳の後ろやうなじ】

香水を付ける場所というと、耳の後ろやうなじをイメージする人は多いでしょう。この場所には太い血管があるため、体温が高くなりやすく、少量でも香りが広がりやすいのです。

付け過ぎないように直接スプレーはせず、指先などに一度香水をつけた後に耳の後ろやうなじに付けるようにしましょう。

【手首】

手首にもよく香水を付けるイメージがありますね。手はよく動かす部位なので、香水の香りを周りに広げる作用があります。また手首には血管が多いために香りも広がりやすいです。

こちらも、あまり多く付け過ぎることは避けて適度な量を付けるようにしましょう。ただし、服などに擦れて香りが薄れやすい場所でもあるので、付け直しはこまめにしてください。

【腕や肘の裏】

腕や肘の裏にも血管が多く通っているので、香水を付ける場所としてベストです。

ただ、紫外線に反応して赤みやシミを発生させる危険があるので、直射日光に当たらないよう配慮する必要があります。

付ける方法としては、直接スプレーをするのではなく、コットンなどを使用して付けることをおすすめします。

【胸】

体温が高い場所なので、動くたびに香りも広がりやすく、大人な印象を与えることができます。

ただし、胸元は汗をかきやすい場所でもあるので、涼しい時期のみ付けるようにするのがよいでしょう。付ける量は、シュッと一吹きする程度で十分に香ります。

【足首】

控えめにほのかに香る程度で香水を楽しみたいのであれば足首がおすすめです。スプレータイプの香水であれば、2プッシュ程度付けて心地よい香りを堪能してください。

おわりに

オシャレの一部でもある香水を楽しむための方法や注意点をご紹介してきました。付ける部分によって香りの広がり方にも違いがあるので、付ける量などに気を付けて香水を使用しましょう。

万が一付け過ぎた場合には、シャワーを浴びて香りを流すことが最も有効ですが、時間がない時には無水アルコールやエタノールを含ませたコットン、またはウェットティッシュなどで香水を拭き取りましょう。

正しい付け方で香水の香りを楽しんでくださいね。

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…