おしゃれ部屋に住みたい!お金をかけずにインテリアを変えよう!

毎日過ごす自宅は綺麗でおしゃれな部屋で暮らしたいと思う女の子は多いでしょう。

しかし、おしゃれな部屋にしたくても費用をかけることができずに妄想だけで思ってしまう…そんな女の子もいるはずです。

そこで、おしゃれ部屋を作るコツやインテリアの実例、お金をかけずにおしゃれ部屋を作る方法をご紹介していきます。

理想通りの部屋を作りたい、いるだけで幸せになるような部屋作りをしたい女の子は、ぜひ参考にしてみてください。

おしゃれ部屋を作るコツ

おしゃれな部屋を作るためには、インテリアの配置や雰囲気作り、家具選びなど、様々なことがあり、考えるだけでも難しいです。

そこで、インテリア別におしゃれ部屋を作るコツをいくつかご紹介していきます。少し変えるだけでも部屋の雰囲気が変わるので部屋作りに役立ててみてください。

【照明】

照明を変えるだけで一気に部屋の雰囲気が変わります。カフェや雑貨屋など自分の好きな場所の照明を真似するだけでもいいでしょう。

お店は自宅と違い、天井の高さや空間の広さに違いがあります。

しかし、お気に入りのお店の雰囲気を真似することはできるので、自宅のインテリアに取り入れてみましょう。

その他にも、スポットライトの使い方次第で一気におしゃれな空間へと変身します。

スポットライトをテレビの後ろに設置すると壁が照らされるので奥行きを与えることができます。

観葉植物の後ろに置くだけでも、植物の影が部屋に広がりおしゃれさが出るでしょう。

また、部屋の中にひとつだけ照明があるよりも、複数の照明があることでおしゃれさを増すこともできます。

まずは、照明を取り入れておしゃれな空間を演出してみましょう。

【グリーン】

グリーンといっても様々な種類があるので、取り入れることは難しいと感じる人もいますが花瓶に挿すだけのドウダンツツジや姫リョウブ、ブルーベリーやユーカリといった木の「枝もの」であればお手入れも簡単なのでおすすめです。

飾る場所としては、ダイニングテーブルの他にもキッチンカウンターやトイレ、洗面所など、あらゆる部屋に飾れます。

大きめの枝ものであれば、床に直接置くだけでもおしゃれさを出すことができます。大きめであれば小さく切り分けて、部屋のあちこちに設置してもいいでしょう。

寿命は2週間程度となっているので、定期的に取り替えることも重要です。

【本】

本だけでおしゃれな部屋を演出することもできます。本来、本は読んで楽しむものですが、ひと工夫するだけでインテリアとして楽しむことが可能です。

例えば、部屋の中に写真やグリーンを飾る場合、ただ並べるだけでもいいのですが、本を活用すればインテリアに立体感を出すことができます。

同じ大きさのインテリアを飾る場合、横にした本の上にインテリア小物を飾ると、その前などに違う小物を置けるので、高低差が出て一気におしゃれな空間となります。

マンガ本や小説であれば、ブックカバーを付けたり洋書でまとめるのもおすすめでしょう。

おしゃれ部屋のインテリア実例

おしゃれな部屋のインテリアは一体どうなっているのか、気になる人も多いでしょう。

【統一感を大切にする】

インテリアは統一感をもたせることが大切です。

おしゃれな部屋にしようと、小物や家具といった様々なものを部屋に設置する人も多いですが、統一感がなければおしゃれ部屋になることはできません。

例えば、シックな部屋にしたにも関わらず、部屋の中にポップなカラーをした花柄のクッションが1つでもあれば統一感は無くなってしまいます。

人によって、北欧や西海岸、和風など、部屋のテイストに違いがあるので、そのイメージに合ったインテリアを集めて設置することが大切です。

【見せる収納でおしゃれに】

見せる収納に憧れを抱いている女の子もいるはずです。
特にキッチンはおしゃれ度を上げることで毎日の家事のモチベーションを上げてくれます。

おすすめは、同じ素材で揃えることです。キッチンには、ガラスや木、ホーローや陶器など、様々な種類の小物があります。

サイズは違ってても、同じ素材のものが収納されていることで、統一感が出ておしゃれな空間になるでしょう。

また、雑貨屋などでも販売しているおしゃれな家電を取り入れることも有効です。

可愛らしい見た目の家電も増えているので、見せる収納として飾っておくだけでも魅力あるインテリアとなるでしょう。

【布でおしゃれに】

布があるだけで一気に部屋をおしゃれに変身させることが可能です。シンプルな部屋の壁に布を飾るだけでもアクセントができておしゃれな空間になります。

また、おしゃれ部屋を思い浮かべると絵が飾ってありませんか?絵と言っても様々な種類があり、どの絵を購入すれば良いのか分からない人もいるでしょう。

しかし、布を額縁に入れて飾ればアートのようにおしゃれに変身します。壁にかけたり、キャビネットの上に置くなど、好きな場所に設置してみましょう。

お金をかけずに部屋をおしゃれにする方法

インテリアを変えるとなると、お金がかかってしまうので部屋の模様替えをしたくてもできないことがあります。

そこで、お金をかけずとも部屋をおしゃれに見せる工夫をご紹介していきましょう。

【捨てる】

捨てることも部屋をおしゃれにする工夫のひとつです。

収納ケースが増えると増えた分だけ中にものを詰めてしまうので、部屋がゴチャゴチャし汚らしく見えてしまうこともあるのです。

そのため、あえて設置しない方向で考えるのもおすすめです。長く使用していないものは思い切って処分し、部屋の中をすっきりさせるだけで綺麗な部屋になります。

【配置を変える】

部屋にあるインテリアを変えずにおしゃれな部屋にするためには、家具の配置を変えてみましょう。

ネットや雑誌でおしゃれな部屋を見ると、家具の配置が特徴的であることが多いです。

棚は壁に沿って設置することが一般的ですが、部屋の仕切りとして棚を設置することで全く違う空間となります。

【絵を飾る】

自宅に絵を飾るとなると、有名な画家の絵を想像する人もいますが、絵の種類は何でも良いのです。

ポストカードは安いものも多いので、購入しやすいでしょう。額縁に入れて飾るだけでグッとオシャレになります。

また、子どものいる家庭であれば子どもが書いた絵を飾ることも有効です。子どもの絵は色使いも独創的で可愛らしいものも多いです。

額縁に入れて飾れば買わずとも立派なアートになるので試してみてください。

【マスキングテープを使用する】

簡単におしゃれにアレンジする方法としてマスキングテープがあります。壁にポスターを貼る際に使用する他、棚にテープを貼って雰囲気を変えることもできます。

マスキングテープの魅力としては、低価格で購入できる点と貼ってもすぐに剥がせることです。

今では100均にも豊富な種類が販売されているので、自分好みのテープを買ってお部屋をアレンジしてみましょう。

飽きてもすぐに剥がせるので、容易に模様替えができます。

おわりに

おしゃれ部屋にするためには、難しいことが必要だと感じている人もいます。しかし、少し変えるだけでもグッとおしゃれな部屋に変身させることが可能です。

部屋の模様替えは気分まで高めてくれ、リフレッシュするためにも有効です。上記でご紹介したコツを参考にして自身の部屋に取り入れ、落ち着ける空間にしていきましょう。

自宅をもっと好きになることで、仕事もプライベートも充実していくでしょう。

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…