育ちが悪い人の特徴とは?改善して周囲からの信頼を得よう!

「育ちが悪い」と直接言われたことはなくても、実際には他人に思われている可能性があります。

仲の良い友人や恋人に行動や言葉を指摘された経験がある人は、育ちが悪いと感じられているかもしれません。

そこで、育ちが悪いことで考えられるデメリットや特徴を解説していきます。

改善方法も一緒にご紹介していくので、自分の行動が当てはまった人は参考にして、周囲からの印象を変えていきましょう。

育ちが悪いってどんな人のことを言うの?

育ちが悪いと言われても、実際にはどんな人のことを指すのかいまいち不明な人もいるはずです。

育ちが悪いとは、行動や言動に問題があることで、

・親にきちんとしたしつけをされてきていない
・注意をされずに生きてきた

と考えられ、育ってきた環境が悪いと周囲に思われてしまうことを言います。

一般的には、成長する過程で学ぶべきことが身に付いていないために、品がないと思われるのです。

育ちが悪い人の特徴

育ちが悪い人が持っている特徴をチェックしていきます。自分が当てはまるのか確認しましょう。

【言葉遣いが汚い】

育ちの悪い人と思われる理由でも上位にくるのが、言葉遣いの悪さです。

一般社会人であれば、しっかりした言葉遣いができていることが望ましいですが、敬語がうまく使えない、馬鹿にするような言葉を投げかけるなど、下品で汚い言葉を常時使っているケースは育ちが悪いと考えられてしまいます。

【食事のマナーが悪い】

人を不快にする行動として、ご飯を食べる時のマナーもポイントとなります。

箸の持ち方やお茶碗を持たずに食べるなど、振り返ってみると、しっかりとできていないことはありませんか?

口の中に食べ物が入ったまま喋ることも要注意。クチャクチャと音を立てながら食事をするのは、特に人を不快にさせます。

いくら美しい女の子でも食事のマナーが悪ければ、一生一緒にいることはできないと男性から思われてしまう可能性もあるので、注意してください。

【マナーがなっていない】

食事のマナー以外にも日常には様々なマナーがあります。

ゴミを路上に捨てる、路上に唾を吐く、静かな場所にいても大声で話をする、お礼や挨拶ができないなど、大人としてのマナーが備わっていないのは、子どものころに親からのしつけがなかった証拠でもあります。

【お金に汚い】

育ちの悪い人はお金に汚い傾向にあります。極端にケチだったり、お金持ちの人に擦り寄るなど、お金に執着心があります。

恋愛関係では、デートの際にお金のかからない所にしか行かない、割り勘は細かい部分まできっちりするなど、思い当たる部分があれば改善できるよう心掛けてみましょう。

【人によって態度を変える】

人との接し方も注意するポイントです。通常、人に対しては誰にでも同じように接するでしょうが、育ちが悪いと思われる人は人によって態度を変えるのです。

自分よりも立場が弱い人に対しては強い口調で話かけるのですが、自分よりも立場が上の人には媚を売るのです。

注意しても、「自分より下だから仕方ない」、「成長すればいいだけ」などと態度を改めない人も多いです。

【店員さんに対する態度が悪い】

お店のスタッフに対する行動も気を付けるポイントの一つです。お店側がミスした際に罵声を浴びせたり、執拗なほど責めるような人は、育ちが悪いと思われてしまいます。

人に対しては思いやりの気持ちを持って接することが大切です。

【物を大切にしない】

物を大切にしない人は周りの目に悪く映ってしまいます。

雑に物を置いたり、汚れても気にしない他、ドアを乱暴に閉めるといった行動も影響を与えてしまいます。どんな物でも大切に使うようにしましょう。

育ちが悪いことで受けるデメリット

育ちが悪いと思われたり、周囲から指摘されることで受けるデメリットがいくつかあります。今後の生活に影響を与える可能性もあるので気を付けてください。

【仕事に影響がある】

仕事をするのであれば出世をしてできるだけ多く稼ぎたいと思う人もいるはずです。

しかし、育ちが悪いと思われてしまうと、出世しにくいというデメリットがあるのです。その理由としては、後輩や先輩、同僚に対する態度が関係しています。

人によって態度が違うといった行動は、信頼性を失うことにつながるので、人を指導する人材ではないと判断されてしまうのです。

【距離を置かれる可能性も】

一緒に行動するのなら、多くの人が常識のある人と過ごしたいでしょう。一緒にいることで恥ずかしい思いをしたり、嫌な思いをすれば一緒にいたくないと誰もが思います。

そのため、育ちの悪い人は人から距離を置かれる可能性があるのです。今一緒にいる人たちと今後も付き合っていきたいのであれば、自分の行動を改めることが重要です。

【結婚する時に影響があることも】

結婚をする際には、自分の家族だけではなく相手の家族とも一生関わり合いを持つことになります。

挨拶ができない、食事のマナーが悪いなど、相手の親が自分の行動や言動によって不快な思いをしてしまえば、結婚に反対される危険性もあるのです。

今後、結婚を考えているのであれば今のうちから対処していきましょう。

育ちの悪さを改善する方法とは?

育ちの悪さで自分の人生に悪い影響を与えないためにも、改善する方法をご紹介していきましょう。

【マナーについて勉強する】

まずは、自分の間違っている部分を知り、正しく改善するためにもマナーの勉強をスタートしてみましょう。

言葉遣いやテーブルマナー、一般的な教養など、書籍やネットを参考にして勉強するのもいいですね。

マナーに関するセミナーも開催されているので、積極的に参加して生まれ変わりましょう。

【人には親切にする】

思いやりが欠けていると育ちが悪いと思われてしまいます。人によって態度を変えない、悪口を言わないことは当たり前の行動です。謙虚な態度を心掛けて人と接していきましょう。

【身だしなみを整える】

育ちの良い人は見た目も綺麗です。毎日お風呂に入る、部屋の掃除をする、会社のデスクの上を綺麗にするといった、身の回りにも気を配ってください。

寝癖がついたまま学校や仕事に行かない、メイクをする、カバンの中を整理するなど、清潔感のある人間になれるように行動を改めましょう。

【上品な人を見習ってみる】

上品な人は、周囲に良いイメージを与えます。

周囲にそんな人がいれば参考にすると自分の印象にも好影響があるでしょう。立ち振る舞いや言葉遣いなど、見習える箇所は多くあります。

同じように行動をすれば次第に意識をしなくても同様に振舞えるようになるので、イメージを変えるためにもチャレンジしてみましょう。

【自分の行動は常に意識する】

最も重要な要素として、「意識をする」ことが挙げられます。礼儀やマナーが欠けているのであれば、自分の行動を意識して行う必要性があります。

上記のように人に対して親切にすること、身だしなみを整えることも、意識していれば改善していくので、常に考えてから言葉を発し、行動に移しましょう。

おわりに

育ちが悪いと思われてしまえば人間関係に悪影響を与えてしまいます。自分は大丈夫だと思っていても、実は周りに育ちが悪いと思われている可能性があります。

育ちが悪い人の特徴に一つでも当てはまるのであれば、改善できるように自分の行動を改めていきましょう。

上記に記した内容を役立ててイメージをアップし、信頼される人物になってくださいね。

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…