友達として好きの意味って?男性の心理や恋人になるための方法をご紹介!

好きな男性に告白した時や、会話の中で意中の男性から「友達として好き」と言われたことはありませんか?

嫌いではないので嬉しい気持ちはありますが、「女の子として好き」とは違うので、どう受け取ればいいのかと悩んでしまうこともあるでしょう。

男性の言う「友達として好き」には、どんな意味が込められているのでしょうか?

女の子として好きとの違いや、交際したいと思わせるための方法をご紹介していきます。恋愛で悩んでいる女の子は参考にしてくださいね。

友達として好きって? その心理とは

友達として好きという言葉は、自分は嫌われていないと解釈できるでしょうが、本当はどう思っているのでしょうか?男性の心理を解説していきましょう。

【そのままの意味】

友達として好きの心理としては、言葉そのままの意味であることが多いです。単純に友達として付き合っていくことが楽しいので、友達として好きだと伝えているのです。

そのため、異性として見られていない確率が高いです。恋愛関係には発展しない気持ちを伝える際にも用いられるでしょう。

【遠回しに断っている】

告白をしていないのに、友達として好きと男性から言われた時には、あなたの好意が男性側にバレている可能性が高いです。

男性としては恋愛感情を持っていないので、もし告白された時に振ることになるので、告白される前に断っているのです。

女の子を傷付けないようにする配慮からの言葉なのでしょうが、告白もしていないのに振られたことで悲しい気持ちになる女の子は多いでしょう。

【反応を見て試している】

女の子としての魅力は感じているけど、女の子側が自分のことをどう思っているか分からない時に、「友達として好き」と伝えてくる男性もいます。

自分が恋人として脈アリなのか脈ナシなのか、その言葉を受け取った女の子の反応を見て判断しようとしているのです。

自分が傷つかないために告白を失敗しないよう、男性が使う言葉でもあるでしょう。

【他の男友達と差をつけたい】

女の子も男性も分け隔てなく接する女の子であれば、他の男性と差をつけたいからと「友達として好き」という言葉を使って自分の気持ちを表そうとしている可能性もあります。

「他の男友達とは違う」、「自分の方があなたのことを好きでいるんだよ」と遠回しに伝えているのです。

伝えられた側としては、恋愛対象にないと判断してしまうでしょうが、このケースであれば恋愛対象として見られている可能性が高いので、告白をすれば恋人同士に慣れる確率が高いです。

【照れ隠しをしている】

恥ずかしがり屋な男性に多いのが照れ隠しをしていることです。実際には恋人同士になりたいのに、自分の想いとは違う言葉を言ってしまうのです。

また、告白を自分からすることで今の関係が壊れてしまうのではないかと不安になっていることで、リスクを冒さないように感じているのかもしれません

友達として好き……女の子として好きの違いとは

私のいい所ってどこだろう!?「自分の長所診断」

友達として好きは、女の子として好きと何が違うのでしょうか?好きの差について見ていきましょう。

【自分のことを知ってほしい気持ちはあるか】

好きな人には自分のことをたくさん知ってほしいと思うはずです。

友達であれば深く知ってもらわなくても問題ないと感じるのでしょうが、恋人になる相手には家族や仕事、生まれ育った町や悩みなど、何でも話したくなってしまうのです。

もし、好きな男性が自分のことを詳しく話してくるのであれば、異性として好きな可能性も高いでしょう。

【連絡を密に取りたいと思うか】

好きな女の子には連絡を取りたくなる男性も多いです。

風邪を引いていないか、困ったことはないかなど、気配りをする他にも、面白かったことや美味しいもの、今何をしているのかなど、他愛もない会話を楽しみたいと思うのです。

一方、友達にはそれほど連絡を頻繁に取らないでも大丈夫だといった考えを持っている可能性が高いです。

自分から連絡をすることが多い、好きな男性からの連絡があまりないのであれば、「友達」としてしか見られていない可能性があります。

【一緒にいる時の気持ちの差】

友達とは一緒にいると単純に「楽しい」という感情が生まれます。しかし、好きな相手と一緒にいるとドキドキしたり、かっこいい所を見せたいからと、つい頑張ってしまうのです。

楽しいという感情だけではない様々な感情が生まれるので、友達以上になりたいのであればドキドキさせることを考えてみましょう。

【相手にお金を使えるか】

好きな子にはご飯を奢ってあげたい、プレゼントをして喜ばせてあげたいと考える男性もいるでしょう。

そのため、女友達と出かける際には割り勘が基本でも、好きな子と一緒であれば全額払うなど、大きい差がある可能性があります。

意識しているのか確認する際には分かりやすい部分でしょう。

女の子として好きになる可能性はある?

恋愛対象ではなくても、「彼女になりたい」という気持ちを消せない女の子も多いはずです。

諦めた方がいいのかと不安な気持ちになるでしょうが、男性が女の子として好きになる可能性はゼロではありません。

彼女になるために、どんなアプローチをしていけば良いのか、解説していきましょう。

【弱い部分を見せる】

友達同士だと気を負わない関係性があるので、負担になるような言動や行動はしないよう気を使う人もいます。

楽しく過ごすためには重要な要素でしょうが、男性は守ってあげたくなるような女の子を好む傾向にあります。

そのため、弱い部分を見せることで今まで元気な部分しか見ていなかったことで、弱さがあることを知り、思わず「守ってあげたい」と思わせることができるでしょう。

【甘える】

男性は頼りにされると嬉しい気持ちになります。

「面倒だ」と言葉では言っていても、甘えられたら思わず従ってしまうので、これまで甘えてこなかったのであれば、思い切って甘えてみましょう。

【男性が困っている時は助ける】

人間誰しも悩みを抱え、弱い部分があります。元気がない、悩んでいる時には相談にのってあげましょう。

話を聞いてあげるだけでも気持ちはスッキリするので、寄り添って傍にいてあげてください。優しさが伝わり見方が変わってくるかもしれません。

【女の子らしさを見せる】

友達という関係上、女の子らしさを見せることは少ないです。家庭的な部分を見せたり、掃除や裁縫で驚かせるなど、女の子らしい行動を好きな人の前でしてみましょう。

今まで見れていなかった部分が見れるので、そのギャップにトキメク可能性があります。

【他の男友達と仲良くしている所を見せつける】

嫉妬は好きな相手にしか出せない感情でもあります。その嫉妬の感情を引き出すためにも、好きな男性以外の男友達と一緒にいる所を見せつけるのもおすすめです。

自分以外の男性と仲良くしていることで、ふと嫉妬心が生まれるかもしれません。

ただし、嫉妬という感情が生まれなければ、ただ単に「仲が良いんだね」で終わる可能性もあります。その場合は違う方法を試してみましょう。

おわりに

友達として好きという言葉に困惑した時には、友達以上の関係になれるように思い切って行動に移してみましょう。

上記の他にも、自分磨きをして魅力的な女の子になることやイメージチェンジをして今までとは違った自分を演出することも効果的です。

恋愛対象になるためにも、諦めずにチャレンジして友達から恋人にステップアップしてみましょう。

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…