【レポート】これをされたらあきらめて! 「完全に脈ナシ」な男性の言動3つ

「好きな人が自分のことをどう思っているのかわからない」。筆者は仕事で恋愛相談を受けていますが、こういった悩みが寄せられることは珍しくありません。そこで今回は、これをされたらあきらめたほうがいいという、「完全に脈ナシ」な男性の言動をお伝えします。

■メールやLINEのレスポンスが早かったことが「一度もない」

メールやLINE無精の人はもちろんいます。仕事が忙しくて返信をするどころではない場合も、返信は遅れがちになるものです。ですが、「一度も」早めにレスポンスが来たことがないのは、脈ナシの可能性大。仕事とプライベートを含めて、その人にとって返信が遅くなる相手は、優先順位が低いという事実を物語っているからです。

無精でも多忙でも、返信が遅れたら遅れた分だけ、相手からの印象が悪くなることは把握しているはずです。それをわかっていながら遅れるということでもありますから、「誰に対しても」「100%」返信が遅い場合を除いて、気持ちの整理をしたほうがいいかもしれません。片思いの最中は「そういう人だから」と、自分に都合よく解釈する”恋は盲目”状態になっていることも考えられるため、冷静な判断が必要です。

■会話中、自分に対する質問がない

人は、興味を持った相手のことは深く知りたいと思うものです。会話をしているときに相づちしか打っていない、または自分の話のみするというのは、興味がない証拠。脈ナシなのです。

ただし、女性にかなり不慣れな男性は、話を盛り上げなければならないという気負いで、相手のことを聞く余裕が持てずに、自分の話ばかりをする場合もあります。相手の話しぶりで判断しましょう。

■「落ち着いたらこっちから連絡するね」と言われた

飲み会などで知り合った、または一度だけデートした相手からこう言われたら、脈ナシと考えたほうがいいでしょう。時間に余裕を持てない現代の社会人は、「落ち着く」暇すらありません。落ち着くのを待っていたら、いつまでたっても連絡できなくなってしまうものです。「こちらから連絡するまでそちらからは連絡しないでほしい」というニュアンスが含まれている、ということです。

ただし、この場合も、本当に落ち着いたら連絡が来る可能性があります。筆者は仕事で恋愛相談を受けていますが、実際に男性からこう言われて、後日きちんと連絡をもらうことができた女性もいました。ですが、本当に連絡したいと思っているのであれば、この女性のパターンを含め、事前に何らかの前振りがあるはずです。

好きな気持ちが大きいと、見逃してしまいがちな言動です。自分に都合よく解釈しなければ、答えが見えやすくなるかもしれませんね。

※写真と本文は関係ありません

○著者プロフィール

内埜さくら(うちの さくら)
恋愛コラムニスト。2,000人以上の人物取材の経験で磨かれた、鋭い洞察力が武器。著書は『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)。無料のメール恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い。相談を休止中の場合もあるので詳細は[ブログ](まで。恋愛コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ばらいろダンディ』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌にも多数出演。

(内埜さくら)


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…