2021年はビジネスでも『年賀LINE』!失礼にならないポイントとは

みなさん、年賀状の準備は進んでいますか?

年賀状で送る場合もあれば、送る相手によっては、年賀状ではなくLINE(ライン)で挨拶を済ませる場合もあるでしょうか。LINEの挨拶は気軽な一方で、なんて送ったらいいのか、いざ悩んでしまう人も多いかもしれません。

そこで今回は、年賀LINEの挨拶の仕方から、LINEで新年の挨拶をする際のマナーについて考えてみました。「今年はLINEで新年の挨拶を済まそう」と考えている人は、ぜひ一度目を通してみてはいかがでしょうか。

「LINEで新年の挨拶する人」は増えている

新年の挨拶といえば、やはり年賀状で……と考える人は少なくないものです。しかし、昨今はネット、SNSの普及により、LINEで新年の挨拶をする人が増えてきました。

実際、仕事場やビジネスシーンにおいても、新年の挨拶はメールで、という会社も少なくありません。必ずしも年賀状でなければならないわけではなく、あくまでも年賀状を送る相手との距離感によるのでしょう。

年賀状ではなく、LINEで新年の挨拶を送ってくれたほうが、逆に便利で助かる、という人もいるのではないでしょうか。

LINEで新年の挨拶をする際の例文

一方で、LINEで新年の挨拶をする際、どんなメッセージを送ったらいいのか、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

親しい友人や恋人に送るのであれば、年賀LINEやスタンプをプレゼントするなどして、送ればいいでしょう。

しかし、仕事上で付き合いのある人や、先輩や目上の人には同様の方法ではいかない場合もあると思います。

そこで今回は、LINEで新年の挨拶をする際の例文をいくつか考えてみました。ぜひメッセージを考える際の参考にしてみてくださいね。

会社の上司や先輩に送る場合

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。いろいろと助けていただき、本当にありがとうございました。
昨年ご指導いただいた経験を活かして、今年はご期待に沿えることができるよう、精進していく所存です。
本年も変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

会社の同僚などに送る場合

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
幸多き年となりますように、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事上で付き合いのある人の場合

新年あけましておめでとうございます。
昨年中は〇〇の件で、大変お世話になりまして、ありがとうございました。
いつも〇〇などのご配慮をいただきまして、本当に感謝申し上げます。
本年もなにかとお世話になることと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

LINEで新年の挨拶を送る場合は……

特に仕事上やビジネスシーンで、年賀状代わりにLINEで新年の挨拶をする際は、その気持ちをひと言メッセージで送れるといいと思います。

たとえば、「略儀ながらメールにて失礼いたします」「今年も挨拶がメールになってしまい、申し訳ございません」などでしょうか。

ほかにも、「年賀状を頂戴いたしまして、ありがとうございます」「本来でしたら、きちんと対面で申し上げるべきところを、メールにて失礼いたします」など、相手の好意に応じて送る文面を変えられるといいかもしれませんね。

ひと言添える言葉があるかどうかで、LINEながら新年の挨拶がグッと印象深いものになるでしょう。マナーも押さえられているということで、相手への気配りも感じさせられるのではないでしょうか。

LINEで年始の挨拶をしても失礼にならない?

なかには、LINEで新年の挨拶をすることに、抵抗がある人もいるかもしれません。基本的には、親しい友人など、相手との距離感に応じて、考えられるとよさそうです。

あるいは、相手側が年賀状のやり取りを望んでいなかったり、会社などの慣習によって年賀状ではなく、メールなどの方法を取っていたりする場合もあるでしょう。

しかし、一方で「新年の挨拶は必ず年賀状で」という人や、同様の会社があるのも事実だと思います。毎年必ず年賀状を送ってきてくれる人であれば、年賀状で返したほうがマナー違反にはならないでしょう。

また、会社の上司や仕事上でお世話になった人など。年賀状で送ったほうが、マナーをしっかりと守れる場合もあるはずです。

逆に年賀状を送ったほうが、いい印象を与えられるのであれば、LINEで簡単に送るよりかは、手間をかけて準備したほうが気持ちは伝わるのではないでしょうか。

おわりに

新年の挨拶は、一年に一度しかないものです。普段お世話になっていて、なかなかお礼が言えていない場合や、少し疎遠になってしまっている人と交流が持てる機会は、貴重だと思います。

今年はLINEで新年の挨拶を考えているけど、いざ送ろうと思うと悩んでしまいそう。年賀状でなくて失礼じゃないかな……。そんな風に困ってしまったら、ぜひ上記の例文を含めて参考にしてみてくださいね。

柚木深つばさの他の記事を読む