七草粥はいつ食べる?作り方とその由来とは

お正月の終わりに食べる「七草粥」。あなたは毎年食べていますか?

春の七草を入れておかゆにするシンプルな食べ物ですが、どんな意味でお正月の終わりに食べるのかを詳しく知っている人は意外と少ないかもしれませんね。

今回は、春の七草の意味とともに、七草粥の歴史、食べる理由、食べる日、美味しく食べるためのレシピなどを紹介していきたいと思います。

七草粥の歴史

七草粥を食べる風習は、中国から始まったとされています。中国の前漢の時代に、「元旦は鶏、2日は犬、3日はイノシシ、4日はひつじ、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀」と日にちを動物や人に見立てた占いが行われていました。

唐の時代になると、1月7日の「人の日」に七種類の野菜を入れた汁物を食べて、無病息災を祈っていたそうです。その風習が日本に伝わり、かつてお正月に若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習と結びつき、現在の七草粥のスタイルになったといわれています。

光考天皇(830~887年)は若菜摘みの風習を歌に詠んでいます。

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」

現代語訳にすると、「あなたのために春の野原に出て若菜を摘んでいると、春だというのに着物の袖に雪が降ってきた」という風になります。この歌は百人一首にも入っているので、聞き覚えのある方もたくさんいるのではないでしょうか。

七草粥とは

七草粥は、一般的にはお正月の最後の日、1月7日の朝に食べるおかゆのことをさします。七草粥の中には、春の七草やおもちが煮込まれています。

1月7日は、「松の内」と呼ばれる期間の最終日にあたります。「松の内」とは1月1日~1月7日をさし、この間を一般的にお正月とします。

春の七草とは

では、七草粥に入れる春の七草とはどのようなものなのでしょうか。ひとつひとに意味があります。

・芹(せり)……競り合うように生えることから、「競り勝つ」という意味がかけられています。水辺の山菜で香りがよく、食欲増進が期待できます。

・薺(なずな)……ぺんぺん草とも呼ばれるなずなには、「なでて汚れを取り除く」という意味があるそうです。食べることで解熱や利尿作用の効能が期待できるそうです。

・御形(ごぎょう)……人形のことで、「仏のからだ」を表す縁起物です。風邪予防に効果的という説があります。

・繁縷(はこべら)……「繁栄がはびこる」縁起物であり、古来、腹痛や歯槽膿漏の薬として使用されてきた薬効の期待できる食べ物です。目によいビタミンAが豊富。

・仏の座(ほとけのざ)……仏様が座っている座のように葉がつくのでこの名前で呼ばれていました。黄色い花を咲かせます。食物繊維が豊富で、胃の健康と整腸作用が期待できるとされています。

・鈴奈(すずな)……かぶのことです。神を呼ぶ鈴に見立てられたそう。消化を促進し、便秘解消が期待できるといわれています。ビタミンが豊富。

・清白(すずしろ)……大根のことです。「汚れのなき清白」を意味し、消化を助け風邪予防が期待できます。

七草粥を食べる理由

七草粥に入れる春の七草には、上記のような縁起のいい意味があります。ですから縁起をかついで、吉を呼ぶために食べるというのが、ひとつ目の意味です。

ふたつ目の意味は、七草には薬草の効果があります。これを食べると、一年の無病息災、健康長寿を祈れるのとともに、お正月でおいしいものを食べ過ぎた胃や腸を休めるという意味もあるのです。

七草粥の作り方

では、七草粥はどうやって作ったらいいのでしょうか。作り方はとても簡単ですので、ぜひ家で作ってみてください。

■材料(4人分)

米……1合
七草……適量
塩……少々

■作り方

1.米をとぎます。
2.土鍋に、米と水900mlを入れ、強火にかけましょう。
3.沸騰したら弱火にし、30~40分炊いていきます。
4.七草を包丁で細かく刻みます。
5.おかゆが炊き上がったら、塩と七草を入れ、全体をかき混ぜれば完成です。
※青臭さが気になるなら、ゴマ油を少したらすと中華風になって食べやすくなります。
 また、ひき肉を炒めたものや、卵を入れるのもオススメです。土鍋がなかったら、普通の鍋でも大丈夫です。

セットやフリーズドライの七草もある

スーパーなどでは、七草がセットになっているものも売っているところが多いようです。ひとつひとつ買い揃えるよりも、お買い得ですし、楽ちんです。

また、七草がフリーズドライになっているものもあります。できたおかゆに混ぜるだけです。これなら、七草を刻む手間も省けていちばん便利。ネット通販などで買えますので、ぜひ調べてみてください。

七草粥を食べて健康を祈ろう!

1月7日といえば、もう仕事始めで忙しく、のんびりおかゆを作っている気分にはなれないかもしれませんね。

でも、食べることで無病息災を祈願できますし、季節も感じられます。何より、お正月暴飲暴食した胃を休めるのに最適な食べ物です!

フリーズドライの七草もありますし、手間を省こうと思えば可能です。ぜひ食べて、1年の健康を祈りましょう。

紅 たきの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…