冬こそアイス! 寒くても食べたくなる理由と新作5選

みなさんは冬でもアイスを食べますか? 筆者は季節を問わず一年中アイスを食べています。実は、冬に売れるアイスの傾向があるんです……!

寒い冬にまでアイスを食べるなんてという考えは捨ててほしいくらい、冬のアイスは格別においしい!

なぜ寒い冬でもアイスが食べたくなるのか、そして冬に発売されるアイスの特徴とおすすめのアイスをご紹介します!

寒い冬にアイスが食べたくなる理由

寒い冬でもアイスが食べたくなる理由は、室内がアイスを食べるのにピッタリの温度だからです。

ある調査で、アイスがおいしく食べられる気温は25℃前後という結果が出ており、一般的に、気温が22℃~23℃を超えるとアイスがよく売れるようになるんだとか。

冬は暖かい室内にこもりがちになってしまうので、常にアイスがおいしく食べられる状態と言えるでしょう。

 

冬のアイスの特徴

濃厚なミルク系のアイスが人気

冬のアイスの特徴は、濃厚なミルク系アイスが人気です。冬に発売されるアイスも、こってりとしたものが多い傾向があります。

逆に夏に人気が出るアイスは、シャーベット系やかき氷などが人気です。体は冷やしたいけど、夏場の弱った胃腸にこってりアイスだとちょっと重たいということで、さっぱりと食べられるものが選ばれる傾向があります。

ちょっと贅沢な高価なアイス

12月は「頑張った自分にご褒美」ということで、いつもより少し贅沢なアイスを選ぶ人が多いそうです。

人気のハーゲンダッツは12月が最も売れるんだとか。仕事納めの日は、ついつい自分にご褒美をあげたくなる気持ちがよくわかります……。冬の新作アイスも少しリッチなものが多い印象です。

冬の新作アイス

この冬に発売された新作アイスの中でおすすめをご紹介します! 

pino みつきアーモンド味

ファミリーパックのpinoでしか食べられなかったアーモンド味が、ついにソロデビュー!

過去に一度発売されたことがありますが、あまり売れ行きが良くなくて姿を消してしまいました……。ですが今回、アーモンドの粒々感を改良するなど、リニューアルして発売されています。

期間限定なのでお早めに!

雪見だいふく ハートのいちご

雪見だいふくから甘酸っぱいいちご味が登場! ひっくり返すとハート型に……♡ 彼とシェアして食べるのもよし、ハートを独り占めしてもよし。ときめきをくれる可愛いアイスです。

ハートのいちご限定で特別なデザインフォークが入っているらしいので見つけた方はSNSで自慢しましょう♡

冬のチョコパイアイス

大人気のお菓子「チョコパイ」から初めてアイスが発売されました! サンドされているアイスやケーキ生地までチョコづくしの、チョコ感たっぷりの、チョコ好きなら必ず食べておきたいアイスです。

食べる牧場コーン

ファミマ限定の大人気アイス「たべる牧場ミルク」がコーンアイスになって登場! カップアイスと同様に牛乳56%使用し、ミルク感をたっぷりと感じられるアイスです。数量限定なのでいますぐファミマへ!

ジャイアントコーン 大人の濃厚ホワイトショコラ

コーン型のアイスで人気のジャイアントコーンからホワイトチョコが登場。バタークランチのトッピングに濃厚なミルクバニラアイス、中にはホワイト生チョコが入っています。

一見甘すぎるように思えますが、くどくない甘さで1つペロリと食べきってしまいます。冬らしいこってりとした味わいのアイスです。

まとめ

アイスにも冬には冬ならではの楽しみ方があります。一人でご褒美気分で食べたり、大切な人と分け合いながら食べたりと、寒い冬でもアイスを楽しんでくださいね♪

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…