”聴く読書” オーディオブックの魅力とおすすめアプリ3選

耳で聴いて本を楽しむことができる「オーディオブック」をご存知ですか?

「聞いたことはあるけど、よく知らない!」「本当に耳で聴いているだけで頭に入ってくるの?」「オーディオブックで読める本は限られているんでしょ?」

気になるけれど、まだ試したことのない方のために、今回は「オーディオブック」のメリットとおすすめのアプリをご紹介します!

オーディオブックとは?

”聴く読書” オーディオブックの魅力とおすすめアプリ3選

オーディオブックとは、書籍を朗読したものを録音した音声コンテンツのこと。いつでもどこでも、耳だけで読書を楽しめることから、「聴く本」と呼ばれています。

オーディオブックの内容は、ビジネス書や自己啓発本、小説など実にさまざまです。参考書や図説など、重たくかさばるものも、PCやスマホ、タブレットなどがあれば簡単に持ち歩くことができます。

オーディオブックのほか、「カセットブック」「カセット文庫」「CDブック」と言い換えられることもあります。

オーディオブックのメリットは?

”聴く読書” オーディオブックの魅力とおすすめアプリ3選

では、オーディオブックにはどのようなメリットがあるのでしょうか。導入を検討している方は、早速チェックしてみましょう。

いつでもどこでも読書を楽しめる!

忙しくてゆっくり読書をする時間がない方に絶対おすすめ。オーディオブックは、スマホとイヤホンさえあれば、移動中やランニング中、家事や育児、運転をしながら本を聴いて楽しむことができます。

今まで日常に追われて諦めかけていた読書を、オーディオブック×スキマ時間の活用で、スタートしてみてはいかがですか?

本の持ち歩き/置き場所に困らない!

移動時間に読書をするには、読みたい本を持ち歩く必要があります。でも、単行本はもちろん、コンパクトサイズの文庫本でも、カバンの中に入れると意外とかさばってウンザリしてしまうことがありますよね。

オーディオブックは、いつも持ち歩いているスマホとイヤホンで用が足りるので、余計な荷物が増えることもありません。スマートにお出かけを楽しむことができます。

また、オーディオブックはスマホ内に保存・管理できるので、読み終えた本が自宅に溜まって置き場所に困るといったストレスもありません。

聴くだけなので目が疲れない!

仕事でパソコンに向かい、自宅でテレビやスマホ。1日中「目」を酷使していると、じっくり本を読む余裕はなくなってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、オーディオブックです。アイマスクで目を労わりながら、ゆっくり本を聴いてみてはいかがですか?

活字が苦手でも読書にハマる!

長時間本を読んでいると眠くなってしまう方や、目が疲れてしまう方。活字を読むことに苦手意識のある方でも、オーディオブックなら読書に夢中になること間違いなし!

好きな本を選んで聴くのもよし。好きな俳優や女優、声優などのナレーターから本を選ぶのもあり。プロが読む本は、とにかく聴きやすいのが特徴です。新たな切り口から本と向き合ってみると、楽しみが広がるはずですよ。

英語のリスニング勉強にも最適!

オーディオブックには、洋書もたくさんあります。英語のリスニング対策にオーディオブックを活用して、できるだけ多くの洋書に触れてみましょう。

英語の本を読み進めるのはかなりの体力が必要ですが、聴くだけのオーディオブックならストレスを感じることもありません。

分からない単語や文章があっても、そのまま聴き流しているだけでOK。まずは好きな本を見つけることから始めてみてはいかがですか?

オーディオブックが聞けるおすすめアプリ3選

Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)」は、Amazonが運営するオーディオブック大手の1つです。月額1,500円で、30日間の無料トライアル付き。配信数40万冊と豊富なジャンルから選択可能です。

以前まで聴き放題制でしたが、2018年にコイン制に切り替わりました。毎月付与される1コインで、好きな作品1冊と交換できます。

オーディオブック1冊の相場は2,000~4,000円と比較的高く、高額なものは1万円を超える本もあります。それを毎月1冊1,500円で購入できるのはかなりお得!

購入した本が期待外れだった場合、返品・交換可能。一度交換した作品は、Audible退会後も聴けるのがポイントです。

audiobook.jp

audiobook.jp」は、株式会社オトバンクが運営するオーディオブック大手の1つです。

月額750円の「聴き放題プラン」と、料金に応じてオーディオブック購入に使えるボーナスポイントが付与される550円~33,000円の「月額会員プラン」があります。

30日間の無料トライアル付き。実用書からラノベまで幅広いラインナップで、配信数は約2万7千冊ほど。

たくさんの本を聴きたい方は、対象作品を何冊でも楽しめる「定額聴き放題プラン」がおすすめです。ダウンロードすると、オフラインでも聴くことができます。

kikubon(きく本)

人気声優やナレーターを務めるオーディオブックが豊富な「kikubon(きく本)」。

オーディオブックの購入に使えるポイントが毎月付与される500円~5,000円の「月額制のプレミアム会員プラン」と、欲しい本をその都度購入する月額無料プランがあります。

無料トライアルはありませんが、会員登録をすると古典小説など一部の作品を無料で聴くことができます。

東京創元社とのコラボ作品が豊富なので、SFやミステリ、ファンタジー好きにはたまらないラインナップ。低価格でオーディオブックを楽しみたい方におすすめです。

まとめ

忙しくてじっくり本と向き合うことが出来なかった方も、オーディオブックの「聴く本」なら無理なく続けられるはずです。

まずは今回ご紹介したアプリを試してみてはいかがですか? あなたにぴったりの本が見つかるはずです。

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…