一人で家飲みを楽しみたい! おすすめ映画と人気のお酒3選

家飲みというと男性が一人で晩酌をするイメージ。なんて思っている人はいませんか? 実は家飲みをしているのは男性よりも女性の方が多いというアンケートもあるのです。

女性にとってたくさんのメリットがある家飲みの様々な楽しみ方と、家飲みで人気のお酒を紹介したいと思います。

女性が一人で家飲みを楽しむための準備

女性が一人で家飲みを思いっきり楽しむためには準備が必要です。

もちろん毎日の仕事終わりにちょこっと飲むくらいなら準備は必要ありませんが、「今日は思いっきり飲むぞ! 」という時にはちょっとした準備をしておくといつもよりグレードアップして楽しむことができちゃいます。

準備①好きなお酒を多めに買う

せっかく準備して飲み始めたのに途中でお酒が足りなくなってしまって買いに行くのは面倒くさいですよね。でも飲みたいりないのもつまらない。

そんなことがないように、もし余ったら次の家飲みにとっておこうと思うくらい多めに買っておきましょう。酔っぱらってから家の外に出るのは危険もつきもの。

女性の家飲み上級者は思い立った時においしそうなお酒をストックしておくこともあるとか…。

準備②おつまみの用意

手軽にできるちょっとした料理を作ってもいいですし、デパ地下やコンビニで調達するのもアリ。なんといっても自分のためだけに購入すればいいのだから好きなものを好きなだけ買いましょう。

お酒はあるのにつまみがない! なんてことにならないように日持ちのするキムチなどの漬物類や、スナック菓子は常備しましょう。

お酒を飲み始めてから火を使うのは危険なこともあるので、レンジで温めるだけですぐに食べられる冷凍食品などもおすすめです。

準備③飲み始める前に寝る準備

女性の一人家飲みって最高! 家飲みに人気のお酒3つ

メイクを落としてシャワーを浴びて、パジャマに着替える。いつでも酔いつぶれて眠ってしまえるように準備しましょう。

一人家飲みをするときは誰の目も気にしなくていいので気が楽ですね。ネイルを塗りながら…パックをしながら…だって自由です。

準備④映画やドラマの準備

一人飲みをしながら観るのにおすすめなのは恋愛もの。共感したり、ドキドキしたり、泣いたり。一人きりで飲むと余計なことを考えてしまうという人もいるので、没頭できる映画やドラマを用意しましょう。

休みの日には朝から晩までドラマ漬けという人も少なくありません。一気見は大人の特権ですね。

おすすめの映画やドラマ

映画「プリティーウーマン」

女性の一人家飲みって最高! 家飲みに人気のお酒3つ

言わずと知れたジュリアロバーツ主演の永遠の名作。ダンディなリチャードギアの若いころにすっかりハマり、過去作品を見まくったという人もいるとか。

映画「ヘルタースケルター」

沢尻エリカのの体当たりの演技が見どころ。原作の世界観をそのまま再現した雰囲気に脱帽。友達と見たり、彼氏と見たりするよりも一人でじっくり見たい作品。

海外ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」

何年ものあいだ大ヒットした海外ドラマ。日本とはちょっと違うアメリカの高校生たちの日常をのぞき見したような気分になれます。

恋愛、ドラッグ、家族愛など回ごとに様々なテーマを取り扱っているので見始めたら最後まで見ないと気が済まなくなるかも。

一人飲みに人気のお酒

女性の一人家飲みって最高! 家飲みに人気のお酒3つ

女性の一人飲みではみんなどんなものを飲んでいるのでしょうか。外ではオッサン臭いといわれるのではないかと気になるようなものでも家ならだれの目も気にせずに飲めるのがいいですね。

人気ナンバー1 チューハイ

数あるチューハイの中でも女性はフルーツ系を推す声が多数。

ピーチやブドウといった甘い系のフレーバーはもちろんのこと、レモンやグレープフルーツといった柑橘系も人気。緑茶やジャスミンティーなどの定番のお茶系も支持率が高いです。

人気ナンバー2 ビール

お店に入ったらまずは「ビール」と注文する人も多いですよね。それは男性だけの特権ではありません。家飲みももちろん同じ。お酒を飲み始めるときもまずはビールからという人が多いのです。

外で飲むよりも断然コスパが良い家飲み。いつもよりもちょっと高いものを選ぶ人も多いとか。女子会や飲み会だとパッケージがかわいらしものを選びがちな人も、一人飲みなら何も気にすることがないのでいいですね。

人気ナンバー3 第三のビールなど

質よりも量という人にピッタリなのが第三のビールなどの低価格帯のアルコール。今ではビールよりも好きという人もいるくらいファンがついています。

侮るなかれ味もビールに負けず劣らず美味しいものが増えています。箱買いしてもこの値段でいいの? と驚くほど安いので毎月定期的に配達してもらう人もいるくらいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。もはや誰かと一緒に飲むよりも、自分のペースで飲むことができる家飲みの方が全然好き! という人もいるくらいメジャーとなっている一人家飲み。

女性は人の目があるとどうしても自分自身をさらけ出せないことも多いもの。そんなストレスを解消してくれるのが一人で過ごす家飲み時間なのかもしれません。

好きなものを食べて、好きなものを飲んで、眠くなったら眠る。好きな映画を見て撮りためたドラマを見て、泣いたり笑ったり。

どんなに酔っぱらっても誰かに醜態を責められることもなく、だらしないとかはしたないとかも気にしない! 家飲みってサイコー!!

miichikinの他の記事を読む