「今日休もうかな……」仕事にやる気が出ない理由とは?

必ずしも、世にいる多くの人が好きな仕事をしているとは限りません。そして、全ての人が、仕事に対して常にやる気がある訳ではありません。

むしろ「早く休みにならないかなぁ」「月曜日は憂鬱」と考えている人が、世の中には非常に多いです。

とくに仕事にやる気が出ない時は、つい業務の効率も悪くなってしまいがち。

では、仕事にやる気が出ない時はどのような対処をすればいいのでしょうか。そこで今回は、仕事にやる気が出ない時の対処法をご紹介します。

仕事でやる気がでない理由

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

仕事でやる気が出ない時、漠然と「どうしてやる気が出ないんだろう?」と悩んでしまいがち。

そんな時は、改めて自分自身の生活習慣を見直してみて下さい。睡眠できているか、食事は朝昼晩しっかり食べているのか、楽しみごとがあるかなどなど。とくに睡眠不足は、やる気を大きく失ってしまう理由のひとつ。

睡眠不足になると、無気力になってパフォーマンスも落ちてしまいます。ここ最近寝れてない方は、なるべく早めに寝るように意識してみましょう。もし眠れないなら、心療内科に相談してみましょう。

軽い睡眠不足であれば、蒸気式のホットマスク「めぐりズム」もオススメ。目の上にめぐりズムを当てると、スッキリしてぐっすり眠れます。使い捨てなので、場所も取りません。筆者も、なかなか寝れない時に愛用しています。

また、朝食を食べないのも仕事で能率が上がらなくなる理由のひとつ。元気がでない、やる気が出ない時こそ、朝を食べる気力がないかもしれませんが、せめて牛乳、バナナだけでも食べるように意識してみましょう。

仕事でやる気が出ない時はどうすればいい?

上記で紹介した理由をクリアしても仕事にやる気が出ない時は、仕事の前にコーヒーなどといったカフェインを摂取しましょう。カフェインを摂取すると脳が覚醒するので、やる気も出てくるはず。

ただ、あくまでカフェイン摂取によるやる気は一時的なもの。常にやる気がでない、長期的目線でやる気を出して仕事をしたいならば、少しお金はかかりますが旅行、エステといった楽しみごとにお金を投資してみるのもオススメです。

憧れのブランド品を思い切って買ってみるのもいいですね。楽しいことにお金を使うと、お金を得ることが目標になります。楽しめば楽しむほど、労働意欲も増すはずです。

筆者がやる気が出ない時に試していた方法をご紹介

「小顔マッサージ」が「たるみ」の原因になる?セルフマッサージの危険性とクリニックでの小顔整形について

筆者がOLだった頃は、やる気が出なくなるとオイルマッサージや針美容など、エステの予約をしていました。エステに行くと疲れが取れるので、やる気が取り戻せます。肩こり、首こりは続くと、どんどん気力体力が低下してしまいます。

なかなか疲れが取れない人は、マッサージやエステに定期的に通ってみるのもいいですね。また、肩こり、首こりのある方は、同時に腰や頭も凝っているケースが多いです。

長時間の座り作業で、体が歪んでいるケースも少なくありません。そのため、疲れを取るために整体、ヘッドスパも効果的です。

他には、いつもより少し高めのカフェに行って気分を高めていました。少しお金を使って、自分にご機嫌を取ってあげるのです。すると、自分の心も体も喜んで、労働意欲も沸いてきます。

金欠だからお金をかけずに「やる気」を出したい……

マッサージや買い物でやる気を取り戻すことはできるものの、お金がかなりかかってしまいます。とくに、今金欠の人であれば、できるだけお金をかけずにやる気を出したいところ。

そんな時にオススメなのが、冷水洗顔。朝の洗顔で冷水を使うと、気持ちがシャキッとします。また、朝いちばんにストレッチやラジオ体操をすると、体が目覚めてリフレッシュに繋がります。

いずれもお金がかからないので、ぜひ試してみて下さいね。

仕事でやる気がない時の対処法をご紹介まとめ

仕事でやる気が出ない時は、コーヒーや紅茶などのカフェイン摂取、起きて一番にストレッチ、冷水洗顔、ラジオ体操などで体を目覚めさせるのもオススメです。

お金に余裕があるなら、マッサージやエステで体の疲れを取りましょう。仕事で稼いだお金で、自分にご褒美をするのもいいですね。

自分のためにお金を使うことで、「また次のご褒美のために、お金を稼ごう!」という気持ちになります。

早めに寝て睡眠時間をたっぷりとるのも、気力、体力回復に繋がります。気力体力が回復すると、モチベーションもアップするはず。

みなさんも、上記で紹介した方法を活用して、仕事をこれからも頑張って下さいね。

みくまゆたんの他の記事を読む