「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

2020年から急速に導入されてたテレワーク(在宅勤務)。突然のテレワークで会社に出社していた時と同じパフォーマンスが出せない……と悩んでいる方も多いのでは?

効率よく仕事をする上で欠かせない仕事環境を整えたのにも関わらず、なぜか集中できないことってありますよね。

そこで今回は、テレワークで集中できない理由を解説しつつ、集中力を高めてサクサク仕事をこなすコツをお伝えします。

テレワークで集中できない時の理由

理由①:視界に入る位置にスマホがある

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

視界にスマホがあることで、通知が来るたびに画面に目が行き通知の内容が気になってしまいます。

テレワークで誰にも見られていない環境では、仕事中でもついスマホをいじってしまう人も多いのでは?

その度に集中力が切れ、元の作業に戻るまでに時間を要してしまいます。

理由②:仕事をするスペースが食事をするスペースと同じ

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

今まで完全なプライベート空間に仕事を持ち込んでいる状態なので、プライベートと仕事の棲み分けが必要になります。

特に、いつも食事をしているテーブルをそのまま仕事でも使用していると、プライベートと仕事の区切りがつけにくくなり、家にいるリラックス状態で仕事をしてしまうので自然と作業スピードが落ちてしまいます。

理由③:”ながら” で仕事をしている

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

テレワークでついやってしまうのが、仕事の合間に掃除や洗濯などをしながら作業をしてしまうことです。

区切りの良い所なら良いのですが、洗濯が終わったタイミングで仕事の手を止め洗濯物を干すなど、家事のタイミングに合わせて作業を中断してしまうと、集中力が途切れてしまいます。

テレワークでも集中して仕事をするコツ

コツ①:仕事用の服に着替える

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

部屋着のままだとプライベートと仕事の区切りがつきにくくなり、だらだらと仕事をしがちになります。

オンライン会議がなくても仕事用の服に着替えて仕事をすることで、仕事モードのスイッチが入りやすくなるので必ず着替えましょう。

コツ②:生活感を排除した作業スペースを作る

仕事モードのスイッチを入れるには、環境も重要になります。完全なプライベート空間で仕事をするのではなく、生活感を無くした作業スペースを確保しましょう。

プライベート空間には漫画やテレビなど、誘惑されるものが多いので、仕事をするスペースは徹底的に生活感を無くして会社のデスクに近い状態にしましょう。

コツ③:始業時間ギリギリで起きない

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

テレワークで通勤時間がない分、つい始業時間ギリギリまで寝てしまう人も多いのでは?

時間ギリギリで起きてパソコンを開いても、頭がまだ働いていない状態なのでどんな作業に取り掛かろうが集中して効率よく仕事をすることができません。

始業時間の数時間1~2時間前には起きて身支度や朝食を済ませるなど、しっかりと頭も動くようにコンディションを整えましょう。

コツ④:仕事に取り掛かる前に1日のスケジュールを決める

テレワークになると、タスク管理がより重要になります。

仕事に取り掛かる前には必ず1日のスケジュールを決めて、しっかりと時間を区切って作業しましょう。

「〇時から〇時までこの仕事を完了させる」と決めて取り掛かれば、設定した時間より早く終われば効率よく仕事ができたことになり、逆に時間がすぎてしまっていたら改善すべき、と振り返ることもできます。

コツ⑤:作業ごとにタイマーを設定する

「全集中!」テレワークで集中力を高めるコツ5つ

仕事のスケジュールを決めても、設定した時間をつい忘れてしまいがち……。そうならないためにもスマホでタイマーを設定することをおすすめめします。

タスクを始める前には必ず設定した時間のタイマーをかけましょう。そうすることで「タイマーが鳴るまでにタスクを終わらせる」と集中して作業をしやすくなります。

また、オンライン会議の時間もタイマーをかけておくことでお、つい時間が過ぎていたなどというミスを防ぐことができます。

まとめ

人の目が届かない場所で仕事をすると、つい自分を甘やかしてしまいがちになりますが、今回紹介したコツを参考に集中力を維持しながら効率よく仕事に取り組めるように心がけてみてくださいね。

KOIGAKUの他の記事を読む