定番からトレンドまで♪ ホワイトデーのお返し6選

今年のホワイトデーは、ちょっと変わったお返しで女性のハートをぐっと掴んでみませんか?

キャンディーやマシュマロ、クッキーなどの定番商品から、コロナ渦ならではのハイセンスなギフトを一挙にご紹介します。「ギフト選びに頭を悩ませている方」「他人と差を付けたい方」は早速チェックしてみて!

ホワイトデーの「お返しギフト」の相場は?

【体験談】ホワイトデーの残念な思い出

ホワイトデーのお返しギフトの相場は、1000~3000円前後。バレンタインにもらった金額の2倍がベストです。

「お返しはいらないからね」と言いながらも、こっそりお返しを期待しているのが女心です。女性たちの期待を裏切らないためにも、センスのいいプレゼントを贈りましょう。

ちょっと変わったホワイトデーのギフト3選

フェイスパック

コロナ渦で迎えるホワイトデー。長時間のマスク着用により、「マスク肌荒れ」に悩む女性が増えているといいます。

また、おうち時間の増加に伴い、女性たちの美容にかける時間も増加傾向に! 美意識の高い女性にリッチなフェイスパックを贈れば、喜ばれること間違いなしです。

恵比寿すこやか鍼灸整骨院のオリジナルフェイスパックは無添加(アルコール/香料/着色料/鉱物油)。敏感肌の方にもおススメですよ。

マカロンマスク

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

VISUAL TOKYO MART(@visualtokyomart)がシェアした投稿

マスク生活が当たり前のいま、ファッションの一部としてマスクでオシャレを楽しむ女性が多くなってきました。

ホワイトデーの定番スイーツ「マカロン」をイメージした「マカロンマスク」で、キラッと光るセンスの良さをアピールしてみてはいかがですか?

マカロンマスクは全部で10種類。色とりどりのマカロンを選ぶように、女性にぴったりのカラーを選んでみて!

保湿もできる除菌ジェル

美意識の高い女性に人気の化粧品メーカー「ロクシタン」から、保湿もできる除菌ジェルが登場! 人気No.1のすっきり爽やかなヴァーベナの香りで、手肌の清潔を保ちながら、うるおいのある素肌に整えます。

持ち運びに便利な65mLサイズで、外出先で手が洗えないときも、さっぱりリフレッシュできるのが魅力的です。「ヴァーベナ アイスハンドクリーム」とセットでプレゼントして、女性のハートをぐっと掴んでみて!

ホワイトデーの定番ギフトTOP3

コロナ渦とはいえ、やっぱりホワイトデーの定番アイテムは抑えておきたいところ! gooランキングの「ホワイトデーのお返しで感心しちゃう菓子ブランドメーカーランキング」を参考に、女性が喜ぶギフトTOP3をチェックしておきましょう。

ゴディバ

春らしいグリーンの小花柄の箱にティータイムにぴったりのチョコレートを詰め合わせたホワイトデーコレクション。オンライン限定アイテムも販売しているので、コロナ渦でもスマートにお買い物できそうですよ。

キルフェボン

「食べてみたい!」「ホワイトデーにもらいたい」とSNSでも話題なのが、キルフェボンの新作タルト「イチゴとオレンジムースのタルト」。旬のいちごと、パールチョコを飾った特別なケーキを贈ってみてはいかがですか?

トシ・ヨロイヅカ


日本を代表するカリスマパティシエ「トシ・ヨロイヅカ」が手掛けるスイーツは、「繊細で美味しい!」と女性たちから大人気。定番のチョコレートはもちろん、ホワイトデーにぴったりな新作ケーキも要チェックです。

ホワイトデーのお返しで避けたいNGアイテム3つ

好きな女性を喜ばせようと思って贈ったギフトが原因で、二人の関係がギクシャクしてしまうことも……。gooランキングの「ホワイトデーのお返しで残念だったものランキング」を参考に、こっそり避けておきたいホワイトデーのお返しアイテムをご紹介します。

バレンタインにもらったギフトより安いもの

女性がホワイトデーのお返しをもらって残念だと感じたのは、「こちらが渡したものより明らかに金額が低い」ものだったようです。

いただいたギフトの値段を調べるのは気が引けますが、ギフト選びをする前にお返しの相場を掴んでおくのが最低限のマナー。絶対に女性からのギフトよりも高いものを選ぶようにしましょう。

趣味ではないハンカチ/タオル

コロナ渦で手洗いの機会が増えるからと思って、安易にハンカチやタオルを贈っていませんか? 女性は毎日使うものだからこそ、「好きなブランド」「好みのデザイン」を選んでいることを忘れてはいけません。

実用品を贈るときには、「機能性」はもちろん、女性が好きなブランドやファッションの傾向をチェックしておきましょう。うっかり見当違いのものを贈るとガッカリさせてしまいますよ。

趣味ではないアクセサリー

「ハンカチ」や「タオル」に続いてランクインしたのが、「趣味ではないアクセサリー」。ホワイトデーにアクセサリーを受け取った女性は、「もらったからには身につけなければ……」というプレッシャーでストレスを感じてしまうそうですよ。

趣味に合わないものをプレゼントして「私のこと、何もわかっていないのね」とガッカリされないためにも、アクセサリーを贈る際には事前リサーチを念入りに!

まとめ

【体験談】ホワイトデーの残念な思い出

コロナ渦で迎える2021年のホワイトデー。定番ギフトはもちろん、今年はちょっと変わったプレゼントで、女性との心のソーシャルディスタンスを縮めてみてはいかがですか?

mookの他の記事を読む