3月9日は『ありがとうの日』誰に感謝を伝える?

3月9日と聞くと、レミオロメンの曲「3月9日」を思い出す人も多いのではないでしょうか?

ただ、3月9日が「ありがとうの日」に制定されていると知っている人は決して多くはありません。では、ありがとうの日とは一体どのような日なのでしょうか?

そこで今回は、ありがとうの日の由来と、おすすめの過ごし方について紹介します。

なぜ3/9を「ありがとうの日」と呼ぶようになったの?

「ミステリアスなモテ女子」診断。なんか気になる存在がモテる!?

3月9日をそれぞれ分けると、3(さん)、9(きゅー)となります。さらにこの(さん)(きゅー)を足すと、英語の「サンキュー」と同じ呼び方になるため「ありがとうの日」と制定されました。

また、ありがとうの日を制定したのはNPO法人HAPPY&THANKSで、「ありがとうを届ける日」というメッセージを込めて制定しました。

3月9日を「3.9DAY ありがとうを届ける日」として、みんなが感謝のバトンを渡し合える優しい世界を目指すために制定したそうです。

国民の祝日という訳ではないのですが、国民の祝日になるよう目指して活動しているとのことです。

そもそも「ありがとう」の意味とは?

ありがとうという言葉は、お世話になっている人に感謝の気持ちを伝える時に使う時の挨拶として一般的に使われています。

形容詞の「有り難し」が語源であり、「有り難く(ありがたく)」の「く」をウ音にして「ありがとう」となりました。

そもそも「有り難し」という言葉には「有ること(あること)」と「難い(がたい)」という意味が含まれています。

そして、その2つの言葉を合わせると「有ることが難しい」となり、「珍しい」「めったにない」といった意味になります。

つまり「ありがとう」の反対語は「めったにない」の逆の意味となるのです。よく言われやすい言葉で表現すると、「当たり前」とも言います。

このように考えると、ありがとうという言葉は「決して当たり前ではない」という意味になります。

つまり、今あなたが平和に暮らしているのであれば、それは決して当たり前なのではなく、周囲の人たちのサポートを得られてきたからこそと言えるでしょう。

今こそ、これまで当たり前だと思っているものに目を向けてみましょう。そして、今まで助けてくれた人の顔を思い浮かべてみましょう。

ありがとうの日はどうやって過ごせばいい?

ありがとうの日には、これまで感謝を伝えたいと思っている人に「ありがとう」の気持ちを伝えてみるのがオススメです。

たとえば、これまで何がしら迷惑をかけてきた人がいて、サポートしてもらったのならば、この機会に「あの時はどうもありがとうございました」と、改めて御礼をしてみてはいかがでしょうか?

きっと、相手にも喜んでもらえること間違いありません。また、あなた自身も御礼を伝えて気持ちがスッキリするはずです。

えっ? 誰も思い浮かばないって? もし、今自分が平和で幸せに過ごしているならば、きっと両親、友人、恋人に恵まれているはずです。

一度、改めてこれまでお世話になってきた人のことを振り返ってみるといいでしょう。きっと、誰がしら思い浮かぶはずです。

言葉で伝えるのは恥ずかしい…… そんな時どうすればいい?

クリスマスプレゼントで1000円プレゼント。喜ばれるプレゼントって何?

言葉で「ありがとう」と伝えるのが照れくさい方は、プレゼントを渡してみるのもオススメです。

プレゼントには、メッセージカードを忍ばせておくのもいいですね。メッセージは簡単なもので大丈夫です。大切なのは、あなたのその気持ちです。

ただ、プレゼントを渡す時はなるべく相手に迷惑をかけないものを選ぶようにしましょう。

たとえば、普段からお世話になっている人が異性で、その人に伴侶や恋人がいる場合、相手のパートナーから誤解される可能性があります。

その場合は、なるべく慎重にプレゼントを渡すようにして下さい。また、この時ばかりはメッセージカードも誤解を招く恐れがあるので、控えた方が無難です。

ありがとうの日を感謝一杯に過ごすために

ありがとうの日は、改めて自分と関わっている人との関係を振り返ってみるいい機会かもしれません。

思うように上手くいかないことがあると、つい何かのせいにしたり、嫉妬心をぶつけてしまう人は少なくありません。

でもそんな時に、愚痴や不満を聞いてくれたりする人がいるなら、その人に感謝してみてはいかがでしょうか?

そもそも人の愚痴や不満を聞くのは、エネルギーを使うものです。当たり前だと思って接していると、いつか友人が離れてしまう可能性は大いにあると思います。

そうならないためにも、お世話になって来た人に改めて感謝の気持ちや御礼を伝えてみて下さい。普段は恥ずかしくても、3月9日は感謝の日だからと前置きすれば伝えやすくなるはずです。

感謝の気持ちを忘れない、助けてもらって当たり前だと思わないことで、大切な人との縁を繋げたり、深めることができるようになりますよ。

みくまゆたんの他の記事を読む