テレワークでサボる人とサボらない人の違いとは

コロナ禍により、日本ではテレワーク化が進んでいますよね。しかし、テレワークの問題と言えば仕事をサボる可能性があるということではないでしょうか?

そこで今回の記事では、テレワークで仕事をサボる人とサボらない人の違いからサボるデメリット、サボり癖がある人の改善策を詳しく解説していきましょう。

テレワークでサボる人とサボらない人の違い

テレワークのメリットデメリットとは?

テレワークでサボるかサボらないかは、出社していた時の勤務態度と基本的に変わらないと言われています。そのため、元々サボり癖のあった人は、テレワークでもサボりやすいです。

テレワークでサボっているかどうかを実際に調査したアンケート結果では、「サボっている」と回答した人のほとんどが、出社していた時にもサボっていたことが明らかになりました。

逆に、出社時にサボらず真面目に働いていた人は、テレワークになってもサボらない傾向にありました。

また、仕事が忙しかった人もテレワークに移行をしても業務量が多いため、サボっている暇がありません。

もしも仕事が忙しい人がテレワークだからと仕事をサボってしまうと、仕事が溜まってしまい、サボっているのがバレてしまうため、仕事が忙しかった人もサボるのは難しいでしょう。

テレワークでサボる人とサボらない人の違いは、これまでの勤務態度・仕事量の差で変わると言えるでしょう。

テレワークでサボった時のデメリット

テレワークで仕事をサボるデメリットは、一見ないように見えて実はあります。サボることでどのようなデメリットが発生するのでしょうか?

仕事をサボりすぎて、その日の仕事の成果や報告が何もない場合、サボっていたことを疑われてしまいます。

そんなことが何日も続けば、仕事をサボっていたことが会社にバレてしまうでしょう。

その会社のITシステムによりますが、あなたのアカウントが何時にログオンしてログオフしたのかなどの記録をとっている会社も少なくありません。

その記録を問い合わせた場合、あなたが何時にウェブページを開いたのかやソフトを使ったのかなども知ることができるので、会社によっては仕事をサボっていることがバレてしまう原因になります。

また、MicrosoftのTearmsというテレワークでの導入率が高まっているソフトは、自分の状況を相手にリアルタイムで知らせることができるソフトにです。

そのため、ずっと離席中になっているとサボりがバレてしまうでしょう。サボっていることが周りにバレてしまったら、信用度が下がり、大事な仕事が任されなくなる原因にもつながり兼ねません。

場合によっては、減給されてしまうこともあるでしょう。テレワークで仕事をサボると、このようなデメリットがあるので注意が必要です。

もし、テレワークをサボるメリットがあるとすれば、精神的な疲労から解放されることが挙げられます。

しかし、サボりすぎると問題になってしまうため、「サボる」というよりも適度に「休憩」をしながら仕事を進めるのが良いでしょう。

テレワークでサボり癖がある人の改善策

本当に必要なものとは? テレワークで買ってよかったアイテム7選

どうしてもテレワークでサボってしまいがちという人は、周りからの信頼を失う前にサボり癖を改善しなければなりません。サボり癖がある人のために、改善策を紹介しましょう。

仕事に集中できる環境を整える

周りにテレビやスマートフォンなどがあると、つい見たい気持ちに駆られ、集中力が散漫してしまうのではないでしょうか?

まずはそういった気持ちをなくすために、目に見える範囲にテレビやスマートフォンを置くことを辞めましょう。目に見える範囲にないだけでも、集中力がアップします。

また、集中力をより高めるために、朝食を食べる・仕事着に着替えるなどのルーティンを作ることも大切です。

適度に休憩をはさむ

集中力が切れて気持ちをリフレッシュしたい時には、適度に休憩をはさみましょう。「ポモドーロテクニック」という方法は、集中して仕事をするために有名な休憩の取り方です。

「25分仕事をしたら5分休憩をとる」方法を繰り返す技となっており、集中力を維持することができます。集中力が持たないという人は実践してみてください。

ToDoリストを作る

仕事をサボらないためには、その日にすることのリストを作るのも有効です。資料の作成や打ち合わせの所要時間をそれぞれ設定し、何時を目安に仕事を終わられるようにするのかしておきましょう。

ToDoリストを作って仕事をすることで、ダラダラと仕事をすることを防げます。

おわりに

テレワークのメリットデメリットとは?

勤務タイムが真面目な人・仕事が忙しい人は、テレワークになっても仕事をサボりにくい人です。逆に、これまで仕事をサボっていた人・仕事が暇な人は、テレワークで仕事をサボりやすい人です。

テレワークで仕事をサボった場合、バレる可能性があり、周りからの信頼を失うことになる可能性も……

仕事のサボり癖がある人は、仕事に集中できる環境を整え、スケジュールを組み、適度に休憩をはさみながら仕事に集中してみてくださいね。

早紀の他の記事を読む