おうちでシェイプアップ! おすすめダイエットアイテム6選

おうち時間が増えて、お腹や足のお肉が気になり始めた方も多いのではないでしょうか? テレワークで通勤がなくなったり、ジムに行けなくなったりと運動する機会は減っています。

その分時間は余っているのに、ついベッドでゴロゴロしてしまい、余計に太ってしまった…… なんてことも少なくありません。そこでおすすめなのがおうちで楽しく痩せられる「ダイエットアイテム」です。今回は、おうちで使えるダイエットアイテムをご紹介します!

ダイエットアイテムの選び方は?

気軽に運動を取り入れられるダイエットアイテムはとても人気ですが、その分種類も豊富です。また、買ったはいいけど使わなくなってしまった…… という声もよく耳にしますよね。

ダイエットアイテムを無駄にしないためには、日常生活で使いやすいアイテムを選ぶことが重要です!

例えば、イスやクッションなどのタイプは取り入れやすい上に価格も低いのでおすすめです。

また、大きくて場所を取る器具の購入は、小さめのアイテムに慣れてからが良いでしょう。大きなものは小さなものに比べて手軽さがなく準備も大変なため、使わなくなってしまう可能性が高いですよ。

おすすめのダイエットアイテム6選!

初心者や運動嫌いの方にもおすすめできるアイテムですので、ぜひ参考にしてみてください!

ドクターエア「3Dスーパーブレード スマート」

この商品は、乗るだけで全身のスタイルを良くしてくれると話題のエクササイズツールです。1分間で840回振動するため、立っているだけで気になるお肉に十分な刺激を与えることができます!

また、使用する体勢によって刺激される部分が変わってくるため、気になる部分を重点的に刺激することも可能です。

ドクターエアはダイエット器具以外にマッサージ系のアイテムなどを販売しているため、人体を知り尽くしていると言えるメーカーです。乗るだけでいいという手軽さから、運動が苦手な人も飽きずに続けられるでしょう。

マクセル EMS運動器 ACTIVEPAD「もてケア」(R410シリーズ)

もてケア

「もてケア」HP

貼るだけでトレーニング効果が期待できる「もてケア」はEMSで体を引き締めてくれます。

トレーニングのパータンと強度レベルが20段階になっているので、筋肉が刺激に慣れることなく長期的に使用できます。

充電式でどこでもトレーニングができるので、忙しい人におすすめな「ながら」トレーニングに最適です!

ショップジャパン「ゆらこ」

色々な使い方ができるダイエットクッションです。寝ながらゆらゆらするだけで気になるお腹を刺激できるため、運動が苦手な方でも気軽に取り入れることができます。

ゆらこは姿勢が悪い方向けのアイテムなので、本来使われるはずの筋肉をほぐすことに特化しています。筋肉がほぐれることによって血流の流れが良くなり、ダイエット効果が期待できるのです!

ダイエット以外にも、姿勢のサポートアイテムとして使用できるので根本的に体の改善をしたい方におすすめです。

ショップジャパン「健康ステッパー ナイスデイ」

 

ランニングマシーンよりもコンパクトで足への負担も少ないダイエットアイテムです。足踏みをしているだけで下半身を鍛えられるので、足のお肉が気になっている方におすすめです。

負担は少ないですが、ウォーキングよりもカロリー消費が高いと言われているのでおうちの中でも本格的な運動ができます。消費カロリーが表示されるため、モチベーションも保てます。

音楽を聴いたりテレビを見たりしながら取り組めるので、飽きることもなく長期的に続けられそうです。

ショップジャパン「レッグマジックX」

こちらは1セット60秒で美脚が手に入る優れものです。足が綺麗になるのはもちろん、ウエスト周りの引き締め効果やヒップアップ効果も期待できます。普段使わない筋肉を使って徐々に鍛えていくので、スラッとした足が手に入るのです。

大きめに見えますが、折りたたむことができるので収納にも困りません。付属のDVDでは、使い方が丁寧に説明されているので安心して使用できます。

アルインコ「エアロマグネティックミニバイク AFB2119K」

引用元:アルインコ

ペダル部分のみで構成されているミニバイクです。バイクと聞くと大きいものを想像しがちですが、こちらの商品はサイズが小さいため、置く場所にも困りません。

おうちにあるイスの足元に置くだけで、手軽にサイクル運動ができます。二の腕のシェイプアップもできるので、足回りと腕周りが気になる方におすすめ!

消費カロリーや漕いだ回数などが表示されるメーター付きで、運動量がすぐに分かるのも魅力です。

おわりに

ダイエットアイテムは高いものが多く、失敗もしやすいので慎重に選ぶ必要があります。引き締めたい部分や気になる部分をしっかりと押さえるのがポイントです。

また、小さめのダイエットアイテムは寝ながら使えるものも多いので運動が苦手な方でも取り入れやすいです。ぜひ、今回ご紹介したアイテムを参考にしてみてください!

早紀の他の記事を読む