食べて飲んでライブ鑑賞にショッピングまで! 冬だけど気分はハワイな『アロハフェスコン』開催!

 今年の冬は特に寒いですね。こんなに寒いと、南国に避難したくなりますが、時間やお財布のことを考えると、現実に南国に行くのは難しい人も多そうです。そんな方にはうれしい、ハワイに行った気分になれるイベント『アロハヨコハマ2014~メレ カリキマカ~』が12月19日(金)から12月21日(日)まで、横浜大さん橋で行われました。ハワイアン料理やアロハグッズが販売、南国ムードたっぷりの音楽ライブやフラダンスショーという、気軽にハワイ気分を満喫できるイベントです。そして、このイベントを舞台にした街コン『アロハフェスコン』が行われるとのこと。ハワイ気分の街コンとは、一体どのような街コンになるのでしょうか。取材してきました。


※「メレ カリキマカ」とはハワイ語で「メリークリスマス」という意味。入り口の大きなクリスマスツリーがクリスマス気分を盛り上げます!

 通常の着席型の街コンとは違い、まずはスタッフの方に誘導され、円になって自己紹介。自己紹介の際、気になった人は配布された用紙に記入し、自己紹介後はスタッフに提出します。この記入用紙を参考に、ペアリングをするのです。


まだ少し、緊張気味?

 ではさっそく、ペアリングした方とアロハフェスコンツアー、スタート! 広い会場、みなさんどこに行くのでしょうか? お昼時だったので、みなさん腹ごしらえ。フードコーナーには、ロコモコやハンバーガー、チキンなど、ハワイアン料理がたくさん!

 おいしい料理を満喫しているうちに、みなさん緊張がとけてきたようです。ここで、今回、なぜこのアロハフェスコンに参加されたのか、インタビューしてみました。

「ハワイが大好きなので参加しました」(女性・20代)

「街コンに行きたいなと思って調べて応募しようとしたら、たまたまアロハフェスコンがあったので」(男性・20代)

「今年の夏に開催されたアロハフェスに行って、すごく楽しかったのでまた行きたいなと思っていました。そしたら、街コンもやっているということで参加しました」(女性・20代)

「普段、忙しく過ごしているので、ハワイのようにゆったりした時間を感じながら、出会いが欲しかったからです」(男性・20代)

「何かのイベントに行きたかったからです」(男性・20代)

「出会いがほしくて来ました。自分は恋愛から逃げていると感じているので、こういう場だったら、強制的に女性と話せると思ったからです」(男性・20代)

 イベントとなると、着席式の街コンよりも応募しやすいのかもしれませんね。さて、45分間、最初のペアの人と楽しく過ごしたら、シャッフルタイム。新たにペアリングした人とツアーに出かけます。2回目のペアでは、スイーツを食べに行く人たちが多かったようです。ハワイの代表的なスイーツと言えば、アサイー。だいぶ食べてしまっていますが、写真を撮らせていただきました。きっと、すごくおいしかったのでしょうね!

 そして、最後のシャッフルタイム。この時間帯にライブが行われるとのことで、ステージに向かってみると、南国系バンドが演奏中。ノリの良い音楽は、出会いのドキドキ感をさらに高めてくれそうです。

 楽しい時間はあっという間。終了時間が近付き、連絡先を交換する人たちの姿が見受けられます。

 さて、最後に今回のアロハフェスコンの感想を参加者に聞いてみました。

「ハワイには行ったことがありませんが、雰囲気を知れて良かったです」(男性・30代)

「たくさんの人と連絡先を交換できて良かったです」(女性・20代)

「街コンは初めての参加だったのですが、初めてでもなじみやすい感じで安心しました」(男性・20代)

「ツアーという形は、ちょっと目立って恥ずかしかったです」(女性・20代)

 イベント型の街コンだと、出会いだけでなく、新しい世界を知ることができるのもメリットですね。今回のアロハフェスコンに参加したハワイ好きな方も、ハワイについてよく知らないという方も、これをきっかけにもっと共通点や親しみポイントを見つけて、次のステージへ進んでいけることを願っています。

 

(取材・撮影・文/姫野ケイ)