ホワイトデーのお返しに悩まない喜ばれるギフト6種

ホワイトデーのお返しは、誰に何を贈るか決めていますか? 相手の好みを考えると、お返しは意外と難しいもの。忙しいからと適当に選んでしまっては、女性にがっかりされてしまうかも。

そこで今回は、ホワイトデーのお返しの相場と、女性が思わず笑顔になるギフトを紹介します。

ホワイトデーのお返しギフトの相場とは

バレンタインデーでもらったものによる

【体験談】ホワイトデーの残念な思い出

お返しする女性との関係にもよりますが、バレンタインデーでもらったギフトの価格も考慮しましょう。お返しが安すぎると女性はがっかりして、高すぎても気を遣わせてしまいます。

贈られたギフトの価格を調べることは野暮だと思いますよね。しかし、女性に不満を抱かせないためにも、バレンタイデーの際にチェックしておくといいかもしれません。

本命女子・彼女へのお返し

これから付き合いたい本命女性には、5,000円前後のお返しがおすすめです。1万円以上となると、少々女性に気を遣わせてしまいます。5,000円以内であれば、スイーツから雑貨類まで、ギフトを選ぶ幅も広がります。

すでにお付き合いしている彼女であれば、8,000円~1万円ほどのギフトを選んでもいいかもしれません。形あるものを贈るのではなく、ホワイトデーデートなど、思い出に残るギフトもおすすめです。

女友達・同僚へのお返し

女友達や同僚へのお返しは、ひとり500円~1,000円ほどのギフトでよいでしょう。高価なギフトを選ぶと、来年のバレンタインデーのハードルが上がったり、好意だと勘違いされたりするかもしれません。

ただ、義理とはいえスーパーで売っているお菓子はお返しギフトとして好ましくありません。義理のギフトは、リーズナブルでありながらも、女性が喜ぶおしゃれなものを選んでみてください。

ホワイトデーのお返しギフトおすすめ6選

アクセサリー

本命女性、彼女へのお返しにはアクセサリーがぴったりです。誕生日のような記念日ではないため、高価なハイブランドジュエリーではなくてOK。

オンオフ問わず使用しやすいデザインや、普段使いできるシンプルなネックレスやピアスが喜ばれるでしょう。

SNS映えスイーツ

女性に贈るギフトは、ただおいしい、ただかわいいだけのものではなく、センスが光るものを選んでみてください。特に喜ばれるものは、SNS映えするおいしいスイーツです。

見た目がキュートなマカロン、カップケーキ、デザイン性を重視したチョコレートが定番。本命女性を狙うなら、高級ホテルや有名ブランドのスイーツもおすすめです。

お花

スイーツが苦手な女性、ダイエットをしている女性へのギフトは、お花を贈りましょう。花束だと持ち帰りにくく、邪魔になる可能性があるので、ボックスフラワーやコンパクトなプリザーブドフラワーがベスト。

インテリアにマッチしやすい派手すぎないカラーや、女性をイメージしたカラーの花を選ぶと、あなたのセンスも評価してくれるはずです。

おつまみ・スナック

お酒が大好きな女性や、甘いものを食べない女性には、おつまみ系のギフトがぴったり。おつまみというとおじさんのイメージがあるかもしれませんが、実は高級でハイセンスなおつまみも多数販売されています。

チーズやプレッツェルは見た目もおしゃれで、ほどよい塩味がありチューハイやビール好き女子にはたまりません。また、自分では買わないような、珍味のセットも喜ばれますよ。

ドリンク

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

株式会社ルピシア(@lupicia_japan)がシェアした投稿

女友達や同僚へのお返しは、ギフト用のおしゃれな包装がされているドリンクがおすすめです。ハーブティーやコーヒーのギフトは、コンパクトで持ち歩きがしやすいため、会社に持っていきやすく配りやすいメリットがあります。

おしゃれ度を重視したいときは、お湯を注ぐと花が開く工芸茶もよいでしょう。味はもちろん、開いた花がかわいらしくSNS映えも狙えます。

オンラインでギフトを贈ろう

最近では、オンライン上で商品を選び相手に贈ることもギフトの定番となりつつあります。遠方にいる恋人や家族にホワイトデーのお返しをするときは、オンラインギフトサービスを利用しましょう。

ギフトを贈りたい相手、価格帯、商品のジャンルから商品を選べるため、ギフト選びで迷うことはなさそう。webサイトを眺めるだけでも、きっと楽しいはずです。

おわりに

ホワイトデーのお返しに限らず、ギフトは何を贈りたいかではなく、何が喜ばれるか。本命でも義理でも、相手の女性が喜ぶギフトを選びましょう。

お返しは値段を重視しがちですが、ここがセンスの見せどころ。ぜひホワイトデーのギフトを、熟考してみてください。

ayumiの他の記事を読む